トレンドや旬なキーワードの調べ方とは?アフィリエイトでの収益化方法とツールも紹介!

コンテンツマーケティング

  • 投稿日
  • 編集日
トレンドキーワード
grooo編集部

この記事の目次

自社メディアのブログを用いてアクセスを集めるには、悩みの深いキーワードやロングテールキーワードで執筆するなどの方法が挙げられます。

これらのブログ記事の執筆は、集客までに時間がかかりますが、正しいSEO対策がされていれば、定期的に加筆修正やリライトを行うだけで持続的に収益化ができるようになります。

一方で、持続性は劣るものの、アクセス増加に即効性がある「トレンドキーワード」を用いたブログ執筆で収益化を図る方法もあります。

そこで、今回はトレンドキーワードを用いたブログ執筆のコツや、トレンドアフィリエイトの方法などについて詳しくご紹介していきます。

トレンドキーワードとは?

はてな

トレンドキーワードとは、話題や流行となっているキーワードや、今後話題になると予測できるキーワードを指します。

トレンドキーワードには「クリスマス」「バレンタイン」「夏祭り」など、季節ごとのイベントで検索数が増加するものもあれば、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌など、さまざまなメディアで話題になって検索数が増えるものもあります。

季節性のあるトレンドキーワードは、検索数が増加する時期を予測できるので、ある程度事前に対策が可能ですが、話題性のあるトレンドキーワードに関しては、キーワードの選出にはツールの使用や予測スキルが必要になります。

これらのトレンドキーワードを使った記事執筆・投稿を行い、一時的にアクセスを増加させることが可能です。しかし、トレンドが終わってしまうと検索数が急激に落ちるため、アクセス数を維持させるには日々の記事追加が必要になります。

トレンドアフィリエイトとは?

トレンドアフィリエイトとは、トレンドキーワードが含まれた記事を使ったアフィリエイト手法です。アフィリエイトは成果報酬型とクリック型に分かれますが、主に使われるのはクリック型の広告になります。

クリック型広告とは、クリックされるだけで成果が発生する広告を指し、さまざまな種類があります。代表的なものはGoogleアドセンスが挙げられ、1クリックあたりの単価が高いことから企業・個人問わず活用されています。

一方で、季節性のトレンドキーワードは事前に対策が立てられるため、お正月には「おせち」バレンタインには「チョコレート」など、ASPが広告を扱っているものについては成果報酬型を用いるケースもあります。

アクセス数を増やすため、トレンドを発信した自社SNSやYouTubeなどから自社メディアのブログへ流入させるという集客経路を展開させることも可能です。

トレンドアフィリエイトで収益化する3つのポイント

アフィリエイトにおける記事の書き方とジャンル選定

トレンドアフィリエイトは成果報酬型広告と比較すると、1クリックあたりの単価が低いこと、クリック率(CTR)もGoogleアドセンスの場合は1%が平均と言われていることから、収益化と呼ぶレベル(月数十万円〜)まで発展させるには非常に難易度が高いと言えます。

Googleアドセンスを使ったトレンドアフィリエイトで収益化するためには、CTRをどこまで高められるかが鍵となり、次の3つのポイントを押さえる必要があります。

  • SEOを意識した記事執筆
  • スピード感を持った記事執筆
  • トレンドキーワードの選定

それぞれ見ていきましょう。

SEOを意識した記事執筆

トレンドアフィリエイトでも「どのようなターゲットを設定してどのような構成で執筆するか」というSEOライティングの基本は押さえる必要があります。

トレンドキーワードを使って記事執筆をすることにより、流行や話題と直結する記事内容となるので上位表示できる可能性が高くなります。

しかし、トレンドキーワードを使った記事執筆は、競合他社も同じように取り組む可能性が高いので、差別化を図るためにキーワードに付随する情報は少しでも多くインプットし、コンテンツに落とし込むことが不可欠です。

そのため、ユーザーがそのキーワードを検索することでどんな悩みを解決したいのか(知りたい・購入したいなど)というSEOの基本を押さえて執筆することが必要です。

SEOに強い記事を書く!即実践できるライティングのコツ【保存版】

スピード感を持った記事執筆

トレンドアフィリエイトでは、情報の鮮度が命ですので、競合に負けないためにもスピード感を持った執筆が大切です。執筆スピードから投稿スピードまで、少しでも早く投稿してアクセスを集める、という意識で執筆に取り組むことが必要になります。

更新頻度が高いブログは更新頻度が低いブログよりもGoogleのインデックススピードが上がるので、毎日更新し続けたいところです。

しかし、調べれば誰でもわかるような、内容が無い数百文字程度のブログを掲載し続けていても、なかなかGoogleからの評価を受けることができません。

SEOと文字数には関係性が無いことは下記の記事でもご紹介していますが、それでも最低1記事1,000字数以上を目安として執筆することが重要です。

記事コンテンツにおけるSEOと文字数の関連性は?ブログは長文が最適?

トレンドキーワードの選定

トレンドキーワードだけの情報ではコンテンツ内容が充実しないことや、調査が簡単なトレンドキーワードを使って記事執筆をしただけでは、競合他社サイトのドメインパワー(サイトのドメインが、検索エンジンからどのくらいの評価をされているか」といったドメインが持つ力のこと。)に負けてしまい、上位表示が難しい場合もあります。

そんな時はロングテールキーワード(2語、3語以上の複合キーワード)で競合が使うようなキーワードからずらした内容で記事執筆することをおすすめします。ずらした内容とは、ユーザーの顕在ニーズではなく、潜在ニーズを考えることで見えてきます。

例えば「PS5 発売」というキーワードからずらしたキーワードを考える場合、値段が知りたいユーザーに向けるのであれば「値段」「価格」など、PS4との違いが知りたいユーザーは「機能」「違い」「できること」などが挙げられます。

このずらしのテクニックはトレンドアフィリエイトだけではなく、SEOライティングにも応用ができるので、ぜひ身につけておきたいスキルです。

トレンドキーワードの種類と探し方

ショートレンジ ロングレンジ
メリット ・競合が少ないうちに短期的にアクセスを集めやすい ・検索需要の時期が長く、安定したアクセスを見込める
・コンテンツを資産化できる
デメリット 検索需要の時期が短い ・競合が多く早期での上位表示は難しい

トレンドキーワードは季節性のものや、さまざまなメディアで取り上げられることによって検索回数が上昇する話題性があるものに分けられます。これらのキーワードは専門用語で「ショートレンジキーワード」「ミドルレンジキーワード」と呼ばれ、トレンドアフィリエイトにおいて、この2つのキーワードに関する理解は必要不可欠なものになります。

これらのキーワードは事前に予測して把握することができるものや、今話題になっているキーワードを調査することで見つけられるものなどさまざまです。そこで、キーワードの種類や探し方について掘り下げてご紹介していきます。

ショートレンジキーワードとは

ショートレンジキーワードとは、時事ネタなどのニュースで今この瞬間話題になっており、検索数が急上昇しているキーワードを指します。

検索数が上昇する期間は1日から数日間のうちという非常に短い期間であり、キーワードによってはそれ以降全く検索されなくなるものがありますので、ショートレンジキーワードを用いて記事執筆する際は、特にスピーディな対応が求められます。

具体例として芸能人のゴシップや、新商品の発売、アーティストの新曲などが挙げられます。一方、スピードを重視するあまり、文字数が少ない低品質な記事にならないよう注意が必要です。

ミドルレンジキーワードとは

ミドルレンジキーワードとは、毎年あるイベントなどに検索数が上昇する、季節性を含んだキーワードなどを指します。

検索数が上昇する期間は、数日間から数週間のうちであり、ショートレンジキーワードと比較すると期間が長いのが特徴です。季節性を含んだキーワードでは、例えば「夏祭り」「おせち」「お歳暮」「クリスマス」などが該当します。

これらのキーワードも、季節ごとに盛り上がる期間が過ぎるとほとんど検索されなくなるので、サイト全体のアクセス数を維持するには継続的な更新が必要になります。

ミドルレンジキーワードは検索数が上昇する期間がある程度事前に予測ができるので、イベントが発生する前に記事の下書きを仕込んでおくという対策ができます。

トレンドキーワードの探し方

トレンドキーワードはテレビや雑誌などのメディアから、TwitterやInstagram、Facebookなどの各種SNSや、ツールを用いてオンライン上で調査する方法などがあります。

他にも、実際に外出してオフラインで情報収集する方法も差別化が図れるので効果的です。例えば、ゲームセンターのUFOキャッチャーのプライズ品や、アパレルショップの新作入荷情報などを直接伺うことが挙げられます。

とはいえ、自社メディアの担当者は時間の都合上、なかなかオフラインでの情報収集が難しい場合がほとんどですので、ツールを用いたキーワード収集がおすすめです。そこで、以下ではトレンドキーワードを効率的に集めるツールについてご紹介していきます。

トレンドキーワード探しに役立つツール3選

ブログ用_3選

トレンドキーワードを収集するツールとして代表的なものは以下3つが挙げられます。

  • Googleトレンド
  • Yahoo!急上昇・リアルタイム検索ワード
  • cotoha.com

それぞれで特徴が異なり、併用することで相乗効果を得られますので、調査には複数のツールを使うことをおすすめします。それでは各ツールの概要についてご紹介していきます。

Googleトレンド

Googleトレンドは特定のキーワードに関するトレンドや、GoogleニュースやYouTubeなどで最近急上昇しているキーワードなどを調べることができます。

他にも、

  • 毎日の検索トレンド
  • リアルタイムの検索トレンド
  • 世界で話題となっているトピック
  • 年毎にトレンドをチェックできる「Year in Search」

などがチェックできます。トレンドキーワードに関する内容でなくとも、あるキーワードに対してのトラフィックの動向なども調べることができ、他のトピックに関する記事を執筆する際にも役立ちますので、WEB担当者が押さえておくべきツールのひとつと言えるでしょう。

Google トレンド

Yahoo!急上昇・リアルタイム検索ワード

Yahoo!急上昇・リアルタイム検索ワードでは、Yahoo!上でトレンドになっているキーワードを検索することができます。

「ウェブ検索の急上昇ワード」では、現在トレンドになっているキーワードを把握することができ、Twitter上での人気ツイートに関しても調査ができます。

また「画像」や「動画」「ニュース」のタブをクリックすると、各タブの内容に沿ったトレンドの画像、動画、ニュースが確認可能です。

Yahoo!には知恵袋のサービスもあるので「質問日時が新しい順」で絞り込みをすることで、ユーザーは今どんなことに悩みを抱えているのかを把握ができます。そのため、トレンドアフィリエイト以外の記事執筆にも活用することができます。

Yahoo!リアルタイム検索 – Twitter(ツイッター)をログインなしで検索!

cotoha.com

cotoha.comは、2007年から運営しており、以下のトピックスについて一覧でチェックができる便利なツールです。

  • Googleトレンド急上昇ワード
  • Twitterトレンドワード
  • dメニュートレンドワード
  • au検索急上昇キーワード

また、検索窓に任意のキーワードを入力するとそのキーワードに対する「Googleトレンド」や「ニュース」「関連する話題の記事」が確認できます。

さまざまなプラットフォームのトレンドを一気に調べることができるので、WEB担当者にとってメリットのあるツールのひとつです。

cotoha.com – 話題のキーワード、トレンドワードからわかるニュースやトピックスのまとめ

トレンドを意識した記事執筆で身に付く3つのスキル

執筆

トレンドアフィリエイトにて記事執筆を続けていると、自社メディアにアクセスを集めるさまざまなスキルや知見・ノウハウを得ることができます。例として、以下のようなスキルを身につけることができます。

  • 記事執筆のスピードが身に付く
  • アフィリエイトに関する経験値が溜まる
  • 外注スキルが身に付く

トレンドアフィリエイトで身につけたスキルは、自社メディアの運用・集客で役立ち、スキルの横展開をすることも可能です。

記事執筆のスピードが身に付く

流行や話題をいち早く察知し、記事に落とし込むトレンドアフィリエイトでは、スピード感のある執筆が不可欠ですので必然的に投稿までのスピードが早くなります。

また、執筆スピードだけではなく、迅速なニーズ調査や情報の取捨選択などの調査スキルも身につけることができます。

このスキルが身についていると、ユーザーにとって必要な情報を過不足無く伝えることが重要なSEOライティングにおいて、文章が冗長になってしまうのを防ぎ、スマートな記事執筆を可能にします。

アフィリエイトに関する経験値が溜まる

トレンドアフィリエイトで集客・収益化に成功すれば、一般的な成果報酬型のアフィリエイトでもその経験・ノウハウを応用することで結果を出しやすくなります。

例えば、コンテンツの細かい部分では広告の設置場所や訴求までの適切な導線、見やすい文章にするためにトレンドアフィリエイトの知見を活かすことができます。

成果報酬型のアフィリエイトの場合は、トレンドアフィリエイトと比較してスピード感は必須ではありません。タイトルや構成をじっくり考えて記事執筆ができる分、さらに高品質なコンテンツ制作が求められます。

さらに、上位表示・アクセスを集めるためにはユーザーの顕在・潜在ニーズに応える的確な記事を執筆する必要があります。

そのため、初めてアフィリエイトに取り組む場合と比較して、キーワード選定など執筆前の段階でも、トレンドアフィリエイトの知識を活かして有利に進めることが可能です。

外注スキルが身に付く

トレンドアフィリエイトは継続的にトレンドを追わなければならないので、担当者が少ない場合は負担が大きくなってしまい、現場が疲弊してしまう可能性がある手法です。

そして、担当者としてコンテンツ制作に取り組んだものの、他業務との兼ね合いで時間の確保が難しくなり、ブログの更新が滞ってしまったというケースもあります。

ブログ更新に関する自社のリソースが足りなくなった場合の対応策として「外注」が挙げられます。スピード感が重要なトレンドアフィリエイトでも、記事コンテンツの外注は効果的であり、外注スキル・ディレクション経験を他のコンテンツ制作に活かすこともできます。

トレンドアフィリエイトにおける外注の注意点として、どんなにスピーディに外注ができたとしても、ショートレンジキーワードの場合は発注から記事の納品までの間に、トレンドが終わってしまうといった事態も考えられます。

そのため、もし初めて外注をする場合は既に起きているイベントや事柄についてではなく「これから起こりそうな未来の内容(ミドルレンジキーワード)」に焦点を当てて外注することをおすすめします。

株式会社groooのコンテンツ制作支援

トレンドアフィリエイトにおける外注を考えていたとしても、

  • ライターに自社の意図を正確に伝える発注書
  • ライター管理
  • 記事納品後の校正・校閲
  • 記事投稿後の管理・分析
  • 費用対効果の最大化

など、必要なプロセスや検討事項が多く外注に踏み切れない、という悩みを抱えるWEB担当者の人も多いのではないでしょうか。

株式会社groooでは、トレンドアフィリエイトに関する外注業務であっても一貫したサポートの提供が可能です。弊社のコンテンツ制作において、お客様満足度が高い理由についてご紹介させていただきます。

最新情報を踏まえたコンテンツ制作が可能

弊社は目まぐるしく変化するIT業界にて、大小問わずさまざまな企業様のサポート実績があり、常にWEBマーケティングに関する最新情報を入手できる環境を整備しています。

そのため、ノウハウや生きた情報を反映させながら上位表示を可能にするコンテンツ制作が可能です。

トレンドを押さえたコンテンツ制作や、トレンドアフィリエイトにもご活用いただける記事のディレクションから納品まで、ワンストップでサービスを提供いたします。

また、弊社独自の企画構成シートを利用し、各工程の「見える化」を実現。記事数が多くなりがちなトレンドキーワードを用いた記事執筆においても、一定の効果が得られるしくみとなっています。

さまざまなジャンルに対応可能

トレンドキーワードを用いた記事執筆ではありとあらゆるジャンルでの記事執筆が必要になりますが、groooでは、元新聞記者や雑誌編集者、WEBメディア運用の経験者、金融や保険などの専門的な知識を持ったライターのアサインが可能です。

医療・健康系を含むYMYLの監修記事もご依頼いただけますので、E-A-Tの概念を押さえた記事の納品も強みとしており、お客様ひとりひとりに合わせたオーダーメイド型のご提案をいたします。

まとめ

これまで、トレンドキーワードの概要や探し方、トレンドアフィリエイトでの収益化などについてご紹介してきました。以下が今回のまとめになります。

  • トレンドキーワードはショートレンジキーワードとミドルレンジキーワードの2種類がある。
  • トレンドアフィリエイトで収益化するには、調査から投稿までスピード感を持った記事執筆が重要。
  • トレンドキーワードの収集はオフライン・オンライン両方で可能であり、インターネット上で探す場合は各種SNSやツールを用いて調査可能。
  • トレンドアフィリエイトで身につけたスキルは横展開が可能。

コンテンツ制作に関するご質問は随時承っております。ぜひ以下のフォームに必要事項をご入力いただき、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

記事検索

カテゴリー

Contact お問い合せ

弊社にご関心をお持ちいただきまして、誠にありがとうございます。案件のご相談や料金のお見積もりなど、お気軽にお問い合せください。
担当者よりご連絡させていただきます。

お電話でのお問い合せも承っております。

03-6823-1334

営業時間:10時〜18時(土日祝休み)

Download お役立ち資料ダウンロード

コンテンツマーケティングの実務に使える「お役立ち資料」を、無料でダウンロードいただけます。
ぜひご活用ください。

TOP

CONTACT