ブランディングにはコンテンツマーケティングが最適!理由と実践方法

SEO

  • 投稿日
  • 編集日
ブランディング_アイキャッチ
grooo編集部

この記事の目次

市場の過渡により、他社商品との差別化が難しい現代ですが、価格競争に陥らずに自社商品を選んでもらうためには「ブランディング」が有効です。

しかし、実際にブランディングをしていこうと思っても、どんなことをしたらいいのかわからない人も多いのではないでしょうか。

企業がブランディングを実践していくには、今の時代にマッチした「コンテンツマーケティング」がおすすめです。

本記事ではブランディングの基礎知識をまじえ、コンテンツマーケティング領域において多数の実績がある株式会社groooがブランディングの効果や実践方法を解説します。

企業におけるブランディングとは

ブランディングとはブランドを確立するための施策であることを、なんとなく理解している人は多いはずです。

しかし、これから本格的にブランディングを実践していくために、まずはブランディングとはどのような内容を指すのか正しく理解しましょう。

「ブランド」と「ブランディング」とは

ブランディングについて解説する前に、まずは「ブランド」の意味について理解しておく必要があります。

「ブランド」について、特許庁が第1回商標制度小委員会にて配布した資料に記載されています。

※従来、「ブランド」は、商標自体を表す用語として使われることもあったが、現在では、より広く、商品・サービス、さらには企業そのもののイメージの総体を意味するようになっている。

※出典:特許庁:ブランド戦略から見た商標制度の検討課題について

つまり「ブランド」とは商品・サービスや企業のイメージを指す言葉。そしてブランドを形成して消費者に認識してもらい、自社製品のポジションを確立することを「ブランディング」と言うのです。

ブランドと聞くと、シャネルやグッチなどの高級ブランド品をイメージするかもしれません。しかし高級ブランドだけでなく、私たちの生活で触れているものにはブランドがあふれています。

わかりやすい事例で言うと「おもちゃを買うならトイザらス」「レシピを調べるときはクックパッド」とイメージする人が多いように、このように「○○と言ったら、この会社(商品)」というイメージがブランディングなのです。

製品ブランディングと企業ブランディング

企業が行うブランディングには、主に「自社製品(商品・サービス)ブランディング」と「企業ブランディング」の2種類に大別されます。

商品やサービスなどの自社製品のブランディングは、プロダクトブランディングとも呼ばれます。

消費者は単に良い商品だからという理由だけでは購入しません。その商品・サービスのメリットや機能、さらには社会的な評価など、さまざまな魅力を総合的に判断して購入に至ります。

このように製品を手に取ってもらうためのブランディングを、製品ブランディングと言います。

一方の企業ブランディング(コーポレートブランディング)とは、自社の社会的なイメージを確立する施策です。

今まで自社が生み出してきた製品だけでなく、自社の伝統や社風、ミッションや事業内容など複数の要素から企業ブランドを構成します。

企業ブランディングは消費者に対してだけでなく、株主や取引先、さらには自社で働く従業員に対して行われることもあります。

ブランディングによる5つのメリット・効果

ブランディングによる5つのメリット

ブランディングを行うとさまざまな効果を得られます。ここでは、ブランディングを実践することで得られるメリットや効果を5つ紹介します。

競合他社との差別化

自社や製品のブランドが確立できれば、競合他社との差別化につながります。

過渡期を迎えている市場では似通った製品が多く開発されており、機能面での差別化が難しい現状です。そのため価格競争に陥りやすく、消費者が安さを求める傾向が高くなってしまいます。

しかし、ブランディングにより消費者が価格以外の付加価値に魅力を感じてくれれば、他社と差別化ができて価格競争に巻き込まれることもなくなるのです。

さらに「この市場ではA社が強いから、参入しても効果がなさそうだ」というイメージもつき、新規参入を阻止できる効果もあります。

顧客エンゲージメントの向上

消費者にとって「○○と言えば、これ」というイメージが定着すれば、商品・サービスに対する愛着も高まり顧客エンゲージメントが向上する効果も期待できます。

ファンが増えれば増えるほどリピーターが増える可能性が向上し、安定した売上を確保できるようになるでしょう。

またエンゲージメントが高い顧客は信頼しているブランドの製品を進んで購入する傾向があるため、新商品・新サービスをリリースした際にも一定の売上が見込めます。

コスト削減

ブランディングができていれば、多大な宣伝費や広告費をかけなくても製品が売れるしくみが構築できます。

ファンが増えるほど宣伝費をかけなくても自然に売れるようになるため、結果的に販促コストを削減できるのです。

もちろんブランドが確立するまではコストも労力もかかるので、できるだけ短期間でブランディングするためには効率よく施策を行う必要があります。効率よくブランディングしていくためのノウハウは下記にて詳しく紹介します。

商標権などの法的保護

ブランディングで欠かせないのが商標権です。

商標権とは、特定の商品・サービスと結びつくネーミングやロゴなどのことで、商標権の範囲内では第三者による登録商標の利用は禁じられています。

出典:特許庁:ブランド戦略から見た商標制度の検討課題について

つまり、商標権を保有している企業に独占権が与えられるため、競合他社が類似の商品・サービスを販売することを抑止する効果があるのです。

特許庁では商標=マークと定義し、マークはブランドイメージを効果的に伝達するものとして法律で保護すべきとしています。

優秀な人材確保

ブランディングは、優秀な人材の確保にも効果を発揮します。

「この会社で働きたい」「この商品に携わりたい」とプラスのイメージをもたれるため、採用活動で有利になり優秀な人材が集まりやすくなるのです。

また、社会的な評価が高い企業で働いていることは従業員の誇りになり、モチベーションが高まって離職率を低下させる効果もあります。

モチベーションの維持はパフォーマンスの向上にもつながるため、企業の生産性が高まって業績が上向きになるという良い循環をもたらすでしょう。

ブランディングのためのWEB施策5選

ブランディングのためのWEB施策5選

ブランディング施策にはさまざまな方法がありますが、特にWEB上で実行できる施策をおすすめします。

なぜなら、インターネットやスマートフォンが普及している現代では消費者の情報収集はオンライン化しており、WEB施策の効果が高まっているからです。

それでは、ブランディングで活用できるWEB施策を5種類紹介します。

商品サイト・サービスサイトの構築

1つめが、自社の商品やサービスなどの製品について紹介するWEBサイトを構築する方法です。

自社製品の機能や特徴だけでなく、使用するメリットや効果についても記載してブランド力を訴求しましょう。また、すでに導入しているお客さまの事例を紹介するのも訴求力が高まります。

製品サイトを作成するのであれば、サイトを訪れた消費者がすぐにサイト上からアクションを起こせるよう、お問い合わせフォームや申し込みフォームの設置も忘れないようにしましょう。

SNSアカウント運用

企業のWEB施策では、SNSが有効になってきています。

ICT総研の調査によると、日本におけるSNS利用者数は年々増加傾向であり、2019年には78.2%という結果になりました。2022年末には83.3%に達する見込みで、今後さらにニーズが高まることが予想されます。

そのためブランドの公式SNSアカウントを設置し、有益な情報を発信することは多くのユーザーにアプローチできる可能性を秘めています。

SNSは親近感が湧くため、SNSで消費者と接点を持てばエンゲージメントを高める効果も期待できるでしょう。

メルマガ配信

企業からの情報発信の視点では、メルマガの配信も効果的です。

一般消費者のメール離れが懸念されていますが、ビジネスではいまだにメールは重要なコミュニケーションツールなので、BtoBにおける施策で特に有効だと考えられます。

メルマガに登録する価値を見出だしてもらうために、メルマガのみで適用されるキャンペーンやクーポンの配信などがおすすめです。

動画配信

動画配信も効果が高いWEB施策です。

商品・サービスによってはテキストや画像だけでは魅力が伝わりにくいこともあるでしょう。そのような場合、デモンストレーションに動画配信すると訴求性が高まります。

またウェビナー(WEBセミナー)で有益な情報を発信することも、ブランディングに効果を発揮します。

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングもブランディングにつながるWEB施策のひとつです。

コンテンツマーケティングとは、ユーザーにとって有益な情報をコンテンツとして発信し、ユーザーとの関係を構築するマーケティング手法です。

コンテンツマーケティングで使われるコンテンツはテキストメインの記事であることが多く、自社が運営するWEBサイト(オウンドメディア)に記事を投稿していきます。

記事は検索エンジンで上位表示されるほど集客につながるので、上位表示されるためにはユーザーの検索意図を考慮した記事を執筆するライティングテクニックやリソースが必要となります。

そして、記事は資産として蓄積されていくため、メディアに成長に伴って「このメディアを運営している会社なら安心だ」「こんな記事を書いてくれるこの会社が好きだ」とブランド力が高まるのです。

ブランディングにコンテンツマーケティングをおすすめする理由

コンテンツマーケティングをおすすめする理由

コンテンツマーケティングではオウンドメディアを立ち上げて自社で運営するので、大変そうなイメージが強いかもしれません。

しかし、オウンドメディアが軌道に乗れば多くの反響を得られ、予想以上の効果につながる可能性を秘めています。さらに、広告費用もかからずコストを抑えて運用することが可能です。

そのため、コンテンツマーケティングはブランディングにも効果的と言えます。

以下では、ブランディングにコンテンツマーケティングをおすすめする具体的な理由を3つ解説します。

広くリーチできる

コンテンツマーケティングを活用すると、多くのユーザー層にリーチすることが可能です。

たとえば製品サイトにたどり着いたユーザーは製品名で検索した可能性が高く「すでに製品を認知していて興味がある」フェーズだと理解できます。

しかし、オウンドメディアでさまざまな情報を発信できれば、製品名以外のキーワードで検索したユーザーも集客できるようになるのです。潜在顧客にリーチでき、新しくリード獲得の機会が増えるでしょう。

顧客と継続してコミュニケーションを取れる

コンテンツマーケティングでは、必ずしも自社製品について紹介する必要はありません。

ユーザーにとって有益な情報であることが最優先です。もちろんビジネスなので自社製品と絡めて訴求する必要はありますが、あくまでもユーザーに価値のある情報を届けることを目的とします。

そのためユーザーは「このメディアなら信頼できる」「ここの記事を読み続けたい」と思ってくれるようになり、リピート訪問をしてもらえる可能性が向上します。

有益な情報を発信し続けてユーザーと関係を構築していけば、最終的にはブランディングにつながるしくみを築けるでしょう。

拡散される可能性も

WEBコンテンツは拡散性が高いことも特徴です。つまりユーザーが「この記事を紹介したい」と思って自身のブログやSNSで紹介してくれれば、そこから拡散されてさらに幅広くリーチできる可能性があるのです。

ただし、拡散性が高いため間違った情報を発信してしまうと炎上のリスクもあります。

炎上してしまい企業の信頼を損ねてしまうと、せっかくのブランディング施策なのに逆効果になってしまうため、慎重に運用すべきと言えます。

ブランディングのためのオウンドメディア構築4ステップ

オウンドメディア構築4ステップ_

コンテンツマーケティングをブランディングに活用するには、記事コンテンツを蓄積していく自社サイト「オウンドメディア」の存在が欠かせません。

オウンドメディアを構築するプロセスを4ステップに分解して解説します。

ブランドコンセプトの設計

ブランディングを始める際には、ブランドコンセプトを明確にすることがポイントです。

ブランドコンセプトがあやふやだと、オウンドメディアの軸がぶれてしまってアプローチしたいターゲット層に届きません。

また、ブランディングには複数のメンバーが関わることも多いため、共通のブランドコンセプトをイメージできていれば認識のズレによるトラブルも防げます。

メディア運用体制の整備

オウンドメディアを運用するにあたって、記事の執筆や投稿、さらには取材や写真撮影などのリソースが必要となります。

執筆した記事の内容をチェックする担当者も必要なので、複数のメンバーが携わります。

編集長・編集担当者・ライター・取材担当者・記事投稿者などの担当を決め、メディアを運用していく体制を整えましょう。

社内リソースの確保が難しい場合は、外注を検討するのもおすすめです。社内に執筆や取材の経験者がいない場合、社外のライティングや取材のプロに依頼することでクオリティが高い成果物が期待できます。

オウンドメディア構築

オウンドメディアの方向性や運用体制が定まったら、実際にオウンドメディアを構築します。

  • 社内エンジニアが制作する
  • 社外のWEB制作会社に依頼する
  • クラウドソーシングサービスでWEBサイト構築ができる人材を見つける

などの方法があります。社内にリソースがない場合は社外のプロを活用しましょう。

デザインについて、自社が運営するメディアのため、自社のブランドイメージと統一したデザインにこだわりましょう。ブランド色との統一感がないと、ブランディングの効果が弱まってしまいます。

また初心者でもコンテンツを投稿しやすいよう、Wordpress(ワードプレス)を使って構築するのがおすすめであり、数々の企業がWordPressを用いてオウンドメディアを構築しています。

プログラミングの知識がなくてもブログ投稿の感覚で記事を作成できます。

KPI設定・PDCAサイクルの構築

オウンドメディアの運用について、成果につながっているかどうかを分析・検証してブラッシュアップしていくことも必要です。そのために指標となるKPIを設定しましょう。

オウンドメディアのKPIでは以下の項目が定められることが多い一方、自社の方針に応じて柔軟に決める必要があります。

  • 検索エンジンでの検索順位
  • PV数、訪問者数
  • コンバージョン数(率)
  • 離脱率、直帰率
  • 月間投稿記事数

またKPIに達成したかどうかを検証するだけでなく、改善策を講じて実行していくためのPDCAサイクルも重要です。PDCAサイクルのスパンや担当者なども事前に決めておくと良いでしょう。

ブランディングのためのコンテンツ制作7ステップ

オウンドメディアが構築できたら、ブランディングにつながるコンテンツを制作していきます。コンテンツ制作の7ステップを見ていきましょう。

自社分析・顧客分析

自社の強み・弱みや、自社を取り巻く市場・競合他社、さらに現在どんな顧客がどのくらいいるのかを把握することは、ブランドを確立していくために必須です。

自社について客観的に分析し、自社が置かれている状況や顧客層を理解しましょう。

自社分析には「3C分析」「PEST分析」「SWOT分析」などがおすすめです。また、顧客分析には顧客へのインタビューや営業担当者へのヒアリングが有効となります。

関連記事:【実践】SWOT分析で自社の強み・弱みを知る!やり方や活用方法を伝授

ペルソナの設計

次に、自社の典型的なユーザー像である「ペルソナ」の設計をします。誰に向けた記事コンテンツなのかが曖昧だと、記事の方向性が定まらず効果がなくなってしまうからです。

ペルソナはコンテンツ制作だけでなく、新商品・新サービス開発や経営方針決定の際にも活用できます。

キーワード選定

実際にペルソナが検索すると思われるキーワードを選定しましょう。ここで選定したキーワードを基に記事を書いていくため、キーワード選定は重要なフェーズです。

自社商材と親和性のあるキーワードを選ぶとスムーズに話を展開できます。

またキーワード選定の際には、Googleキーワードプランナーなどで検索ボリュームを調べることも忘れずに。検索ボリュームが大きいキーワードで上位表示されると多くの集客が見込めますが、競合コンテンツが強すぎてなかなか上位表示されない懸念もあります。

自社が狙いやすい検索ボリュームを見極めてキーワードを決めましょう。

ニーズ分析・競合分析

キーワードが決まったら、関連する他のキーワードや共起語なども調査し、ユーザーがどのようなニーズで検索しているのかを分析します。検索ニーズに合っているほどユーザーにとって有益な記事になります。

ニーズを分析する際には競合コンテンツの分析も行いましょう。キーワードで実際に検索したときに上位表示されるメディアの内容から、ユーザーニーズを探ります。

タイトル・構成作成

ニーズが把握できれば方向性が見えてくるので、記事のタイトルや構成を考えます。

タイトルは検索結果ページで真っ先にユーザーが目にするものなので、読みたくなるようなタイトルをつけましょう。タイトルには必ずキーワードを含め、本文とミスマッチが起きないようなタイトルにすべきです。

構成は大見出しと小見出しを使い、スムーズに記事の内容を展開するよう意識してください。

構成は記事の骨組みとなるものなので、構成を基にして記事を書いていきます。ユーザーのニーズを考慮し、求めている情報を網羅できる構成を心がけましょう。

関連記事:読まれる記事はタイトルが重要!効果的な付け方のコツを伝授

記事執筆

次はついに執筆の段階に入ります。骨組みとなる構成を土台にして、肉付けをしていく作業です。

キーワードだけでなく関連するキーワードや共起語をうまく使うことで、ユーザーが求めている情報を充実させたコンテンツができあがります。

記事を書いていると「何文字くらい書くのが妥当なのだろう?」と不安に思うかもしれません。

実際には、記事の文字数に明確な規定はありません。なぜなら記事のテーマやユーザーニーズによって記事の情報量も変わるため、文字数も変動するからです。

極端な例ですが、たとえば文字数が400文字でも必要な情報が網羅されていれば充分だと捉えられます。

関連記事:記事コンテンツにおけるSEOと文字数の関連性は?ブログは長文が最適?

校正・校閲

執筆が終わったらすぐに公開してはいけません。校正と校閲をして記事の内容をチェックし、誤った情報がないと判断してから公開しましょう。

ちなみに、校正とは誤字・脱字や表記の不統一などを修正する作業です。文章に間違いがないかチェックし、読みやすいように整えることを言います。

WEBコンテンツは印刷物と違って、間違いをすぐに修正できるという特徴があります。しかし漢字を誤変換したまま情報を発信してしまい、大きな話題を呼んだ企業事例もあるように、ちょっとしたミスが思わぬ事態に発展する可能性もあるため、事前にチェックする必要があるのです。

一方の校閲とは、記事に書かれている内容に間違いがないかチェックする作業です。たとえばレシピの記事で食材や分量に間違いがあれば、まったく違う料理ができあがってしまいます。

また体重10キロまで使えるベビーカーの記事で、間違って「100キロまで使える」と記載してしまうと、大きな事故を引き起こすリスクも。校閲で根拠となるデータを確認したうえで、正確な情報を発信しなければいけないのです。

このように、校正・校閲を怠ってしまうとブランドイメージを失墜させかねません。なるべく執筆者以外の第三者が客観的に校正・校閲をしてください。

関連記事:校正と校閲の違いとは|読まれるWEBコンテンツを生む編集ポイント

よりブランディング力を高める3つのコンテンツ制作ポイント

コンテンツ制作ポイント

コンテンツマーケティングでは、ブランディングの効果を高めるポイントが3つあります。それぞれ詳しく解説します。

自社商品・サービスについて深く理解する

自社の商品・サービスについての深い理解は、コンテンツ制作の大前提です。

商品・サービスのブランドイメージを訴求するコンテンツを作るためには、自社製品を充分に理解していなければ魅力的な文章が書けないからです。

機能性やメリットだけでなく、使用するうえでの懸念点や他社製品との差別化できる点などについても理解しておきましょう。

製品についての知識を深めるため、実際に利用したり工場見学をしたりすることも有効です。

検索意図(インテント)にマッチした情報を提供する

検索意図(インテント)を分析し、ユーザーが求めている情報を提供するようにしましょう。

キーワードだけ盛り込んでも、ユーザーのニーズにマッチした内容でなければ誰の心にも響かずにブランディング効果がなくなってしまうからです。

検索意図は、関連するキーワードや上位コンテンツを分析すると傾向が見えてきます。ユーザーがどんな課題を抱えていてどのような状況で検索したのかを想定し、ニーズにマッチした情報を盛り込むようにしましょう。

E-A-Tを満たす高品質なコンテンツを制作する

検索エンジンのGoogleでは、記事を評価する基準として「E-A-T」という3つの軸を設けています。

「E(Expertise):専門性」「A(Authoritativeness):権威性」「T(TrustWorthiness):信頼性」の3つで、権威性のある執筆者による専門性が高く信頼できる内容の記事を高く評価するしくみです。

E-A-Tを満たしたコンテンツはユーザーにとって有益である傾向が高いことから、この3つが重視されるようになりました。Googleに高評価されれば、検索結果で上位表示される可能性も高まります。

そのため、コンテンツを制作する際にはE-A-Tを満たすことを意識すると良いでしょう。

関連記事:サイト運営や記事制作で大切なE-A-Tとは?対策方法とコツを徹底解説

ブランディングのためのコンテンツマーケティングはgroooまで

ブランディングのためのコンテンツマーケティングは、ユーザーにとっての有益性を意識してコンテンツを制作することがポイントです。

もちろん自社製品をまじえた訴求は大切ですが、それだけだと営業色が強くなりブランディングには逆効果になりかねません。

「ユーザーへの有益性」と「自社ブランドの訴求」のバランスを考慮したコンテンツ制作を意識しましょう。

記事制作をサポートしている弊社・株式会社groooではブランディングにつながるコンテンツ制作を得意としています。ユーザーにとって価値のある情報を、読み応えのある文章で届けます。

所属しているライター陣はさまざまなフィールドで活躍しているプロライターなので、どのような業種やテーマにも対応可能です。

また、コンテンツ制作代行だけでなく、オウンドメディアの運用支援も行っています。一からオウンドメディアを立ち上げ、質の高いコンテンツを発信し、PDCAサイクルを回してオウンドメディアをブラッシュアップしていくサポートをさせていただきます。

  • ブランディングを始めたい人
  • オウンドメディアを立ち上げたい人
  • 質の高いコンテンツを制作したい人

このような担当者さまは、ぜひお気軽にgroooまでご相談ください。

お問い合わせフォーム

記事検索

カテゴリー

Contact お問い合せ

弊社にご関心をお持ちいただきまして、誠にありがとうございます。案件のご相談や料金のお見積もりなど、お気軽にお問い合せください。
担当者よりご連絡させていただきます。

お電話でのお問い合せも承っております。

03-6823-1334

営業時間:10時〜18時(土日祝休み)

Download お役立ち資料ダウンロード

コンテンツマーケティングの実務に使える「お役立ち資料」を、無料でダウンロードいただけます。
ぜひご活用ください。

TOP

CONTACT