【初心者向け】コンテンツディレクターの仕事内容や求められるスキル、業務遂行のコツを解説!

コンテンツマーケティング

  • 投稿日
  • 編集日
コンテンツディレクターの仕事内容
grooo編集部

この記事の目次

WEB上で集客するための記事コンテンツの制作から公開までには、主に以下の手順を踏みます。

  1. コンテンツの企画・立案
  2. 構成案作成
  3. WEBライターによるコンテンツの執筆
  4. 校閲者による文章確認
  5. コンテンツの修正
  6. 責任者と執筆内容のすり合わせ
  7. 最終チェック後に公開
  8. 公開コンテンツの分析や改善

 

1つのコンテンツ制作にはさまざまな担当者が関わります。この手順を取りまとめ、円滑に業務を進めていくためにはディレクションをする、「コンテンツディレクター」の存在が重要です。
今回は、「新規でコンテンツディレクターとなった担当者」や、「具体的な業務内容を知りたい初心者の方」向けに、「コンテンツディレクター」の役割や必要なスキルをご紹介していきます。

コンテンツディレクターとは?

コンテンツディレクターとはコンテンツ制作プロジェクトの中心を担うポジションです。企画から記事公開まで各担当者とコミュニケーションを取りながら、制作ディレクションを担当します。
クライアントの課題解決や目的達成に向け、「高品質で価値あるコンテンツ」を制作する必要があるため、幅広い業務をこなさなければいけません。コンテンツディレクターの指針によって、コンテンツの品質や方向性が左右されるため責任が大きいと言えます。
コンテンツディレクターとして実績を重ねると企画力や編集力、統率力などのスキルはもちろん、自分自身の市場価値を大きく高めることができます。

コンテンツディレクターの主な仕事内容

コンテンツディレクターの主な仕事内容イメージ

企業ごとに多少の違いがありますが、コンテンツディレクターの主な仕事内容は3つあります。

  • クライアントの課題解決
  • プロジェクトの進行・管理
  • コンテンツの品質管理

それぞれ解説していきます。

クライアントの課題解決

最初の課題解決の段階で、クライアントの課題や目的が不明瞭なままコンテンツ制作を進めてしまうと、軸がブレてしまい、クライアントのニーズにそぐわない記事ができてしまいます。そのため、コンテンツディレクターはクライアントがコンテンツを通して、「どのような課題を解決したいのか」「どのような目的でコンテンツ制作をするのか」をまずはヒアリングし、最初に明確化する必要があります。
例えば、「新商品やサービスを訴求したい」というクライアントの要望に対して、一般的に想定されるヒアリング内容は以下が挙げられます。

  • 納期はいつまでか
  • コンテンツはどれくらいのボリュームを想定しているか
  • ターゲットはどの層か
  • 費用感はどれくらいか

もちろんこれらの項目も大事ですが、コンテンツディレクターは商品やサービスに対するクライアントの「こだわり」、「想い」、「強み」といった部分に注目する必要があります。クライアントの潜在ニーズを引き出し、期待を超えるコンテンツを提供できるかどうかはコンテンツディレクターの技量にかかっています。
ヒアリング、企画やプランニングでコンテンツの質が決まると言っても過言ではありません。したがって、コンテンツディレクター自身がクライアントの想いや商品やサービスをよく知ることが重要です。

プロジェクトの進行・管理

クライアントのヒアリングを経てコンテンツの方向性が決定したら、実際に制作へと入ります。プロジェクトの進行において、ヒアリングした内容を適切にWEBライターへ伝えることが大事なポイントです。
伝え方によっては意図しない記事があがってきてしまい、トラブルの元となるので注意が必要です。
そのため、WEBライターに具体的かつ過不足なく情報を伝える「コミュニケーション能力」が必須です。また、認識齟齬が起きない様に、骨子を作る段階で構成シートを工夫するのも一案です。

さらには、クライアントの指定した納期に合わせてスケジューリングすることもコンテンツディレクターの重要な役割となります。
コンテンツ制作はさまざまなプロセスが絡むので、WEBライターが執筆した記事コンテンツの校正・校閲時間なども考え、バッファを持たせたスケジュールを組む必要があります。設計したスケジュールは制作チーム内で共有し、メンバー全員が、「今どの段階にあるのか」を確認できるように運用体制を整えるなど、コンテンツディレクターが率先して統率する必要があります。

コンテンツの品質管理

コンテンツ制作途中はもちろん、制作後もコンテンツディレクターはコンテンツの品質管理を行い、クライアントと情報共有しなければいけません。
制作途中であれば、誤字脱字をはじめとした細かい部分から文章が不自然ではないかの確認、コピーコンテンツがないかのチェックも不可欠です。
さらに、専属WEBライターに記事執筆を依頼している場合は品質確保のために、適宜教育を行う必要もあります。コンテンツ公開に至った際もその後、集客・コンバージョンできているかの分析やデータ解析、追記やリライトなどの改善施策をクライアントへ提案し、フォローすることも業務の一つです。
改善施策の提案にはSEOのテクニックや知識及び、サーチコンソールやGoogle Analyticsをはじめとした分析ツールを駆使することが他社との差別化ができる重要なポイントです。

コンテンツディレクターに必要なスキル

コンテンツディレクターに必要なスキルは、以下の4つが挙げられます。

  • コミュニケーション能力
  • 仮説立てして物事を考える発想力
  • スケジュール管理能力
  • マーケティングスキル

コンテンツディレクターとして初心者の方でも、業務を遂行し経験値を積むことでこれらの能力が自然と身に付いていきます。それでは各項目について、それぞれ解説していきます。

コミュニケーション能力

コンテンツディレクターにおける、「コミュニケーション能力」の具体例は以下が挙げられます。

  • クライアントの潜在ニーズを引き出すヒアリング力
  • クライアントに対してコンテンツの重要性を伝えるための折衝力
  • WEBライターとの意思疎通
  • 制作チーム内部の調整力

コンテンツディレクターは実際に手を動かすより、クライアントや各担当者とのコミュニケーションが多く発生します。そのため、コンテンツ制作途中でトラブルが無いよう、外部・内部の両方で密にコミュニケーションをとることが必要です。

仮説立てして物事を考える発想力

まだ世の中に出ていないユニークなコンテンツを作り上げるには、企画・立案の段階で今まで誰も着手していないコンテンツの企画を提案する発想力が求められます。
クライアント毎に課題や目的が違うので、「クライアントの課題」を定量的なデータなどを用いて仮説立てすることが重要です。
クライアントの課題解決に直結する発想力を鍛えるためには場数を踏むことに加え、日常的な情報収集が不可欠となります。インプットした情報が多い分、知識の引き出しも増えるので発想力が強化でき、より多くの提案に繋がります。

スケジュール管理能力

コンテンツ制作にもクライアントが指定する納期があります。
納品に遅れが発生しないようにスケジュール管理を行うのもコンテンツディレクターに求められる能力の一つです。クライアントの要求を第一に考えることも重要ですが、記事執筆を依頼するWEBライターとのスケジュール確認を怠ってしまうと、トラブルの原因にもなりかねません。
そのため、クライアントの要望を鵜呑みにするのではなく、社内でも協議を重ねてお互いに無理のないスケジュールをクライアントへ提案することもポイントです。
一方で、事前に決定したスケジュール通りにプロジェクトが進行するとは限りません。クライアントの要望が増え、WEBライターの体調不良などの予期せぬハプニングが起こる可能性もあります。コンテンツディレクターは不測の事態が起こった場合でも焦らず冷静に対処することが大切です。ある程度余裕を持ってスケジューリングするよう意識しましょう。

マーケティングスキル

コンテンツを公開してもターゲットであるユーザーにクリックしてもらい、内容を最後まで読んでもらえなければコンテンツとしての価値は低いと言えます。
競合他社のコンテンツに引けをとらないように、コンテンツディレクターはSEOをはじめとしたコンテンツ制作に関する総合的なマーケティング技術を身に付け、上位表示させる方法を常に追求しなければなりません。
また、クライアントと対等にディスカッションできる業界知識を付けることも必要です。
さまざまな業界の市場情勢の知識を身に付けることは、クライアントへの提案に説得力が増すだけではなく、知識や手法を活かして別のクライアントへ横展開することもできます。
また、「仮説立てして物事を考える発想力」にも繋がるため、知識の吸収は怠らないようにしましょう。

コンテンツディレクターの難しさとは?

コンテンツディレクターの難しさとは?イメージ

コンテンツディレクターの仕事内容や求められるスキルについてご紹介してきました。

  • 求められるスキルの多さ
  • 制作物や実績に高い水準が求められる
  • WEBライターをはじめとした社内調整

このようにさまざまな能力が必要になることこそが、コンテンツディレクターが難易度の高い職業の1つと言われる所以です。新規でコンテンツディレクターの担当となった初心者の方は慣れない業務で大変な中、高品質なコンテンツを制作すると同時に、「どのようにすれば業務を効率化できるか」も考えなければなりません。
そこで、コンテンツディレクターの業務における効率化の一例をご紹介します。

コンテンツディレクターの業務の効率化

例えば業務効率化を考える上で、「WEBライターのアサインをどうするか?」といった問題が考えられます。クライアントから求められた記事の内容によってクラウドソーシングで募集するか、専属のWEBライターを募集するか、あるいは社内で対応するか、など選択肢はさまざまです。
しかし、クラウドソーシングでWEBライターを募集した場合、記事のクオリティにばらつきがあり、その後の修正に時間を取られるという懸念があります。
一方で、能力の高い専属WEBライターを募集するとなると採用までに時間がかかる、採用コストがかかってしまうという事態が起こる可能性があるので、納期が短い場合はこちらも得策ではありません。
これらの懸念を解消するために、以下のサービスを検討してみてはいかがでしょうか。

  • 「コンテンツディレクターが絡む現場に慣れているWEBライター」の外注
  • コンテンツディレクターのサポート支援

弊社groooでは、コンテンツディレクター初心者の方でもお悩みやご相談に乗らせていただいております。そこで最後に、groooのコンテンツ制作における強みをご紹介します。

groooのコンテンツ制作における強み

groooのコンテンツ制作における強みイメージ

groooでは、コンテンツ制作における以下の4つに強みを持っています。

  • 各プロジェクトごとにプロフェッショナルな人材の供給
  • お客様の声に耳を傾け、ニーズに添った最適なアイディアを創出できる
  • 現状に満足せず常にアップデートする。お客様へ”未来”を提案できる
  • 徹底的に分析調査をした上で狙うべき市場・キーワードを決定し、検索エンジンにも読者にも響く高品質の記事を提供できる

クライアントの潜在ニーズに応えるために、さまざまなジャンルにおいて経験や知見、技術を持った「プロ」をアサインすることができます。そのため、コンテンツディレクター初心者の方が抱える悩みやプロジェクトの進行、その後の品質管理まで一貫したサポートが可能です。
また、親身に寄り添って課題解決をするため、お客様への徹底したヒアリングを通して潜在的なニーズを引き出し、幅広い視点からアドバイスをさせていただいております。弊社では社内外での情報収集・共有を大切にしているので、お客様にご提供する情報は常に最新にアップデートし、将来を見据えたお客様へのご提案も強みとしております。

コンテンツ制作やサポートのご依頼はgroooまで

日々コンテンツディレクターとして業務をしている中で、以下のような悩みをお持ちではありませんか?

  • コンテンツディレクターとしての業務遂行方法に悩んでいる
  • コンテンツ制作における企画から、記事の品質管理までサポートしてくれる会社を探している
  • 業務を効率化しながらも高品質なコンテンツを制作したい

ぜひ一度お気軽にお問い合わせください。
尚、コンテンツ企画や構成案作成に役立つgroooオリジナルの「企画構成シート」をご用意しました。無料でダウンロードいただけます。どうぞご活用ください。

お問い合わせフォーム

記事検索

カテゴリー

Contact お問い合せ

弊社にご関心をお持ちいただきまして、誠にありがとうございます。案件のご相談や料金のお見積もりなど、お気軽にお問い合せください。
担当者よりご連絡させていただきます。

お電話でのお問い合せも承っております。

03-6823-1334

営業時間:10時〜18時(土日祝休み)

Download お役立ち資料ダウンロード

コンテンツマーケティングの実務に使える「お役立ち資料」を、無料でダウンロードいただけます。
ぜひご活用ください。

TOP

CONTACT