予想外!2020年12月Google大規模コアアップデート【傾向】

SEO

  • 投稿日
  • 編集日
2020年12月Google大規模コアアップデート
grooo編集部

この記事の目次

Googleは、米国時間2020年12月3日(日本時間12月4日)に、大規模なコアアルゴリズムアップデート(The December 2020 Core Update)の実施についてリリースしました。
コアアルゴリズムの見直しにより、掲載順位の変動・流入数の変化など、広範囲に変化や影響が現れる可能性があります。自社webサイトでも順位の大変動(上昇・下落)が起こるかもしれないため、推移に注視しておきましょう。

Google発表!2020年12月コアアップデートロールアウトを開始

Googleは、2020年12月3日(日本時間の12月4日未明)にコアアルゴリズムアップデートのロールアウトを開始すると発表しました。1~2週間かけて完了する予定です。
調整に入ることにより、しばらくは検索順位が不安定になることが予測されます。
大規模なコアアルゴリズムアップデートは、5月に実施された以来7ヶ月ぶりです。
今回は消費活動が活発になる年末の実施となり、クリスマスやお正月商戦に大きな影響を及ぼす可能性が出てきました。

12月17日に完了しました。

 

コアアルゴリズムアップデートとは?

Googleは、年に数回(3,4ヶ月周期)、検索アルゴリズムとシステムを見直し、大規模な変更・更新をします。これをコアアップデート(コアアルゴリズムアップデートの略称)と呼んでいます。
Google公式のTwitterなどで事前告知の後に実施されています。今回は、Search Consoleのコミュニティでもアナウンスされています。

検索アルゴリズムを見直すことにより評価基準が変わり、順位変動の動きも大規模なものになります。
これにより、「サイトが飛んだ」「掲載順位が大幅アップ」など、ネガティブorポジティブな実況や報告がTwitterなどで飛び交います。サイト運営に関わるものにとっては、見逃すこそができないホットなニュースです。

アップデート対策は変わらず「コンテンツに集中する」こと

コロナ禍でオンライン需要が高まっていること、消費が活発な時期ということもあり、今回のコアアップデートの影響は企業の業績にダイレクトに影響する可能性があります。
Webからの問い合わせや申し込みといったコンバージョン、またオンラインショップでの売上などは、検索結果(順位変動)の影響をうけやすいため、動向が気になるところでしょう。

しかし、Googleは、一連の告知Twitterの中で以下のように述べています。

ブログ記事「What webmasters should know about Google’s core updates」を挙げ、「Our guidance about such updates remains as we’ve covered before. 」(このような更新に関するガイダンスは、以前に説明したとおりです)と。

▼What webmasters should know about Google’s core updatesの日本語版をご確認ください。
Google のコア アップデートについてウェブマスターの皆様が知っておくべきこと

「以前に説明した通り」つまり、ブログ記事にあるように「コンテンツに集中すること」は変わらず重要ということを示しているのです。
したがって、コンテンツを作る我々にとって、実施できること・取り組む姿勢はなんら変えることなく、ユーザーにとっての高品質なコンテンツを制作し提供し続けることが大事だと言えるでしょう。
独自性はあるか?専門性はあるか?読みやすいか?信頼できるか?など、基本の視点を大事にし、ユーザーの方を向いたコンテンツ制作・発信を引き続き行っていきましょう。アルゴリズムが変わろうと、アップデートが実施されようと、やるべきことは変わりません。

 

Googleが最重視するE-A-Tを再確認すべし

この機会に、Googleのコンテンツ評価の基準を、今一度しっかりと理解しておくことをおすすめします。

特に、SEOにおいて非常に重要な要素の1つ、E-A-Tの概念(専門性・権威性・信頼性)は、ページの品質に大きく関わることから、重要視しましょう。
Googleの「検索品質評価ガイドライン(General Guidelines)」に、134回も登場していることからも明確です。
Content is Kingの今、E-A-Tの対策をきちんと行ったコンテンツこそが、ユーザーにもGoogleにも評価される近道です。

以下のポイントから、チェックしてみてください。

  • 特定のジャンル・領域における専門家が作成、監修をしたコンテンツがあるか(権威性UP
  • 特定のジャンル・領域における専門家が作成、監修をしたコンテンツがあるか(権威性UP
  • ・コンテンツの作成者、運営責任者・運営会社などの情報を提示しているか(信頼性UP

 

【追記】コアアルゴリズムアップデートの傾向と影響

今回のDecember 2020 Core Update によって、以下の傾向がみられました。

・ドメインパワーが強いと想定されるサイトの下落
・コンテンツの品質を重要視し、専門性の高いコンテンツが高評価
・ユーザーニーズを網羅しているコンテンツの順位上昇
・順位が下落傾向にあるジャンル・キーワード(金融・不動産・ローン)
・順位が上昇傾向にあるジャンル・キーワード(教育・感染対策・税)
・2020年5月に実施されたコアアップデート以前の検索順位に近い検索結果に

 

お問い合わせフォーム

記事検索

カテゴリー

Contact お問い合せ

弊社にご関心をお持ちいただきまして、誠にありがとうございます。案件のご相談や料金のお見積もりなど、お気軽にお問い合せください。
担当者よりご連絡させていただきます。

お電話でのお問い合せも承っております。

03-6823-1334

営業時間:10時〜18時(土日祝休み)

Download お役立ち資料ダウンロード

コンテンツマーケティングの実務に使える「お役立ち資料」を、無料でダウンロードいただけます。
ぜひご活用ください。

TOP

CONTACT