SHARE

2018/03/08

たった3つのコツだけで「シンプルだけど手抜きじゃないコンテンツ」は作れる!

イメージ画像 青い空に少し雲がかかっていて、そこには電柱が少しだけ顔を出している様子

ウェブマーケティング初心者が陥りやすい「シンプルなコンテンツを作ったはずなのに、読者から手抜きと思われてしまう理由」はなぜ?「シンプル」と「手抜き」の違いを理解して、たった3つのコツを押さえるだけで、読者から「シンプルだけど手抜きに見えない」と納得してもらえるコンテンツ作成を目指します。

 

そもそもコンテンツの「シンプル」「手抜き」の違いはどこから?

皆さんは「シンプル」と「手抜き」という言葉で、それぞれどんなイメージを持ちますか?例えばファッションで「シンプル」と言えば、思い浮かぶイメージは「すっきり」「洗練されている」「プレーンな服でもその人の雰囲気にマッチしている」です。

一方「手抜き」と言えば「ワンパターン」「最低限必要な服の手入れがされていない」。いつも同じ服、同じコーディネート、さらに手入れされていない服が目に付けば「この人は明らかにファッションに手抜きしているな」と思われてしまいます。

これをコンテンツに当てはめると、「シンプルなコンテンツ」とは「すっきりわかりやすい」「デザインが洗練されていて、一目で情報が見つけやすい」「使いやすい」などが言えるでしょう。手抜きしたコンテンツは「最低限必要な情報さえも省かれている」「ワンパターンで面白味がない」ということになるのではないしょうか。

シンプルなコンテンツを作ったつもりなのに、読者から手抜きに見られてしまうケースは、コンテンツが独りよがりになってしまい、必要最低限の情報すら提供していないことが多いのです。
一方「シンプルなコンテンツ」とは、読者目線に立って「わかりやすい」「一目で情報が見つけやすい」「情報量がちょうどよい」「ウェブサイトが使いやすい」といった特色があります。

では、どうしたら「シンプルだけど手抜きに見えないコンテンツ」を作成できるのでしょうか?
シンプルというと漠然としたイメージですが、「シンプルだけど手抜きに見えない」コンテンツを作るための3つのポイントを教えます。

 

シンプルなコンテンツは、読者の目線に立ったレイアウトを!

シンプルなコンテンツには、ターゲットである読者の目線に立ち、一目で情報を得られるようなレイアウトを考えましょう。レイアウトが雑だと、コンテンツ自体が手抜きだと思われて、読者の興味をそいでしまいます。シンプルなレイアウトはページ全体に統一感があり、どこにどんな情報があるのかが一目でわかるものでなくてはなりません。

具体的なレイアウトやデザインは、ターゲットの年齢層やコンテンツの情報量によって異なります。

例えばターゲットが高齢者であれば、複雑なレイアウト構成ではサイトで必要な情報をなかなか見つけることができず、サイトの滞在時間が短くなってしまいます。そのような場合には、フラットデザインにした上で文字を大きくする、余白を多めにとる、背景やタイトルの色はコントラストを付けることなどで、視認性を高めることができます。

ボタンを例にとると、ボタンに見づらい立体的な影を付けるより、フラットなボタンの方が一目で分かりやすく、ターゲットが情報にたどり着きやすくなります。シンプルで読者に配慮されたレイアウトは、読者の「もっと読みたい」という気持ちを引き出すのです。

 

その1 シンプルでもターゲットの望む情報量はきちんと確保!

シンプルなレイアウトで見た目がすっきりしたコンテンツは、情報が分かりやすいことが特徴の一つでもあります。

しかし、読みやすいからと言ってコンテンツ中のテキストをただ短文にするだけでは情報量が少なく、読者に物足りなさや説明不足を感じさせます。情報量が過度に少ないコンテンツは、読者に「これ、本気で作ったコンテンツ?」と思われかねません。

そうならないためには、ターゲットが本当に必要とする情報を吟味し、コンテンツに必要な情報量はきちんと確保しましょう。
コンテンツに必要な情報量は、ターゲットが望んでいる情報の性質によって変わってきます。ここでも読者の立場に立って、作りたいコンテンツの中でターゲットに最低限必要な情報は何かを検討すべきです。

そのためには、このコンテンツの中で読者がどのようニーズを求めているのかを知ることです。例えば、問題を解決するためにこのコンテンツを訪問するのであれば、問題を解決するために必要最低限の情報量がわかります。

ターゲットのニーズをよく知り適切な情報量をコンテンツに反映することで、読者が満足する、シンプルでも手抜きとならないコンテンツを作成できます。手抜きと思われないような、読者の望む情報量をよく知り、提供しましょう。

 

その2 マメな更新で「シンプルだけどいつも同じ」と思わせない

手抜きをしてずっと同じ服を着続けると、生地が傷んだり色褪せたりするように、コンテンツを更新せず古くなった情報のままにしていては読者に手抜きと思われ興味を引くことはできません。

シンプルでも手抜きに見せないためにコンテンツの読者に随時新鮮な情報を提供していきましょう。

例えば、製品やサービスに関するニュースや新たな使い方などを提供することで、「このコンテンツはシンプルで見やすい上にいつも新しい情報を提供してくれる。」と、常にターゲットの興味を引く事ができます。

古いコンテンツを見直して、新しいトピックや情報の提供をするためには、時にはレイアウトを追加する必要があるかもしれません。その場合でも基本となるレイアウトは、先に述べたように他のページとの統一感を出すべきです。

情報には更新する頻度も大切です。頻度はコンテンツの内容によって異なりますが、一か月も二か月もコンテンツをほったらかしにしないようにすることが大切です。
ただし、特にキーワード検索される記事があれば、キーワード調査を充分に行い、むやみにいじらないことも必要です。

 

まとめ 目指せ!シンプルだけど手抜きに見えないコンテンツ!

コンテンツのターゲットを充分に理解し、ターゲットが求めているものとコンテンツのイメージを合致させながら、3つのポイントを押さえていくと「シンプルだけど手抜きに見えない」コンテンツを作ることが出来ます。

シンプルなコンテンツを作るためには、常にターゲットである読者を忘れないことです。

それには読み手の立場に立ち、ターゲットを意識した見やすいレイアウト、読者の満足を得られる適切な情報量、加えてタイムリーな情報の更新があれば、読者に「シンプルだけど手抜きじゃない」と納得してもらえるコンテンツにつながります。

シンプルと手抜きの違いを理解して、「シンプルだけど手抜きに見えないコンテンツ」を目指しましょう。

 

groooライター育成スクールはこちら↓

コンテンツマーケティングの記事一覧

最新記事一覧