商品紹介記事で売上を伸ばす!商品の魅力を伝える書き方とは?

コンテンツマーケティング

  • 投稿日
  • 編集日
商品紹介記事で売上を伸ばす!商品の魅力を伝える書き方とは?
UPSPICE 編集部
UPSPICE 編集部

「ECサイトを運営しているが、なかなか成果が出ない」

「自社商品の売り上げが伸びないけれど、魅力が伝わっているのか心配」

このように悩んでいる人は、改めて商品紹介文を見直してみましょう。商品の魅力が伝わり切っていないかもしれません。

商品紹介記事は、消費者に商品のことを知ってもらうための有効な手段です。しかし、書き方が分からずに、商品の概要だけを羅列している記事も多く見受けられます。

そこで本記事では売上につながる商品紹介記事の書き方について解説します。ぜひ参考にし、商品の魅力を適切に伝えましょう。

この記事の目次

商品紹介文は写真と同じくらい重要!

自社商品を販売しているのに、商品紹介記事に力を入れていないWEBサイトは少なくありません。このような場合「文章を書いても読んでくれないのでは?」という先入観を持っているケースが多い傾向です。

確かに写真でも商品の特徴や魅力は伝えられますが、写真だけでは伝わりきらない情報もあります。それを補完するのが文章なのです。文章では、以下のような情報を伝えられます。

ベネフィットを伝える

商品紹介文ではベネフィットを伝えられます。ベネフィットとは、その商品を購入することでもたらされる効果や利益を指します。たとえば、以下の2つの文章を比べてみてください。

  1. このYシャツはノンアイロンシャツです。
  2. このYシャツはノンアイロンシャツなので、毎日のアイロン掛けの負担を減らせます。

1は特徴だけを述べていますが、2ではさらにベネフィットまで言及されているので、より購入後をイメージしやすくなります。

ベネフィットは写真では伝わりにくいので、文章で伝えることがポイントなのです。

こだわりやストーリーを伝える

商品のこだわりや、開発ストーリーも写真では伝わりません。

開発するきっかけや失敗談、こだわったポイントなどを細かくストーリー形式で伝えられれば、消費者に興味を持ってもらうフックとなります。

また、消費者は商品開発の背景やこだわりを知れるため、商品やブランドに対するロイヤリティが高まる効果もあるでしょう。

詳細を伝える

商品の詳細な情報を伝えるにも、文章が有用です。たとえば寸法・重量・素材・生産地・原産地・賞味期限などの情報が該当します。
商品情報を細かく知りたい消費者は多いので、記事内でわかりやすく説明してあげると親切です。

注意点を伝える

商品を使う際の注意点がある場合、記事内で説明しましょう。たとえば用法・用量がある商品の場合、決められた方法や量を間違えて使ってしまうと思わぬ事故を引き起こすリスクがあります。
「注意点を書いたら購入したくないと思う人が増えるかもしれないから書きたくない」という人もいるかもしれませんが、想定外のトラブルを回避するためにも注意点は必ず文章で明記しましょう。

商品紹介記事の構成

次は、商品紹介記事の構成を解説します。1本の記事として書くときだけでなく、ECサイトでの商品ページでの紹介文にも応用できるので、構成は覚えておきましょう。

商品紹介記事は上から順に「キャッチコピー」「ボディコピー」「クロージングコピー」と分けられます。この順序で商品を紹介していくと、スムーズに読み進めてもらえます。

キャッチコピー(リード文)

一番上のキャッチコピーは、別の言い方だと「リード文」とも言われます。キャッチコピーで消費者の興味を引くことができなければ、ここより下部を読んでもらえないため、いかにキャッチコピーで惹きつけられるかがポイントです。

消費者にありがちな悩みを代弁して共感を得たり、印象に残るフレーズでインパクトを与えたりして、消費者の関心を引きましょう。

ボディコピー

ボディコピーは商品紹介記事のメインとなる部分です。商品のこだわりやベネフィット、エピソードや商品詳細など、消費者に知ってほしい商品の魅力を紹介します。

ボディコピーは文字数などの決まりはありませんが、基本的な内容は5W1Hでまとめると良いでしょう。

  • When(いつ):発売日、販売期間、キャンペーン期間、利用に適している時期、旬など
  • Where(どこで):生産地、原産地、販売店、ネットショップ名、仕入れルートなど
  • Who(誰が):生産者、開発者、メーカー、職人など
  • What(何を):商品名、ブランド名、商品概要など
  • Why(なぜ):開発のきっかけ、ベネフィット、こだわりなど
  • How(どのように):使い方、作り方、楽しみ方、活用方法、購入方法など

これらの情報をベースに、魅力を付け足して肉付けしていくとボリュームのある商品説明文になります。ボディコピー次第で購買意欲が左右するので、意識して書きましょう。

クロージングコピー

最下部のクロージングコピーは締めの言葉となり、購入の後押しになる部分です。ここまで説明してきた内容を簡潔にまとめ、消費者の背中を押すようなフレーズを入れましょう。

キャンペーンやセールがあるのならば、その内容をクロージングコピーで用いるのもおすすめです。最後に「今だけ半額」「○月○日まで送料無料」などのフレーズを入れると限定感が増し、購入意欲が高まります。

最後に、商品購入フォームや商品購入ページへのリンクなどを設置することも忘れないようにしましょう。

商品紹介記事の書き方5ステップ

商品紹介記事の概要を理解したところで、実践的な書き方について解説します。

【Step1】紹介する商品について理解する

すぐに文章を書くのではなく、まずは商品について深く理解しましょう。商品についての理解が深くなければ、魅力が伝わる記事になりません。

誰しも、自分が好きなものを他人に紹介するときは熱心に語れるものです。商品紹介記事を書くときにも、その商品を好きになるくらいの気持ちで理解を深めましょう。

【Step2】ペルソナを設計する

商品紹介記事に限りませんが、記事を執筆する前に具体的な顧客像であるペルソナを設計しましょう。ペルソナを想定して記事を書くことで、ペルソナのニーズや悩みに沿った記事にできます。

「どのような人に読んでほしいのか」「どのような人に商品を使ってほしいのか」この視点を忘れずに記事を執筆しましょう。

【Step3】紹介する内容を整理する

構成を考えずに執筆を始めてしまうと、まとまりがない文章になったり軸がブレたりしてしまい、消費者が混乱していまいます。まずは紹介したい内容を箇条書きで書き出しましょう。
さきほど紹介した5W1Hを基本に自社商品の魅力を思いつくだけ書き出し、どのような順序で説明するか整理すると、まとまりのある内容になります。

このときペルソナを想定して書き出すと、より消費者の心に響く記事になるでしょう。

【Step4】読みやすいレイアウトで記事にする

書きたい内容がまとまったら実際に記事に起こしていきます。キャッチコピー→ボディコピー→クロージングコピーの順で内容をまとめていきましょう。

ストーリー性のある流れにし、消費者の購入意欲を刺激するような展開を意識するのがポイントです。ストーリー性のある展開を作るためには読みやすさが重要となります。見出しを適切に使って、分かりやすいレイアウトにしましょう。

商品概要は表にしたり、特徴はリストで箇条書きにしたりして、細かい工夫があるとより読みやすくなります。

【Step5】購入の導線を設定する

クロージングコピーの下部には、購入の導線の設定するのを忘れないようにしましょう。せっかく購入意欲が高まっているのに、導線がなければ購入につながりません。

商品購入ページに遷移してほしい場合はCTAボタンを設置し、ワンクリックで遷移できるよう設定します。

また、記事内で商品を購入できる場合には、入力フォームを設置しましょう。ただし入力フォームが複雑だと離脱が多くなる傾向にあります。

EFO(入力フォーム最適化)の施策を取り入れ、入力しやすいフォームを作成してください。

商品紹介記事を魅力的にする一工夫

ここまで解説してきた一連のフローを守れば、消費者の購入意欲を高める商品紹介記事を作成することができるでしょう。

さらに魅力的な記事にしたいという人は、下記のポイントを意識して取り入れてみてください。

開発エピソードや生産者の話を盛り込む

開発時のエピソードや生産者の言葉を盛り込むと、商品の信頼性がさらに増します。

商品を見ただけでは、その商品がどのような経緯で開発され、失敗や成功を繰り返して完成したのかはわかりません。

また、生産者がどれだけ苦労して生産しているのかも読み取れないものです。商品の背景にあるストーリーを記事内で紹介すると、消費者に感動を与えられて購買につながります。

おすすめのシチュエーションや組み合わせを提案する

使い方のほかに、おすすめのシチュエーションや組み合わせの提案を言及すると、購買後のイメージがしやすくなります。

たとえばスカートを紹介するときにはおすすめのコーディネートを提案したり、食材の記事ではレシピや合わせる食材を提案したりすると良いでしょう。

消費者は「そんな使い方があるなら買ってみたいな」と思い、購買意欲が高まります。

文だけではわかりにくい箇所は写真を使う

冒頭で、文章は写真と同じくらい重要だと述べた通り、文章も写真も商品の魅力を伝えるためには欠かせない要素です。

写真ではわかりにくいことがあるように、文章だけでは伝わらないこともあるので、写真をうまく活用して補完しましょう。

たとえば「このズボンは脚長効果が期待できます」と言われても、実物を見ていない消費者にとって真偽は定かではありません。そこで、そのズボンを履いた写真と一般的なズボンを履いた写真を比較することで、視覚的に訴求でき信ぴょう性が増します。

商品の魅力を伝えるにはレビュー記事もおすすめ!

レビュー記事の書き方

商品紹介記事でも充分に商品の魅力は伝わりますが、実際の使用感を細かく伝えたい場合はレビュー記事もおすすめです。

レビュー記事とは

レビュー記事とは、何かの商品やサービスを使用した感想や評価を紹介する記事です。「口コミ記事」とも言われ、商品の使い方・方法などの詳細や使用感を伝えられます。

商品の紹介よりもレビューに重点が置かれているため、購入意欲が高い消費者が購入の参考にするために読むことが多い記事です。

レビュー記事の書き方

レビュー記事には基本的な構成があります。以下の書き方を例にして書きましょう。

商品を簡単に説明する
実際に使用する工程を説明し、そのときの感想を入れる
完成形や仕上がりなどの出来栄えを説明し、感想を入れる
総評を書く
購入への導線となるクロージングコピーを書きCTAを設定する

この構成を基にすると、商品の詳しい使用方法や完成形まで消費者に伝えることが可能です。

レビュー記事のポイント

レビュー記事を書く際には、写真を充実させましょう。工程や完成形などは文章だけでは伝わりにくいので、使用前・使用中・完成形など細かく写真を挿入すると伝わりやすくなります。

また、実際に使用していると良い点だけではなく、ちょっと気になる点や「こうだったらいいのに」と思う点も出てくるはずです。このようなデメリットにもなりえるポイントを記事に書くのはためらうかもしれませんが、実は消費者にとって気になるポイントでもあります。

デメリットもあえて記載し、正直にレビューしましょう。この際「こうすると気にならなくなります」といった改善案も記載できると、より消費者の役に立ちます。

とはいえ、自社の商品をレビューするとなると、どうしてもメリットばかりを伝えたくなり主観的な記事になりがちです。客観的なレビュー記事にしたい場合は、社外のライターに依頼すると良いでしょう。さらに拡散させたいのであれば、インフルエンサーに依頼するのも一案です。

商品紹介記事の書き方まとめ

商品紹介記事は、消費者に商品のことを知ってもらうための有効な手段です。構成やポイントを意識して、ストーリー性のある記事で消費者を惹きつけましょう。

また今回解説した商品紹介記事のポイントを参考に、既存の紹介文や記事を改めて見直しリライトを加え、ブラッシュアップすることでWEBサイト全体の質が向上します。

商品紹介文は写真と同じくらい重要だという意識を持ち、写真と同じくらい文章にも力を入れましょう。

弊社、株式会社UP SPICEでは記事制作の代行を承っております。商品紹介記事も得意としており、商品の魅力を最大限に伝えるお手伝いをさせていただきます。

またSEOの視点からのライティングで、検索で上位表示される記事を作成します。多くの流入が期待できるので、売上の向上にも貢献させていただきます。

お問い合わせはWEBフォームから24時間受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

<コンテンツマーケティング領域で実績があるUP SPICEのオリジナル資料プレゼント>

株式会社UP SPICEでは、SEO対策に特化したチェックで記事の上位表示を実現する「SEOライティングチェックリスト50」と進捗管理や記事の企画構成が効率的に行える「企画構成シート」の2つをプレゼントしています。

この機会にぜひダウンロードしていただき、自社のコンテンツ制作にお役立てください!

UPSPICE 編集部

UPSPICE 編集部

多様な記事制作の実績をもつUP SPICEP(アップスパイス)のノウハウを生かし、WEBマーケティング、主にコンテンツマーケティングにおけるあらゆる課題や悩みを解決するコンテンツを提供しています。

記事検索

カテゴリー

Contact お問い合せ

弊社にご関心をお持ちいただきまして、誠にありがとうございます。案件のご相談や料金のお見積もりなど、お気軽にお問い合せください。
担当者よりご連絡させていただきます。

お電話でのお問い合せも承っております。

03-6823-1334

営業時間:10時〜18時(土日祝休み)

Download お役立ち資料ダウンロード

コンテンツマーケティングの実務に使える「お役立ち資料」を、無料でダウンロードいただけます。
ぜひご活用ください。

TOP

CONTACT