インタビュー記事の書き方|取材から執筆までの流れと面白くするコツ

コンテンツマーケティング

  • 投稿日
  • 編集日
インタビュー記事の書き方
grooo編集部

オウンドメディア運営で課題となるのがネタ切れ。そんなとき、新しいカテゴリーとしてインタビュー記事の作成にチャレンジしたいと思う方も少なくありません。
ただしインタビュー記事は、取材をする必要があったり書き方がわからなかったりして、ハードルが高いと感じてしまいがちです。
そこで今回は、インタビュー記事の書き方を解説します。取材から記事執筆までの流れだけでなく、取材マナーや記事を面白くするコツも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

この記事の目次

インタビュー記事とは

インタビュー記事とは、誰かに対して取材を行い、取材内容を基にして文章にした記事のことです。リアルなメッセージを発信することができるため信ぴょう性があり、他のメディアにはないコンテンツとなるので独自性もある記事になります。
ちなみにインタビューや取材の対象となる人物を「インタビュイー」、取材をする人物を「インタビュアー」と呼びます。

インタビュー記事の目的

インタビュー記事を制作する目的は、主に3パターンあります。目的によってインタビュイーや取材内容が異なるため、自社のオウンドメディアにどのようなインタビュー記事が必要か検討しましょう。

事例紹介、お客様の声

自社の商材を利用している取引先や顧客に取材を行い、活用方法や利用した効果などを記事化します。実際に利用している顧客の感想を紹介するため信頼度が高まり、購入・導入を検討しているターゲットに対しての訴求に効果的です。

採用、ブランディング

インタビュー記事は、自社の採用活動やブランディング活動のためにも有効です。自社の経営者や社員に対して、企業理念や職場環境などを取材します。文章だけでなく写真も効果的に使うことで、会社の魅力を伝えることができるコンテンツになるでしょう。

開発エピソード

商材のアピールやブランディングを目的として、その商材の開発担当者に取材して記事化します。開発の裏話やエピソードを盛り込むことでターゲットが興味を持ってくれるきっかけになります。

インタビュー記事の形式

インタビュー記事の形式は、主に3パターンに分類されます。記事の目的や読みやすさなどによって最適な形式を採用しましょう。

対談形式(Q&A)

インタビュアーの質問にインタビュイーが答えていく形式の記事です。対談形式では実際に会話をしているように感じてもらうよう、かしこまった文章ではなく自然体の話し言葉を用いることが一般的。親しみやすく臨場感のある記事に仕上がります。

【例】
-この度はMVP受賞おめでとうございます。
ありがとうございます。今回の試合では、自分の持ち味を発揮したプレイをすることができたと思います。ただし、終盤はペースを崩してしまったことが残念でした。

-確かに試合終盤は得点がなかったようですね。息が上がっていたようですが、そのことが原因ですか?
そうなんです、スタミナ不足で集中力が切れてしまいました。チームとしてはベストな状態だったので、完全に僕の責任ですね。今後はさらに体力強化をしていこうと思っています。

モノローグ形式(一人称)

インタビュアーの存在を消し、インタビュイーが一人で話しているようにまとめる形式です。本人になりきった文章のため、人柄やメッセージを表現するのに最適。一般的には「です・ます」調の会話体でまとめます。

【例】
今回の試合では、自分の持ち味を発揮したプレイをすることができたのでMVPを受賞することができました。しかし試合終盤はスタミナ不足で集中力が切れてしまい、ペースを崩してしまったことが課題です。僕個人の課題でチームの状態を下げるわけにはいかないので、今後は体力強化に励みたいと思います。

ルポ形式(三人称)

第三者の立場からルポルタージュ風にまとめた形式の記事です。「だ・である」調で論理的な流れにすることができ、説得力のある記事になります。

【例】
今回のA選手は本当にすごかった。持ち味を活かしたプレイで得点を重ねMVPを受賞したのだ。しかし試合後の彼に会うと、その表情は少し暗かった。理由を尋ねてみると、試合終盤でスタミナがなくなり集中力が切れてしまったという。確かに試合終盤、彼の得点は0。チームがベストな状態だからこそ、自分の課題でチームのモチベーションを下げたくないと彼はつぶやいた。

取材の事前準備の流れ

取材の事前準備の流れ

インタビュー記事の概要について理解したところで、ここからは実際の取材・インタビュー記事の流れを確認しましょう。
まずは、取材の事前準備のプロセスから解説します。
良いインタビュー記事を書くためには質の高い取材をする必要があります。取材当日に行き当たりばったりの取材をしてしまっては、記事の素材となる情報を手に入れることができません。入念に事前準備をして当日を迎えましょう。

目的と取材対象を決める

まずは、どのようなインタビュー記事を制作するのかを決めます。先述の「インタビュー記事の目的」にあるように、どのような目的のインタビュー記事にするのか方向性を決めましょう。
目的を決めたら、取材対象となる人物(インタビュイー)も選定します。目的によってインタビュイーがお客様なのか社内なのか変わります。
インタビュイーの人柄(話し上手、話しやすい)によっても取材の内容が変わってきます。お客様に取材する場合は、導入している商材や売上だけで判断するのではなく、営業担当者にもヒアリングをして取材を受けてくれそうなクライアントを探しましょう。

アポイント

インタビュイーが決まったら、取材を受けてくれるかどうかアポイントを取り、場所と日時を決めましょう。
社内の場合はお互いの時間が空いているときに会議室や打ち合わせブースを利用して取材をすることができますが、お客様に取材する場合は取材場所について注意が必要です。
お客様の会社の会議室を利用させてもらうことができれば良いのですが、すでに予約が埋まってしまっていたりそもそも会議室がなかったりすることもあります。その場合は自分で貸し会議室などを予約しておかなければいけません。
時には、お客様からカフェなどを取材場所として指定される場合もあります。もちろんカフェでも取材は可能です。しかし、ボイスレコーダーに雑音が入ってしまったり撮影ができなかったりするというデメリットもあるため、その点を考慮して検討しましょう。

徹底的な事前リサーチ

無事にアポイントが取れたら、インタビュイーについて徹底的にリサーチを行います。インタビューについて深く知っていることで話題も広がるため、事前リサーチによって取材の質が左右されるといっても過言ではありません。
特に、専門的な分野に特化した人物取材をする場合、インタビュアーも知識を持ち合わせていなければ会話にすらならない場合があります。専門用語や必要最低限の知識は押さえておきましょう。
またお客様に取材する場合は、導入商材と導入期間、そしてどのような効果を得ているのかもチェックしておくべきです。顧客管理ツールで確認したり、営業担当者にヒアリングしたりしてください。

質問内容を決める

リサーチした情報を基にして、当日の質問内容を決めていきます。
目的やテーマによって質問内容は異なりますが、こちらが聞きたいと思っていることをインタビューが自然な流れで話せるように質問を組み立てましょう。当日どのようなことを聞くかで記事の内容も大きく変わるため、目的に合わせた質問を用意することがポイントです。
例えばオウンドメディアでよく取り上げられる「お客様の声」のインタビュー記事の場合、以下のような流れで質問していくとスムーズに進めることができます。

  1. 課題:導入を検討するきっかけとなるバックグラウンドを聞く
  2. 導入理由:導入の決め手となった他社製品との違いやメリットを聞く
  3. 導入後の運用:導入してからどのように運用しているのかを聞く
  4. 効果:導入したことでどのような効果を感じているのかを聞く

核となる質問項目のほかにも、スムーズに話題を展開できるよう補足となる質問もいくつか用意しておきましょう。例えば、いきなり「なぜ当社の製品を選んだのでしょうか?」という質問をするよりも、その前に「製品を選定する際に、どのようなポイントに注目しましたか?」というワンクッションを挟むことで流れが自然になります。
また、取材当日はインタビュイーが緊張してしまったり話に詰まってしまったりすることも考えられます。そうなったときのために質問項目は多めに考えておくと安心です。

取材内容を共有する

取材の場所・時間や質問項目が決まったら、内容をまとめた企画書を作成してインタビュイーに送付しましょう。
当日いきなり取材に入ると、インタビュイーの準備ができておらず回答を考えるのに時間がかかってしまいます。そのため、取材の目的や質問内容を事前に共有しておくことによって、インタビュイーが事前に準備をすることができます。
企画書にはすべての質問項目を記載する必要はありません。取材の軸となる大まかな質問項目のみ記載するだけで充分です。

 

取材当日の流れ

次は取材・インタビュー当日の流れを解説します。ここまででしっかりと準備ができていても、取材が初めての人は不安もあるかもしれません。
取材当日は以下のポイントを意識して進めていきましょう。

取材の必需品

取材当日は以下のものは必ず準備していきましょう。

・ボイスレコーダー(複数台)
録音機能があるスマホアプリもありますが、スマホの電池が切れてしまう可能性もあるため、なるべくボイスレコーダーを持っていきましょう。
インタビュイーとの距離が近い場合は真ん中に1台置くだけでも構いませんが、距離がある場合はインタビュイー側に1台と自分側に1台置くようにします。
また、インタビュイー側が複数人同席することも考えられます。予備も含めて3台ほど用意しておくと良いでしょう。

・パソコンorメモ(質問事項を印刷したもの)
インタビューの回答をメモできるよう、パソコンもしくは質問事項を印刷したメモを持参しましょう。手元に質問事項のメモを置いておくことで台本代わりにもなり、安心感があります。

・カメラ
カメラマンが同席しない場合はインタビュー記事用の写真を自分で撮影するため、カメラも用意する必要があります。
録画機能のあるカメラを定点で設置しておくと、音声の録音もできますし、場面を切り取って写真にすることもできるので便利です。

・名刺
初めて会うお客様の場合は、必ず名刺も持参してください。ビジネスの基本として忘れないよう気をつけましょう。

アイスブレイクで緊張を解く

取材だからと言って、顔を合わせてすぐに取材に入ることは避けましょう。取材が初めての人は緊張していることが多いので、まずは緊張を解いてインタビュイーとの距離を縮めることが大切です。
商談などと同じようにアイスブレイクの時間を設けて、インタビュイーとの信頼関係を作りましょう。温度感が上がると饒舌に話してくれる人が多いので、取材の質も上がります。

取材中は興味を持って話に聞き入る

取材中は相手の温度感を上げていくことで取材を盛り上げることができます。インタビュアーが興味を持って話を聞き入っている様子を見ると、インタビュイーも嬉しくなってたくさん話してくれるはずです。「それでそれで!?」といったように、話を聞く姿をアピールしてみましょう。

タイムコントロールをする

その日に確保している時間が60分だとすると、取材前の挨拶・アイスブレイクや取材後の写真撮影など除き、取材自体には45分くらいしか時間をかけることができません。限られた時間で聞きたい内容を聞くためには、インタビュイーのタイムコントロールがポイントになります。
取材を盛り上げることは大切ですが、盛り上がりすぎて時間が足りなくなり、記事のネタとなる話題を聞けないまま終わってしまっては意味がありません。
ひとつの質問でずっと話してしまったり脱線してしまったりすることもあるため、インタビュイーが適宜質問などを挟みながら誘導していきましょう。

メモを取ることに集中しない

インタビュイーの話を聞き洩らさないようにメモを取ることは大切ですが、それだけに集中してしまうと話が途切れてしまうこともあります。書くスピードよりも話すスピードのほうが早いので、すべてメモを取ろうと思わず「録音データがあるから大丈夫」くらいの気持ちで進行しましょう。

取材時のマナー

最後に、取材時に最低限守ってほしいマナーを説明します。

・取材前
録音や撮影をする場合は、必ずインタビュイーに許可を取りましょう。録音データや撮影データは記事制作以外の用途に使用しないことも伝えてください。
また取材に入る前に、改めて取材の目的を伝えることと大まかなタイムスケジュールを確認することも大切です。取材自体にどのくらいの時間をかけられるのか共有しておくことで、取材中に脱線してしまっても「残りあと10分になってしまったので、最後の質問よろしいでしょうか」と切り出すことができます。

・取材後
取材後は改めて感謝の気持ちを伝えましょう。取材のために時間を作ってくれていますし、インタビューによっては資料やパワーポイントなどを用意してくれる場合もあります。心からお礼を伝えてください。
また、必要に応じて言い回しや表現方法を変えさせてもらう点も許可を取っておきます。話し言葉を文章にしただけでは伝わらない部分もあるので、付け足したり表現を変えたりしてわかりやすい文章にさせてもらうことを伝えましょう。

 

取材後の流れ

取材後の流れ

取材が終わったら、いよいよインタビュー記事の執筆に進みます。ここからはインタビュー記事の書き方を一つずつ解説します。

文字起こし

録音データを聞きながら文字起こしをすることから始めましょう。10分程度の音源を文字起こしするには、平均して約1時間必要だと言われています。取材の録音データが長いほど文字起こしの工数もかかるので、最初に工数の見積もりをしてから始めましょう。
もし文字起こしに時間をかけられない場合は、クラウドソーシングサービスなどで外注する方法も一つの手です。
文字起こしの方法は主に3つあります。必要に応じて選びましょう。

・素起こし
話した言葉を全て書き起こす方法が「素起こし」です。「あー」や「えーと」などの言葉や、言い間違った言葉など、発した言葉を全て文章化します。書き言葉としては意味が伝わりにくいですが、一字一句正確に文字にするためそのときの雰囲気を思い起こしやすくなるでしょう。

・ケバ取り
「ケバ取り」とは「えー」「えっと」などの意味のない言葉を取り除いて書き起こす方法です。無駄な言葉がなくなるぶん読みやすくはなります。しかし単語の順序などはそのままで文章化するため、まだまだ書き言葉としては意味が伝わりにくいです。

・整文
ケバ取りした文章をさらに読みやすくするのが「整文」です。例えば「知りませんでした、私、そのこと」という話し言葉を「私、そのことを知りませんでした」と書き換える作業のことを言います。より書き言葉として伝わるように修正するため、最も時間がかかる文字起こしの方法です。

インタビュー内容をじっくりと振り返る

文字起こしした内容や取材メモ、当日の録画データなどを見返し、取材した内容をじっくりと振り返ります。
取材中に聞き漏らしていたキーワードや印象に残るフレーズが見つかることもあります。また、脱線したところに記事のネタとして使えそうな話題が入っていることもあるので、取材内容をじっくりと見返してインタビュー記事の構想を練りましょう。

インタビュー記事の構成を考える

いきなり執筆に進まず、記事の骨組みとなる構成を考えてから執筆に進みましょう。
例えば「お客様の声」の構成であれば、質問項目と同様に「課題」→「導入理由」→「導入後の運用」→「効果」という順序にするとスムーズに展開します。大見出しや小見出しを作り、読みやすく構成しましょう。
ただし必ずしも取材で聞いた順序で構成する必要はなく、読み手に伝わりやすくするために取材内容の順番を入れ替えて書いても問題ありません。
このとき、対談形式・モノローグ形式・ルポ形式のうちどの形式にするかも選択しましょう。ビジネスのインタビュー記事はどの形式でも構いませんが、対談形式が最も書きやすいのでおすすめです。

執筆

文字起こしした内容や構成を基にして、記事を執筆していきます。話し言葉をそのまま書くと意味が伝わりにくくなってしまうので、必要に応じて主語・述語を入れたり助詞を加えたりしましょう。
言い回しや表現などを修正し、文章として読みやすくなるように調整していきます。
ただし、インタビュイーが発していない言葉を書くことは嘘になってしまいます。執筆していると「もっと良く表現したい」と思ってしまって過剰に修正しすぎてしまうこともあるため注意してください。

校正、編集

執筆が完了したら、誤字・脱字のチェックや文章としておかしなところがないか確認しましょう。自分で確認することも大事ですが、第三者にチェックしてもらうことで自分が見落としていたポイントに気づくこともあります。

インタビュイーへ最終チェックを依頼

校正と編集が終わったら、インタビュイーにインタビュー記事の内容をチェックしてもらいましょう。修正してほしいという要望があれば、その内容を反映します。
なるべく完成形に近い形を見てもらうことで修正回数を減らすことができるため、文章と写真を入稿したプレビュー画面を提出することをおすすめします。

 

インタビュー記事を面白くするコツ

インタビュー記事を面白くするコツ

インタビュー記事はちょっとした工夫で面白くすることができます。興味を持って読んでもらうために、インタビュー記事を作成する際には以下のコツを押さえましょう。

取材当日は盛り上げる

取材の質によって、記事の質も変わってきます。取材当日は取材の質を高めるためにインタビュイーにうまく話を聞き出すことがポイントとなります。そのため、インタビュイーの温度感を上げられるよう、なるべく盛り上げる雰囲気作りを意識しましょう。

振り返るときにはインパクトのあるフレーズを見つける

取材内容を振り返るときは、当日の流れや雰囲気を思い返すだけでなくインタビュイーの発言を一つひとつ丁寧に確認していきましょう。インパクトのあるフレーズや印象に残るキーワードを見つけることができれば、記事の軸となったりタイトルや見出しに使用したりすることができます。

記事冒頭には企業情報やインタビュイー情報を

読み手がスムーズに記事の内容を読み進めることができるよう、インタビュー記事の冒頭にはインタビュイーの企業情報や本人の情報を入れることをおすすめします。
読み手が「どんな業界でどのような事業をしている会社が導入しているのか」「どんな役職でどのような仕事をしている人が利用しているのか」という情報を事前に把握しておくことで、グッと興味を引くことができるでしょう。

インタビュイーの人柄が伝わるエピソードも取り入れる

インタビュー記事は、インタビュイーの人柄が伝わるように書くことで親しみが生まれ、読み物としてさらに面白くなります。
例えば「なかなか部下の協力を得られなかったから、一人ひとりとミーティングをして説明した」というエピソードを付け加えるだけで、インタビュイーの真面目で誠実な人柄が伝わります。

ストーリー性や読みごたえを意識する

インタビュー記事だからと言って、淡々とした質疑応答の記事では盛り上がりに欠けてしまいます。インタビュー記事はよりリアルな情報を発信できるからこそ、読み物としての面白さも追求しましょう。
起承転結を意識した構成にすることで、ワクワクとした気持ちで読み進めることができます。またエピソードを多く盛り込むと、ストーリー性のあるインタビュー記事に仕上がります。

 

読みごたえのあるインタビュー記事のご依頼はgroooまで

私達、株式会社groooでは、インタビュー記事の制作代行を行っております。読了率の高いコンテンツを得意としており、インタビュー記事も読みごたえやストーリー性の高さを意識して作成しています。
執筆だけでなく取材からご依頼いただくことも可能なので、インタビュー記事が初めての方や取材が苦手な方はぜひご相談ください。
お問い合わせは電話・メールどちらでも受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

<コンテンツマーケティング領域で実績があるgroooのオリジナル資料プレゼント>

株式会社groooでは、SEO対策に特化したチェックで記事の上位表示を実現する「SEOライティングチェックリスト50」と進捗管理や記事の企画構成が効率的に行える「企画構成シート」の2つをプレゼントしています。

この機会にぜひダウンロードしていただき、自社のコンテンツ制作にお役立てください!

記事検索

カテゴリー

Contact お問い合せ

弊社にご関心をお持ちいただきまして、誠にありがとうございます。案件のご相談や料金のお見積もりなど、お気軽にお問い合せください。
担当者よりご連絡させていただきます。

お電話でのお問い合せも承っております。

03-6823-1334

営業時間:10時〜18時(土日祝休み)

Download お役立ち資料ダウンロード

コンテンツマーケティングの実務に使える「お役立ち資料」を、無料でダウンロードいただけます。
ぜひご活用ください。

TOP

CONTACT