SEOに強い取材記事で徹底集客!メディアでの活用法を解説

コンテンツマーケティング

  • 投稿日
  • 編集日
SEOに強い取材記事で徹底集客_アイキャッチ
grooo編集部

この記事の目次

今やインターネットで検索すると、ほとんどの情報を手に入れることができます。

しかし、これほどまでにインターネット上に情報があふれていると、WEBコンテンツで差別化を図ることが難しいと感じている人も多いのではないでしょうか。

そこでオリジナルの「取材記事」を取り入れることで、独自性が高くユーザーが満足するWEBメディアにすることができます。

ただし、取材記事を作成するためには多くのリソースがかかることも事実。せっかくリソースをかけて作った取材記事なので、集客を増やしたりコンバージョンにつなげたりしたいですよね。

本記事ではSEO効果の高い取材記事の作り方やコツなどを紹介するので「取材記事で集客したい」「取材記事をもっと活用したい」と考えている人はぜひ参考にしてください。

取材記事のSEO効果

取材記事のSEO効果

取材記事はインタビューの内容をまとめているだけではありません。

自社でしか作成できないという独自性や、第三者の言葉による信頼性など、検索エンジンに評価される要素を多く持ち合わせています。

それでは、取材記事にはどのようなSEO効果があるのか具体的に見ていきましょう。

自社にしかないオリジナルコンテンツである

取材記事は、自社のお客様や社員などに対してインタビューをして得た生の声をまとめた記事です。一次情報に基づいた記事なので、自社でしか作成することができません。

つまり独自性の高いコンテンツであるということは、Googleの検索結果の表示順位にも大きく関わります。

Googleの公式ブログでも記載されているように、オリジナルのコンテンツを持っているWEBサイトを高く評価すると公言しています。

オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。

出典:Google ウェブマスター向け公式ブログ

つまり、自社サイトがGoogleの検索結果で上位表示されるためには、他のWEBサイトの記事と類似している内容ではなく、オリジナリティあふれる内容が求められるのです。

なぜオリジナルコンテンツが求められているのかというと、その背景にはGoogleが提唱する「ユーザーファースト」の概念があるからです。

インターネットがこれほどまでに発達している現代では、膨大な情報がインターネット上に存在しているため、他サイトと似たような記事ばかりではユーザーも満足できません。

しかし、取材記事というオリジナルコンテンツがあれば、ユーザーに「このWEBサイトに訪問しなければ、この情報には出会えなかった」と思ってもらうことができ、ユーザーにとって有益なWEBサイトとなるのです。

Googleが重視するE-A-Tを満たす

GoogleがWEBサイトや記事コンテンツを評価するための基準は、独自性だけではありません。
それが「E-A-T」という3つの要素。

  • E(Expertise)=専門性
  • A(Authoritativeness)=権威性
  • T(TrustWorthiness)=信頼性

このE-A-Tを満たすことが高品質なコンテンツだと評価される基準となっています。

E-A-TについてはGoogleの「検索品質ガイドライン」にも頻出しており、Googleが重要視していることがわかります。

そして、このE-A-Tを満たすコンテンツこそ取材記事なのです。

取材記事は自社でしか制作することができないため専門性があります。そして、業界や商材に精通している会社が書いている記事だということが権威性としても認められます。

さらに一次情報に基づいた記事のため、信頼性のあるコンテンツだとも判断されます。後述しますが、取材記事の内容によっては権威性や信頼性をさらに高めることもできます。

ユーザーの疑問を解決することができる

企業が制作する取材記事の多くは、自社のお客様に対して商材の感想や導入効果を取材した内容をまとめている記事です。このような記事は、商材の導入を検討しているユーザーの疑問を解消する効果があるため訴求力がアップします。

例えば「このサービスを導入したら、どのような運用体制にしたらいいだろう?」と思っているユーザーがいたとしても、実際に導入しているお客様の運用体制を取材記事で紹介することで、ユーザーの不安解消につながります。

このように、取材記事では実際に導入しているお客様の生の声を紹介し、ユーザーの疑問や不安を解消して購買意欲を向上させることが可能です。

またユーザーの疑問を解消できるという点では、Googleが提唱するユーザーファーストも満たしていると言えるでしょう。

SEOにつながる取材記事の例

SEOにつながる取材記事の例

取材記事と言っても、目的や取材対象(インタビュイー)によって内容が異なります。

前項のポイントを押さえたSEO効果のある内容の取材記事をいくつか紹介します。自社サイトで取材記事を導入する場合はぜひ参考にしてください。

導入事例、お客様の声

最初に紹介するのが、飲食店や小売店への直接インタビューや、実際に自社の商品・サービスを導入しているお客様にインタビューした記事です。「導入事例」や「お客様の声」として取材記事をまとめて掲載している会社も少なくありません。

お客様に対する取材記事では、導入に至るまでの経緯や商材の選定ポイント、使ってみた感想や導入した効果などを記事にして紹介します。

お客様の生の声を紹介できるため、E-A-Tのうち信頼性を高めることができます。また、読み手が導入後のイメージをしやすく購買意欲を高める効果もあります。

どんなに商品やサービスが素晴らしくても、自社からのみの発信では「自画自賛している」と思われかねません。しかしお客様という第三者から発信されることで信ぴょう性が高まります。

開発エピソード

技術力の高さや商材の魅力を伝えるには、社内の技術担当者に開発エピソードを取材した記事を取り入れましょう。

開発に至った経緯や苦労話などを盛り込み、試行錯誤してやっと完成したという流れにし、ストーリー性がある取材記事になり読み手を惹きつけることができます。

商品やサービスの魅力を自社発信すると営業感が出てしまうこともありますが、開発に関わるエピソードを取材記事にすることで、自社発信でありながら営業感を抑えつつ読み手に対し、商品の魅力の伝達が可能です。

また自社の商材や技術に特化している社員へのインタビューは、記事の専門性を高めてSEO効果が期待できます。

社員インタビュー

技術スタッフだけでなく、技術職以外の社員をインタビュイーとした取材記事もおすすめです。

例えば、製造工場を見学した感想をインタビューした取材記事であれば、製造工程や管理体制の厳しさなどをアピールできる機会になります。

一般のお客様はなかなか製造工程を見ることができませんが、取材記事にすることで工場見学の疑似体験ができ、オリジナリティの高いコンテンツとなるのです。

ほかにも、複数の社員を集めた対談や座談会を取材記事にして、さまざまな部署のこだわりやプロフェッショナル性を伝えることができます。

また社員インタビューは採用やブランディングにも効果的です。各部署の社員に1日の仕事内容や仕事に対するやりがいなどを語ってもらうことで、社風や企業の成長度などを知ってもらうきっかけになるでしょう。

専門家インタビュー

業界で名の知られている有識者や、医師や弁護士など有資格者のプロフェッショナルをインタビュイーとする取材記事もSEO効果が見込めます。

プロフェッショナルのコメントは専門性も権威性も高く、読み手に対して信頼感を与えます。

ハードルは高いかもしれませんが自社商材を使ってもらい、専門的な視点での評価を貰えれば、商材の優位性を最大限にアピールすることができるでしょう。

良質な取材記事の書き方

取材記事を検索エンジンで上位表示させるためには、記事の内容自体も魅力的でオリジナリティあふれる良質なものでなければいけません。

それでは、質の高い取材記事とはどのように書いたら良いのでしょうか。良質な取材記事を書くためのステップを説明します。

また、こちらの記事にも詳しく書かれているのでぜひ参考にしてください。

徹底した事前準備

良質な取材記事を書くためには、当日の取材自体を質の高いものにする必要があります。取材当日に聞きたい内容を聞けなかったら、記事に盛り込める素材がなくて内容の薄い記事になってしまうからです。

そのため、事前準備は徹底しましょう。まずはどのような取材記事にするかという目的を定め、インタビュイーを選定します。

インタビュイーにアポイントを取り、場所や時間が確定したところで、インタビュイーについて入念にリサーチしましょう。

インタビュイーについて深く知っていればいるほど、当日の話題の広がり方も違います。業界や市場の動きについても押さえておくと良いですね。

また、質問事項を事前に決めておくこともポイントです。当日に行き当たりばったりの質問をしてしまっては、聞き漏れたり聞き忘れたりしてしまうこともあります。

リサーチした内容を基にして、聞きたい内容を自然に聞ける流れで質問事項を組み立てておきましょう。

質問事項について、インタビュイーへの事前共有も大切です。インタビュイーが質問に対する答えを事前に考えておくことができ、当日スムーズに進行できるでしょう。

取材当日の進行

取材当日は、取材内容を録音しておけるボイスレコーダーを準備しておきましょう。パソコンやメモ用紙なども忘れないでください。

インタビュイーが取材に慣れていない場合、話が盛り上がるまで時間がかかってしまうこともあります。インタビュイーの温度感を上げて饒舌に話してもらうために、アイスブレイクで緊張感を解いたり、興味を持って話に聞き入ったりする姿勢も大切です。

取材を盛り上げて多くの話をしてもらったほうが、取材記事の素材を多く手に入れることができます。当日はインタビュイーに気持ちよく話してもらうよう配慮しましょう。

しかし盛り上がりすぎて時間が足りなくなってしまっては、元も子もありません。話が脱線したり長くなったりしたときはうまく誘導し、タイムコントロールをしていきましょう。

また、逆のパターンも起こり得ます。例えば、どんなに盛り上げようとしても話に詰まってしまってなかなか弾まないときです。

いまいち盛り上がらないときは、リサーチしておいた内容を活用してインタビュアーが話を広げましょう。そのようなときのために、事前に質問事項を多めに考えておくこともおすすめです。

文字起こし、振り返り

取材が終わったら、録音内容を文字起こししましょう。

10分程度の音源を文字起こしするのには平均して約1時間かかるため、取材が長ければ長いほど文字起こしの工数もかかります。時間がない場合はクラウドソーシングを活用するのも一つの手です。

文字起こししてすぐに取材記事に取り掛かるのではなく、まずは文字起こしした内容や取材メモなどを見返す時間を設けましょう。

取材中には聞き漏らしていたキーワードやフレーズが見つかることもあります。じっくりと振り返る時間を作り、取材記事の構想を練ってください。

構成、記事執筆

記事を執筆する前に、記事の構成を作って流れを決めましょう。最初に記事の骨組み(構成)の事前作成によって、スムーズに書き進めることができます。

取材で聞いた順序でそのまま構成する必要はなく、伝わりやすくするために話の順序を入れ替える工夫もしましょう。

大見出しと小見出しを使い、起承転結やストーリー性のある展開を意識して構成してください。

骨組みとなる構成が完了したら、執筆して肉付けしていきます。話し言葉と書き言葉は異なるため、文字起こしした話し言葉をそのまま書かず、表現や言い回しを調整しながら書きましょう。

執筆が完了したら、誤字・脱字や不自然な表現などのチェックをして、必要があれば記事を編集します。

また、インタビュイーに確認を依頼することも忘れずに。インタビュイーが確認して修正要望があれば、修正を反映しましょう。

コンバージョンにつなげる取材記事のテクニック3つ

取材記事では商材や会社の魅力を伝えるだけではなく、せっかくならお問い合わせやアポイントなどのコンバージョンにもつなげたいですよね。

取材記事を活用して集客を増やしコンバージョンにつなげるために、3つのテクニックを紹介します。

SEOの基本を押さえる

いくら読み応えのある取材記事でも、SEOの基本が押さえられていなければ検索順位で上位表示は難しいでしょう。

SEO効果を高めたいのであれば、SEOの基本を押さえた記事作りを意識してください。

例えば、取材内容を文章にすることだけに集中してしまい、狙っているキーワードを盛り込むのを忘れてしまうということが起こりがちです。しかしキーワードが含まれていなければ、検索結果での上位表示は難しくなってしまいます。

本文には不自然にならない程度にキーワードを盛り込み、できればタイトルにもキーワードを含めるようにしましょう。

また、内容が充実しすぎてしまうと、タイトルと本文の不一致を引き起こすことも。タイトルと本文の不一致は、Googleから低評価を受けてしまう原因となります。

Googleでは、まずは記事のタイトルを確認して記事の大まかな内容を判断してから本文を確認します。内容が不一致であればユーザーにとって有益ではない記事だと判断され、低評価を招いてしまいます。

魅力的な取材記事であることは重要ですが、集客につなげるためにはSEO効果を高めるポイントも意識しましょう。

CTAを設置する

取材記事をコンバージョンにつなげるためには、CTAの設置も効果的。CTAとは「Call to Action」の略で、記事を見たユーザーの行動を喚起するものです。

WEBページで「資料を請求する」「お問い合わせ」などのボタンやバナー広告を見たことはありませんか?まさにそれがCTAで、次のアクションを促す効果が期待できます。

取材記事でもCTAを設置することにより、記事を読んで興味を持ってくれたり購買意識が高まったりしたユーザーがワンクリックでコンタクトを取ることができます。

CTAの方法は多様ですが、取材記事は読み物として読んでくれているユーザーも多いためポップアップで出すと邪魔に感じられることがあります。

取材記事でのCTAは、ページのフッター(下部)にバナーやリンクなどで設置するようにしましょう。

定期的に分析をする

取材記事をコンバージョンにつなげたいのであれば、定期的な分析も欠かせません。

公開しっぱなしではコンバージョンにつながっているのかわかりませんし、もしかしたら全く読んでもらえていない可能性もあります。

まずはGoogleサーチコンソールを活用して、検索順位や流入キーワードを分析します。思いがけないキーワードで流入を生んでいる可能性もあるので、その場合は取材記事にキーワードを足してリライトしましょう。

GoogleアナリティクスでPV数やコンバージョン率などを確認することも大事。必要に応じてリライトしたりCTAを改善したりして、記事のブラッシュアップをしてください。

また、アナリティクスでは直帰率や離脱率も確認できます。直帰率や離脱率が高い場合は記事内容に問題があると思われるので、内容を読み返してリライトしましょう。

取材記事の活用方法5つ

せっかく制作した取材記事なので、オウンドメディアやコーポレートサイトに掲載するだけでなく、もっと露出を増やして流入数をアップさせたいですよね。

取材記事をさらに活用する5つの方法を紹介します。

商品・サービスページにリンクを設置

もっとも手軽なのが、自社で運営しているサイトに内部リンクを設置する方法です。

例えば、商材の紹介ページやランディングページなどに、取材記事への内部リンクを設置します。商材に興味があってそのWEBページにたどり着いたユーザーに、取材記事でお問い合わせや購入の後押しをすることができます。

特に、合理的で客観的な判断が求められるBtoB購買担当者にとっては、取材記事のような信ぴょう性の高いリアリティがあるコンテンツは、購買プロセスを進めるための背中を押してくれる要素になるでしょう。

ほかにも、オウンドメディア内の記事に「関連記事」として取材記事の内部リンクを設置したり、コーポレートサイト内の採用ページなどで社員の取材記事のリンクを設置したりすることもできます。

直帰率が高いWEBページに取材記事への内部リンクを設置することでユーザーの回遊の促進ができるため、取材記事を活用して自社サイトを盛り上げましょう。

外部サイトからの被リンク

内部リンクだけでなく、外部サイトからリンクしてもらうことも効果的です。

インタビュイーがお客様や専門家の取材記事を作成した場合、インタビュイーが運営しているサイトにリンクを掲載してもらいましょう。インタビュイーのサイトに訪問したユーザーが、自社サイトに訪れてくれるきっかけになります。

また、信頼性のある外部サイトからリンクされている=被リンクが多いWEBサイトは信頼性が高いとGoogleは判断します。

SEO効果が高まることが期待できるので、社外の人物の取材記事を作成した際には被リンクを依頼しましょう。

SNSでの発信

SNSは以前ではコミュニケーションツールとして利用されていましたが、現在では情報収集のツールとしても活用されるようになっています。

自社でTwitterやInstagramなどの公式アカウントを所有している場合は、積極的な発信をおすすめします。

取材記事をキャッチーなフレーズで紹介することで、読み手の興味を引きアクセス増加も見込めます。

ハッシュタグも活用して、より多くのユーザーに届くよう発信しましょう。

今ではZ世代やミレニアル世代が社会人になっており、企業の購買担当者や意思決定者という立場になっていることも少なくありません。

Z世代やミレニアル世代と親和性が高いSNSで情報を発信することで、BtoBの購買プロセスで重要なポジションにいる人物にリーチすることが期待できます。

プレスリリースで発信

取材記事をプレスリリースで発信することも効果的です。

プレスリリースは新商品発売や新サービス発表などの広報のシーンで活用されるイメージが強いですが、高品質な取材記事はプレスリリースで発信する価値があります。

プレスリリースで発信するメリットは、ニュースサイトなどの外部メディアに掲載されることがある点です。

ただし、どんな記事でも取り上げられるわけではないので、多くの人の役に立つような質の高い取材記事ができたときに活用するようにしましょう。

外部メディアへ寄稿

外部メディアへ寄稿してアクセスアップを狙うことも一つの手です。

寄稿を募集しているWEBサイトは多い一方、自社と親和性の高いジャンルや業界のメディアを選ぶようにしましょう。

まったく異なるジャンルのWEBサイトに寄稿してしまうと、結局誰にも見てもらえずに終わってしまいますので、お互いにWin-Winの関係を築ける外部メディアを見つけましょう。

集客につながる取材記事はgroooにお任せ

取材記事の優位性を理解していただけたと思いますが、取材記事を一本作成するためには多くのリソースがかかります。

さらに集客やコンバージョンにつなげるためには、知識やテクニックも必要です。自社に取材記事のリソースやナレッジがない場合は、弊社、株式会社groooにご相談ください。

groooでは、設計から取材、記事執筆までのすべてのプロセスを担当することが可能です。

取材のプロが取材を担当

取材記事にチャレンジしたくても、このような悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。

  • どんな質問をしたらいいのかわからない
  • 当日は緊張して聞きたいことを聞けなさそう…
  • 話が盛り上がらないなどのアクシデントが不安

groooには、さまざまなバックグラウンドをもつライターが所属しています。そのなかには取材経験が豊富なライターもおります。

取材が不安な人も多いと思いますが、groooの取材のプロが高品質な取材を代行するので安心してお任せいただけます。

SEOのプロが記事を担当

取材記事は、取材の内容をそのまま文章化するだけではSEO効果が薄れてしまいます。しかしSEOを意識しすぎると、面白みのない取材記事になってしまいかねません。

groooのライター陣には、SEO知識が豊富で高いスキルを持つライターも多く所属しています。

SEOに特化しているプロライターが執筆を担当するので、SEO効果が高く、かつストーリー性のある取材記事が実現します。

まとめ

オリジナルの取材記事は質が高く、集客やコンバージョンにつなげる効果が期待できます。多くの人の役に立つような取材記事は、さまざまな発信方法を活用して広くリーチしましょう。

なかなか取材記事にリソースをかけることができなかったり、取材記事に関するナレッジがなく不安だったりする場合は、アウトソーシングもおすすめです。

groooのプロライター集団は取材記事に関するお悩みを解決することができると思うので、ぜひ一度お話をお聞かせください。お問い合わせは電話・メールで受け付けております。

お問い合わせフォーム

記事検索

カテゴリー

Contact お問い合せ

弊社にご関心をお持ちいただきまして、誠にありがとうございます。案件のご相談や料金のお見積もりなど、お気軽にお問い合せください。
担当者よりご連絡させていただきます。

お電話でのお問い合せも承っております。

03-6823-1334

営業時間:10時〜18時(土日祝休み)

Download お役立ち資料ダウンロード

コンテンツマーケティングの実務に使える「お役立ち資料」を、無料でダウンロードいただけます。
ぜひご活用ください。

TOP

CONTACT