何を選ぶか?何をテーマに書くか?キーワード選びが生命線

ユーザーニーズは、キーワードとして顕在化しています。キーワードこそが、知りたい情報そのもの。「何をテーマに記事を書くか?」は、コンテンツの成果を左右する重要な視点。
ゴール見込みのあるキーワードの選定がマストなのです。思いつきや闇雲に決めてしまうのではなく、groooは、徹底的に調査分析をした上で貴社に必要なキーワードをピンポイントに選定します。

キーワード分析の前にお客様の事業・業界をしっかり理解する

狙うべきキーワードは「何となく」や「思いつき」ではなく、しっかりとした調査と分析をベースにロジックを持って選定することが大事です。
キーワード選定における3つのステップ(洗い出し・分類・絞り込み)においてgrooo独自のメソッドを確立。様々なデータ情報からキーワード群を抽出し精査。自社が今、本当に狙うべきCV獲得に適したキーワードを戦略的にピックアップします。

キーワード候補がない場合、ユーザーニーズの深掘りからスタート

キーワード候補がない場合は、主要キーワードを出すところから始めます。顧客の思考を想像するためにカスタマージャーニーマップを作成します。各タッチポイントよりニーズを把握し、どのようなキーワードがあるかを考えます。
ここでのポイントは、潜在層・顕在層だけではなく、すでにサービス商品を利用している顧客層(リピーター向け)のニーズも忘れず拾うことが大切です。全体を見つめ、各ファネルのユーザー心理をそれぞれを深掘りした上で、主要キーワードを決めていきます。

上位表示している競合サイトの獲得キーワードを徹底的に洗い出す

上位表示されている競合サイトの流入キーワードを徹底的に洗い出して調査します。いくつものツールを使って、総合的にデータを精査し運営サイトが既にある場合は、様々な切り口から自社の流入キーワードと比較して分析します。
自社サイトに足りていない部分、弱い部分を把握する事で、狙うべきキーワード候補を見つけ出します。

キーワードを関連性によりグルーピングし整頓する

抽出されたキーワード候補(自社サイトの非獲得ワード)は、関連性によりグループ分け作業をしています。類似ワードでグルーピングをすることで、キーワード同士の掛け合わせが見えてきます。さらには重点的に対策すべきキーワード群を決定します。ひとつの記事に関連する複数のワードを意図的に盛り込む事で効率的に上位表示を狙い、パフォーマンスをあげることが期待できるのです。
また記事内容に深みを与え、読者にとってより有益で満足度の高いコンテンツに仕上がります。

Contact お問い合せ

弊社にご関心をお持ちいただきまして、誠にありがとうございます。案件のご相談や料金のお見積もりなど、お気軽にお問い合せください。
担当者よりご連絡させていただきます。

お電話でのお問い合せも承っております。

03-6823-1334

営業時間:10時〜18時(土日祝休み)

Download お役立ち資料ダウンロード

コンテンツマーケティングの実務に使える「お役立ち資料」を、無料でダウンロードいただけます。
ぜひご活用ください。

TOP

Back