SHARE

2018/03/08

ウェブマーケティング初心者必読!アイキャッチ写真の効果と選び方

15本並んでいて右から4本目が赤色で飛び出している様子

ウェブマーケティングの初心者のあなた、「アイキャッチ写真」という言葉をご存知ですか? ここでは、主にウェブメディアを制作・運営するうえで重要とされる「アイキャッチ写真」の効果やその写真の選び方等、初心者向けに分かり易く説明しています。これを読めばすぐに「アイキャッチ写真」を上手に活用でき、コンテンツの底上げに期待できます。

 

アイキャッチって何?アイキャッチ写真の重要性とその理由

そもそも「アイキャッチ」って何なのでしょうか? アイ=目、キャッチ=とらえる、で何となく初心者でも意味は分かりますよね。ウェブサイト上でのアイキャッチとは、ターゲットユーザーの注意を引いて記事へと誘導させ、クリック意欲を刺激することなどを目的とした画像イメージのことです。商品画像の配置や全体のレイアウト、文字通り目を引きつけるような画像イメージがアイキャッチと呼ばれています。

では、実際にアイキャッチのある写真の効果はどのようなものなのでしょう?下の2枚の画像をご覧ください。

アイキャッチ写真がある場合

キャプチャ画像 ブログコンテンツにアイキャッチ画像があるケースのキャプチャ画像

 

アイキャッチ写真がない場合

キャプチャ画像 ブログコンテンツにアイキャッチ画像がないケースのキャプチャ画像

 

どちらも記事の同じ内容なのですが、「読んでみたい!」と興味をひくのは「アイキャッチ写真」の入っている上の記事ではありませんか?文言だけが書かれている下の記事より、パッと目に飛び込む画像はインパクトがあり、記事の内容やイメージがよりわかりやすく、ついついクリックしてしまいます。これぞ「アイキャッチ写真」の魔力ですね。

クリックしてくれるユーザーが増えると、おのずとコンテンツやサイトがユーザーへ拡散していくので「アイキャッチ写真」を活用することは大変効果的なことです。もし現在「なかなか拡散されない」「いいね!数が伸びない、シェアされない」などで悩んでいるのなら、一度「アイキャッチ写真」を見直してみることも大切です。

 

どんなアイキャッチ写真にすればいいの?そのポイントは3つ!

では、ウェブマーケティング上で、コンテンツやサイトの評価を上げる「アイキャッチ写真」とは、どんな写真を選べばよいのでしょうか? 初心者だからこそ押さえておきたい基本的なポイントを3つお伝えします。

1.コンテンツの内容に沿っている写真、記事の内容を象徴するような画像を選ぶこと

当たり前のことのように思いますが、記事によっては画像を選ぶことが難しいコンテンツもあります。そんな時に、もしコンテンツの内容とは関係なく、インパクト重視で関係性の低いものを選んだとします。

ユーザーは写真に魅かれてクリックはしても、読み進めるうちに想定していた内容と違ってくると、すぐに記事から離脱してしまう可能性があります。記事を最後まで読んでもらうためにも、コンテンツ内容に合う写真を選ぶことはとても大切です。

2. 「3Bの法則」をしっかりと押さえる

これは広告業界では常識ですが、ウェブマーケティング初心者としては、きっちりと押さえておきたいところです。広告表現の中で、美人(Beauty)、赤ちゃん(Baby)、動物(Beast)を使うと目を引きやすく、好感を持たれやすいという法則があります。

確かに、ソフトバンクのお父さん犬、ワイモバイルのねこちゃん、アマゾンの人間の赤ちゃんに気に入ってもらうためにライオンになった犬のCM等、どれもかわいい動物たちが登場し、印象に残るものです。この「3Bの法則」はテレビCMなど従来の広告で常識ですが、ウェブ広告でも効果があると考えられています。

3. ポジティブな気分や、未来を感じさせる画像を選ぶこと

1や2での選び方を大前提にしていても、いつも人物や動物の写真が続くと変化がなく、面白みに欠けるとユーザーも飽きてきます。そこで良い印象を与える写真を使ってみるのも効果があります。例えば青い空やキレイな海は、爽やかで明るい気持ちになります。太陽、森や川、山など自然の美しさも心ときめくものがあります。

また新緑や発芽した植物の芽も、成長や未来が感じられ、気分が前向きになります。このように癒されたり、ポジティブな気分にしてくれる写真も記事自体に良い印象を与えるので、効果があります。

 

実際に画像を選んでみよう! 初心者でも簡単に「アイキャッチ写真」選べる便利サイト

画像を選ぶポイントを押さえたら、さあ実践です。実際に画像を作成してみましょう、と言っても、アイキャッチ写真を自分で撮影するのは時間がかかりそうだし、しかもセンスも必要だし、初心者にはいきなりハードルが高いですよね。でも大丈夫。自分で撮影しなくても便利な無料画像をダウンロードすればよいのです。以下おススメのサイト2つをご紹介します。

キーワードを検索して、画像を簡単に見つけることができます。画像をダウンロードするには会員登録が必要ですが、無料で登録することができます。が、一日10回までしか検索できないので、ご注意を。

 

高品質・高解像度の画像を無料でダウンロードすることができます。ダウンロードできる画像の枚数制限はなく、会員登録の必要もありません。

上記2つの無料サイトでは良い画像が見つからない!有料でもよいという方には

 

こちらは有料ですが、ダウンロードした画像をテレビCMや商品パッケージにすることも可能です。

これらのサイトでコンテンツに合った画像が見つかれば、早速ダウンロードして「アイキャッチ写真」に使ってみましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?
ウェブマーケティングの初心者のあなたが、「アイキャッチ」について認知し、その重要性、そして使い方のポイントをスムーズに理解し、「簡単だ!早速作ってみよう!」と思っていただける内容でしたでしょうか?

これを機に今後「アイキャッチ写真」を上手に利用し、あなたのコンテンツやサイト全体のユーザーのいいね!数やシェアが今までよりも増え、コンテンツやサイト全体の評価が上がっていく・・・。この記事が少しでも役立てたら幸いです。

円滑・確実に仕事を依頼するための「ライター指示書」

この度は弊社のライター指示書にご興味をもってくださり、誠にありがとうございます。ライター指示書のダウンロードをご希望の方は、以下のフォームに必要事項をご記入後、送信ボタンを押してください。その後ダウンロードリンクがご指定のメールに送られます。送られたメールに記載されているURLをクリックしていただくと、ダウンロードが可能となります。

最新記事一覧