SHARE

2018/09/26

【セミナー講師登壇】JA全農(全国農業協同組合連合会)様主催「JAタウン」ライティング・写真撮影セミナー

JAグループのなかで農畜産物の販売や生産資材の供給など経済事業を行っている
全国農業協同組合連合会(以下、JA全農)

9月21日(木)、大手町KDDIビルにあるTKP東京駅大手町カンファレンスセンターで
行なわれたJA全農様主催のセミナーに、弊社の取締役 中原と川窪が講師として登壇しました。

*セミナーに関するお問い合わせはgrooo HPへ  https://www.grooo.co.jp/contact

JA全農ECサイト「JAタウン」全国ショップ担当60名様がご参加

JA全農が運営する全国の農畜産物・名産品産地直送通販ショピングモール「JAタウン」で
運営されている
98ショップのうち、全国から約60名の担当者様がご参加されました。
 【JAタウン】
http://www.ja-town.com/

ECサイト【JAタウン】で「お客様がクリックしたくなる」をテーマに、
前半の写真撮影を川窪が、後半のライティングを中原が講義しました。

お客様が「クリックしたくなる」画像選び・写真撮影方法とは 講師:川窪

前半の1時間半はECサイトに掲載する写真撮影について、川窪が講義。
講座の内容は

1.ショップの中からベストショットと惜しいショットを発表
2.Webメディアで必要とされる写真とは?
3.おいしさを感じる五感について
4.ユーザーがクリックしたくなる写真の3つのポイント
5.おいしそうに見える写真の撮り方3つのポイント
6.ワークショップ実演

ざっくりと講座の流れを説明すると、

最初に全98ショップの中から、ベストショット写真と惜しいあと一歩写真を発表。
そして画像選択や写真撮影をする上で必要な、Webメディアでの視覚の重要性を
クイズ形式でみなさんに参加していただき、科学的心理学的な根拠を踏まえて講義しました。

食材での「視覚」に訴えかけるポイントを理解した後に、
クリックに誘導させるポイントを3つ説明。

その後、先に発表したベストショットの良いポイントを一枚ずつ確認・解説しました。

どうしたら美味しそうに見える写真が撮れるのか、撮影するときのポイントを3つ説明。
同じ食材で〇パターンと✖パターンを実際に見ながら違いを確認しました。

最後は学んだ撮影するときの3つのポイントを踏まえて実践。
川窪が各テーブルを回り、ひとひとり撮影した写真を見てアドバイスしました。

 

お客様が「クリックしたくなる」商品紹介文の書き方 講師:中原

後半1時間は、各ショップでの商品説明の文章の書き方について、中原が登壇。
講座の内容は

1.商品紹介について実際に書いてみる
2.店頭販売とWeb販売の違いを知る
3.顕在ニーズと潜在ニーズとは
4.<まとめ>文章に組み込むべきポイント
5.グループシェア

ざっくりと講座の流れを説明すると、

3つの食材のうち一つを選んで、その食材の魅力を「誰にでも」十分に伝わり
興味を持ってもらえるよう、いつものように書いていただきました。
そしてグループ内でシェアし、他の方からその文章についての感想を述べてもらいました。

その後、講師から文章を書く上での重要なポイントを説明。

次に、店頭販売とWeb販売の違いや購入者からみたそれぞれのセールスの違いについて。
どんな状況のターゲットにセールスをするのか戦略を練る重要性や、
Web上で商品を紹介する際に把握しておきたい状況のフェーズを解説しました。

同じ食材で3パターンの条件から、適切な紹介をグループでシェア。
同じ「食べたい」でも求める食材の種類と必要な情報が異なることを学んでいただきました。

最後に文章に組み込むべきポイント5つをレクチャー。
その後、講義を受けた上で、最初に演習した食材の魅力を再度ライティングしてもらい、
どのように書き方が変わったかを実感していただきました。

 

groooセミナー・講座の特長

弊社セミナー講師の特長は
◆ 単なる書き方や撮影の方法ではなく、
「企業様の課題にフォーカス」した
その企業限定のプログラムを作成し、
Webマーケティング知見を取り入れたライティングや撮影方法を教えること。

◆  一方的な机上での講義ではなく、
グループシェアや実技、その場で講師による講評・指導もあること。

ご参加いただいた方々が理解するだけではなく、納得し習得していただくことを
重視しています。

セミナー講師としてお招きいただき、真剣にご聴講いただき、
そして皆さまがご満足いただけると本当に講師冥利に尽きます。

これからも皆さまのために、少しでもお役に立てたら光栄です。

企業でのWebライティングや写真撮影セミナーについてのご質問やご要望などは、
下記からお気軽にお問い合わせください。

【セミナーに関するお問い合わせ】
grooo HP:https://www.grooo.co.jp/contact
E-mail: cm@grooo.co.jp
TEL: 03-5791-2525
担当講師:中原(ライティング)・坂口(取材)・川窪(写真撮影)

===========================================

個人向けスクールも開催中です

◆groooライタースクールの詳細はこちら (講師 中原)

撮影講座の詳細はこちら (講師 川窪)
9/26(水)19-21時  2500円
10/24(水)19-21時 2500円

 

【講師紹介】


◆株式会社grooo 取締役 中原祐樹

1977年、東京都出身。新聞社記者、雑誌出版社編集者を経て、フリーランスに。その後、大手電機メーカー、通信会社に設置された編集部でのWeb編集を経て、現職に至る。
株式会社groooでは、クライアントのWebメディアの運営から、記事制作までを請け負うコンテンツマーケティングを率いる。加えて、各企業様へのライティング講座、ライアー向けの講座「Webライターセミナー」の講師を務める。

◆株式会社grooo 坂口あや
毎日新聞・講談社・角川文庫・幻冬舎ほか、数多くの企画制作に携わった経験を持ち、グルメサイト「ヒトサラ」のメディア作りにも参画。

◆株式会社grooo 川窪葉子
外国語学部フランス語学科卒業後、旧財閥系総合商社大倉商事入社。1998年倒産を経験。その後は三菱商事や米国カーギル・ジャパン、仏国ペルノリカール・ジャパン、総合出版社世界文化社、東京新聞などに勤務。マーケティング会社専属夜景写真家を経て、現在はIT企業 ㈱groooに所属し、企業撮影やカルチャースクールや団体向けセミナーの写真講師などで活動中。

「Night Blue World」「Urban Night Ocean」をテーマとした夜景を中心に、光と影が織り成す「しっとりとした艶やかさ」をコンセプトとした大人の女性らしさを意識した写真を撮り続ける。また「身軽に、気楽に、スマートに」がモットー。女性ひとり夜でも安心して行ける場所で、一眼レフやミラーレスでも簡単に初心者でも美しく写すことを心掛けている。通勤バッグにカメラひとつ入れて、身近に、生活の一部に楽しむフォトライフを提唱している。

【フォトコン受賞歴など】
千代田区観光協会第一回魅力発見発掘賞、リクルートSUUMO、阪急交通社ほか。写真サイトやカメラ販売店サイトにてブログ連載。富士フイルム公式サイトXシリーズにてレンズ作例9作品掲載中

会社名 JA全農(全国農業協同組合連合会)
住所 東京都千代田区大手町1-3-1 JAビル
URL https://www.zennoh.or.jp/

円滑・確実に仕事を依頼するための「ライター指示書」

この度は弊社のライター指示書にご興味をもってくださり、誠にありがとうございます。ライター指示書のダウンロードをご希望の方は、以下のフォームに必要事項をご記入後、送信ボタンを押してください。その後ダウンロードリンクがご指定のメールに送られます。送られたメールに記載されているURLをクリックしていただくと、ダウンロードが可能となります。

ご相談はこちらから

最新記事一覧