SEMとは?SEOとの違いや施策の使い分けを解説

SEO

  • 投稿日
  • 編集日
SEMとは
grooo編集部

WEB担当者の方は「SEO」という言葉は耳にする機会はあるものの、「SEM」は初耳だったり、聞いたことはあるけれど、どんな意味かわからないという方も多いのではないでしょうか。

SEMとは検索エンジンに関わるマーケティング施策のことを指します。この記事では、SEMについて知識を深めながら、SEOとの違いやリスティング広告についても解説していきます。SEMを理解して、さらなるコンバージョン獲得を目指しましょう。

この記事の目次

SEMとは?SEOとの違いとは

SEM 検索エンジンマーケティング

SEMとはSearch Engine Marketing(検索エンジンマーケティング)の略で、検索エンジンに関するマーケティングの総称です。

一方のSEOは、Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)の略で、SEMマーケティング手段のひとつであり、Googleの検索結果の順位を向上させてPV(ページビュー)やCV(コンバージョン)を増やすための施策を指します。

つまりSEMには、SEOとリスティング広告のふたつのマーケティング施策が含まれており、SEOはSEMの一部に過ぎません

SEOとは

SEOとは、Google検索の表示順位を向上させて、自然流入によるセッションの数を増やすための施策を指します。SEOは大きく分けると内部施策、外部施策の2つに分類できます。

内部施策は、Googleにサイト内の情報を正しく伝えるために、タイトルや見出しタグを適切に使ったり、Googleクローラーの巡回を促したり、ユーザーがサイトを閲覧しやすいようにユーザビリティを担保したりといったさまざまな施策を指します。

一方の外部施策は、自社サイトの外部で行う手法で、他のサイトから受けるリンク数を増やし、サイトの評価を上げる施策を指します。ただ単に被リンクの数が多ければ良いのではなく、質の高いサイトからのリンクであることが重要です。質の高いサイトからリンクを得ることで、自社サイトの評価がより高くなります。

リスティング広告とは

リスティング広告とは、検索結果に表示される有料広告枠のことを指します。あるキーワードで検索した際に検索上位に表示されていますので、目にしたことがあるという人も多いでしょう。

リスティング広告は、ユーザーが検索したキーワードを元に表示される仕組みのため、広告を表示するユーザー層を絞ることができます。

たとえば、渋谷で自転車店を営んでいる場合「渋谷 自転車店」「渋谷 自転車修理」といったキーワードで検索したユーザーに対して広告を表示すれば、その広告をクリックしてサイトへ訪問してくれる可能性が高まります。

リスティング広告はこうした目的が明確なニーズに対し、効率的にピンポイントでユーザーを獲得する施策だといえるでしょう。

SEOとリスティング広告の違い

SEMの施策のひとつであるSEOとリスティング広告には、それぞれどんな違いがあるのかをここで明確にしておきましょう。

クリック率

クリック率はリスティング広告よりも自然検索、つまりSEOのほうが高くなります。リスティング広告のほうが上位に表示されているのにもかかわらず、SEOよりリスティング広告のほうがクリック率が低いのは、ユーザーが広告を避ける傾向にあるからです。

一般的なクリック率は、SEOで上位表示している場合は20%、リスティング広告では平均5%といわれています。クリック率だけをみると、リスティング広告よりSEOのほうが優れているといえるでしょう。

費用

リスティング広告は有料枠のため、クリックされるたびに広告費用がかかります。リスティング広告は入札によって広告を表示させる順位を獲得するので、多くのユーザーが検索するキーワードの場合、入札単価が高くなります。

また、多くの方が検索するようなビッグキーワードでは、クリック数が非常に多くなるため課金額が膨大になってしまう可能性があります。ターゲットを絞ったキーワード選定を行うと良いでしょう。

一方のSEOは広告ではないため、クリックされても費用はかかりません。基本的にユーザーに最適なコンテンツを提供するための施策に一定の費用がかかりますが、サイト運営の状況によってかかる費用は異なります。場合によっては思うように順位が付かず、目標としているページビューやコンバージョンの数値に届くまで、期間や費用がリスティング広告よりかかってしまう可能性もあります。

費用については、リスティング広告もSEOも、サイト運営の状況によって大きく変わるといえるでしょう。

コントロール性

コントロール性が高いのはSEOよりリスティング広告です。リスティング広告は入札制のため、予算を調整すれば検索結果の表示順位をコントロールできるからです。つまり、広告費用を増やせば表示順位は上がり、広告費を抑えれば順位を下げることもできます。リスティング広告はコントロール性が高いといえます。

一方のSEOは、Googleのアルゴリズムに応じて順位が決定しますので、サイト運営者は順位をコントロールできません。SEOで順位を上げるには、ユーザーの検索意図を理解し、適切な答えを返していく必要があります。

競合サイトに記載されている情報は自社サイトに記載されているか、漏れはないかを確認し網羅的にかつ、オリジナルのコンテンツを提供していかなければなりません。SEOで順位を自らコントロールするのは非常に難しいといえます。

即時性

検索結果へ即時に自社サイトを表示させたり、順位を変更したりできる即時性はSEOよりリスティング広告が非常に高いといえます。

一方のSEOには即時性が低く、記事を更新し追加したとしてもGoogleに認知されるのにはタイムラグがあります。また、認知されたとしても、すぐに上位表示するわけではありません。

SEOとリスティング広告の比較

SEOとリスティング広告、それぞれどんな違いがあるのかを比較しながら、メリット・デメリットを見ていきましょう。

SEOのメリットとデメリット

SEOのメリットは以下の5つがあげられます。

  • 無料でできる
  • サイトが長期的な資産になる
  • 上位表示すると大きな集客効果がある
  • 購買意欲の高いユーザーを集客できる
  • ブランディング効果がある

SEOは広告費がかからず、無料で検索結果に表示させることができるのが最大のメリットといえます。リスティング広告よりクリック率が高いため、上位表示すると大きな集客効果も見込めます。

また、キーワードを適切に選定すれば、ターゲットとなるユーザーに刺さるコンテンツを提供できるのもSEOのメリットといえます。コンテンツを積み重ねることで、サイト自体が資産になっていきます。

さらに、上位表示されると認知度が高まってユーザーからの信頼を得られやすくなるためブランディング効果があるともいえるでしょう。

一方で、SEOには以下のようなデメリットも存在します。

  • SEOの専門知識が必要
  • 集客に結びつかない場合がある
  • 成果が出るまで時間がかかる
  • ターゲットユーザー以外も集まってしまう

SEOは無料で行えますが専門知識を必要とします。まったく初めてサイトを立ち上げる企業がいきなり取り組むのは負担が大きいでしょう。

また、SEOには即時性、コントロール性がないため上位表示に時間がかかります。さらにコンテンツをいくら積み重ねても確実に集客できるとは限りません。上位表示できないコンテンツがあったり、上位表示したとしても、キーワードが適切でないためターゲットユーザー以外のユーザーが集まる可能性もあります。

リスティング広告のメリットとデメリット

続いてリスティング広告のメリットデメリットを見ていきましょう。

リスティング広告には以下の4つのメリットがあります。

  • 確実性の高い集客が期待できる
  • 予算次第で大きな集客が期待できる
  • ターゲットユーザーを集客できる
  • 効果がリアルタイムで把握できる

リスティング広告は広告費用に比例して集客が期待できます。予算次第では大きな集客も見込めます。少額からでも広告を出稿できますし、効果がリアルタイムで把握できるのもリスティング広告のメリットといえます。

一方のリスティング広告のデメリットは3つあります。

  • 広告費がかかる
  • 資産にならない
  • 広告なのでユーザーに嫌悪感を与える可能性がある

当然ながらリスティング広告は広告のため、必然的に広告費がかかるのが最大のデメリットです。また、広告を打ち切れば検索結果に表示されませんので、WEBサイトを長期的な資産として形成するには不向きです。

さらに、リスティング広告は広告ですので、ユーザーに嫌悪感を抱かせてしまう可能性もあり、企業としてのイメージダウンにつながってしまう場合もあります。

このように、SEOとリスティング広告にはそれぞれメリット・デメリットがあるため、自社サイトにはどちらが適しているかを判断し、効果的に使い分けながらSEMを進めていきましょう。

SEOとリスティング広告の使い分け

SEOとリスティング広告で集客効果をあげるためには、それぞれの特徴を活かしながら施策を進める必要があります。短期的な集客が必要であればリスティング広告、長期的な集客が必要ならSEOが効果的です。

SEOで上位表示するには時間がかかるため、それまでの間、即効性やコントロール性の高いリスティング広告で集客を目指しましょう。リスティング広告は日単位で課金額を調整でき、リアルタイムで効果を計測できますので、予算に応じて細かな出稿の調整が可能です。

一方のSEOでは、長期的な視点をもちながらサイト運営をしていく必要があります。キーワードを選定し、コンテンツを積み上げたとしても、すぐに上位表示したり集客効果が現れたりするわけではありません。

ただし、長期的にサイトを運営して良質なコンテンツを提供していけば、安定して大きく集客できる可能性が高いといえます。サイト内にコンテンツの量が増えていき、適切なSEO対策を講じれば、上位表示を狙えるため十分な集客が見込めます。

このように、SEOとリスティング広告、それぞれのデメリットをカバーすれば効果的にSEMを進められるでしょう。

SEMのまとめ

SEMのまとめ自社サイトで効果的に集客するためには、SEMの理解を深め、SEOとリスティング広告の運用が欠かせません。サイト運営を始めたばかりの企業や短期的な集客を狙っている企業はリスティング広告を、ブランディングも含め、長期的なサイト運営を続けるならSEOを活用してWEBサイトの集客を進めていきましょう。

また、SEOで効果的に集客するには、ユーザーの検索意図に応じた的確な答えを返していく必要があります。良質なコンテンツはWEBサイトの質を高めるため、検索からの確実な集客につながります。

弊社、株式会社groooでは、質の高い記事制作やオウンドメディアの構築から運用、広告運用の支援も可能です。 ご質問は随時承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

記事検索

カテゴリー

Contact お問い合せ

弊社にご関心をお持ちいただきまして、誠にありがとうございます。案件のご相談や料金のお見積もりなど、お気軽にお問い合せください。
担当者よりご連絡させていただきます。

お電話でのお問い合せも承っております。

03-6823-1334

営業時間:10時〜18時(土日祝休み)

Download お役立ち資料ダウンロード

コンテンツマーケティングの実務に使える「お役立ち資料」を、無料でダウンロードいただけます。
ぜひご活用ください。

TOP

CONTACT