ブログ記事のリライトのやり方全手順公開!SEOを意識したコツも伝授

コンテンツマーケティング

  • 投稿日
  • 編集日
リライト_アイキャッチ
grooo編集部

自社メディアの記事コンテンツの中には上位表示されている記事もあれば、なかなか上位表示されず、アクセスが集まらない記事もあるのではないでしょうか?

記事は一度投稿したら良いという訳ではなく、その後の分析・改善が不可欠になります。特に上位表示されない記事は「なぜ順位が上がらないのか」を分析を通して、原因を洗い出す必要があります。

投稿後の記事を上位表示させる施策のひとつに「リライト」が代表的なものとして挙げられますが、何も考えずに闇雲にリライトしても思ったような効果は得られません。

そこで今回は、効果をあげる記事のリライト手順やポイントをご紹介していきますので、具体的なリライト方法がわからずに悩んでいるWEB担当者は必見です。

この記事の目次

記事のリライトとは?

リライトとは既存の文の意味はそのままに、言い回しや表現を別の文章に変えることを意味します。既に投稿した記事に全体的な修正を行うことをイメージしがちですが、こちらは加筆修正を意味しますのでリライトとは別になります。

主にWEBライターにとって必須のスキルになりますが、企業のWEB担当者や校正者もリライト手法や概念を理解しておくことで、外注先のWEBライターに効果的な発注ができたり、発注者側の意図を伝えやすくなったりします。

効果的なリライトを実施すると、ユーザーに高品質なコンテンツを提供できるほか、記事の検索順位を上昇させることにも繋がるので、自社内で行っているリライトが正しく実施されているか、最適化されているかを適宜見直していきましょう。

 

記事をリライトする4つのメリット

記事をリライトをすることによって得られる成果やメリットは、以下の4つが挙げられます。

  • 記事が上位表示されやすくなる
  • 効果的な外注ができるようになる
  • CVR(コンバージョン率)が上がる
  • 情報の鮮度を保つ

新規で記事を執筆するより工数がかからず、効果が出やすいため、執筆した記事を上位表示させるために優先的に実践することをおすすめします。

 

記事が上位表示されやすくなる

ユーザーにとって価値あるコンテンツをGoogleの検索エンジンは上位表示させますが、記事内容はもちろん、ユーザーが読みやすいか・分かりやすいか、という部分も評価対象となります。

記事が上位表示されない場合は、ユーザーの満足度が競合他社の記事が自社の記事よりも優れているとGoogleが評価しているので、よりターゲットを詳細にし、そのターゲットが必要とする情報は漏れなく執筆されているかの確認が必要です。

既に投稿した記事について、以下の点をチェックしてみましょう。

 

改行や画像が効果的に使われているか

改行がほとんどなく見づらい、効果的に画像が使われていない、広告を使用している場合は発リンクが多すぎる、というような記事はGoogleにユーザビリティが悪いと判断されネガティブに評価されてしまいます。

そのため、第三者目線で見たときに、見やすく分かりやすい文章にすることを心がけましょう。

 

競合他社や自社コンテンツと重複していないか

テーマによっては競合他社も多く、似通った記事となってしまうケースも少なくありません。重複箇所が多いとコピーコンテンツとみなされてしまう可能性があります。

差別化し、上位表示を狙うためにはそのテーマに対して、自社だからこそ記載できる内容を記載してあげることが必要です。

リライトの際はコンテンツの内容にオリジナルの箇所を多く含め、テーマに対して適切な文字数と内容を執筆することでGoogle・ユーザーの両者から評価を受け、記事の上位表示にも繋がります。

 

ターゲットに対しての記事内容が適切か

ターゲット(想定読者)に対しての記事内容が適切かどうかを確認してみましょう。

例えば、ある情報を知りたいだけのユーザーに対して商品やサービスの訴求をいきなりしている場合は、ターゲットと記事内容がミスマッチしていると言えます。

このように「そのキーワードで検索してきたユーザーはどの段階にいるのか」を考えて、ミスマッチしていると考えた場合はリライトし、ターゲットと記事内容をマッチさせることが重要になります。

 

効果的な外注ができるようになる

既存記事のリライトを重ねていくことで、自社内に「どのようなリライトをしたら記事が上位表示されるか」というノウハウが徐々に溜まっていきます。

社内でリライトをする場合には、このノウハウを役立てることで、レギュレーションとしてマニュアル化できるメリットがあります。

リライトに関するノウハウを知っておけば、自社での記事執筆が難しくなった際など、外部のWEBライターに記事執筆を外注するときに、後にリライトになりそうなポイントをあらかじめ注意点を共有することができます。

そのため、リライトにかける時間や工数を減らすことが可能であり、既にノウハウがあるので仮にWEB担当者が変わったとしても、ライティングの業務についてスムーズな引き継ぎができるでしょう。

WEBライター側としてもレギュレーションが明確であればあるほど、発注者の意図に沿ったライティングがしやすくなります。このように発注者と受注者両方にとってメリットがあります。

 

CVR(コンバージョン率)が上がる

特に初期にありがちなパターンで、記事コンテンツのコンバージョンポイントが商品やサービスの購入や登録・お問い合わせである場合、コンバージョンさせようとして不自然な形で訴求してしまう、という状態に陥りがちです。

商品やサービスの不自然な訴求は、ユーザーが不信感を抱いてしまうため逆効果となり、せっかくサイトに訪れてくれたとしてもすぐに離脱してしまいます。

訴求部分のリライトをしただけでもCVR(コンバージョン率)が上がるということはよくあります。

そのため、コンテンツの品質には自信があり上位表示されているのに、なかなかコンバージョンしないときには、コンバージョンポイントまでの誘導に違和感はないか?コンテンツの内容とCTA(コール トゥ アクション)の内容があっているかと言った記事内容の見直しとリライトが必須と言えます。

 

情報の鮮度を保つ

情報の鮮度も非常に重要なポイントのひとつです。Googleは、あるテーマに対し、トレンドや速報のニュース記事など、最新情報を取り扱っている記事コンテンツを評価します。

他の例として、常にアップデートを続けているシステムに関する内容などは、追加された機能や新着情報などに触れることで、ユーザーにとって知りたい情報が記載されているとGoogleやターゲットとしたユーザーに評価され、有益なコンテンツとして判断されます。

反対に、古い情報は削除する対応も必要です。

情報の鮮度には常に気をつけ、既に投稿した記事の内容が古くなっている場合には、最新情報を記載して更新することをおすすめします。

 

効果的なリライトの手順【6ステップ】とポイント解説

次にリライトの手順について見ていきましょう。以下のような手順を踏むことで効果的なリライトが実現可能です。

  1. ツールを用いた現状把握
  2. リライト記事の選定(着手の優先度付け)
  3. 該当記事のキーワードや共起語の見直し
  4. 競合調査
  5. 実際にリライトをする
  6. リライトした内容を記録として残す

この手順に沿ってリライトをすることによって、上位表示させる可能性をあげられるほか、競合他社やアルゴリズムの変動に影響されにくい記事執筆が可能です。

リライトひとつとっても、間違ったリライトをしてしまうとGoogleからの評価がされず、順位が変わらない、もしくは下がってしまう可能性もあるので、ポイントごとに注意して実践するようにしましょう。

 

ツールを用いた現状把握【ステップ1】

まずはリライトしたい記事を選定するためにブログ全体の現状把握を行います。現状把握は無料であればSearch Console、有料であればキーワードごとの順位がわかるahrefs(エイチレフス)などのツールを利用することをおすすめします。

Search Console(サーチコンソール )
ahrefs(エイチレフス)

ツールを用いた現状把握
Search Consoleを用いた場合は、検索パフォーマンスから「検索キーワード」「クリック数」「表示回数」がわかります。そして、「平均CTR(クリック率)」「平均掲載順位」をクリックすると、各ページの掲載順位とクリック数、平均掲載順位が確認できます。

掲載順位が1位〜10位台の記事のリライトポイントは?

順位について、掲載順位が1位〜10位台の記事は検索エンジンの1ページ目に表示されています。
検索順位が高いのにクリック率が低い場合は、タイトルやディスクリプションに問題があるかもしれません。
情報鮮度を伝える「最新」「〇〇年」のワード、網羅性を伝える「保存版」「完成版」などのワードを入れ込むと、競合記事と差別化できるのでおすすめです。思わずクリックしたくなるキャッチーなタイトルにすることで、流入数を改善することが可能です。
また、検索上位にありクリック率にも問題がない。しかし記事経由でコンバージョンしていない場合は、記事内の導線がユーザーにとって適切ではない可能性があります。コンテンツの内容とコンバージョンポイントにミスマッチがないかの視点で確認してみましょう。
掲載順位1位〜10位台の記事のリライトは主に「タイトルの見直し」「導線の見直し」が中心となります。

 

掲載順位が20位〜30位台の記事のリライトポイントは?

掲載順位20位〜30位台の記事は、検索結果の1ページ目にランクインするようにテコ入れしていく必要があります。主に、記事内容がユーザーにとって適切な内容になっているかを中心にチェックしてみましょう。

記事内における情報は、文字数を稼ぐために余分な情報が入っていても記事テーマと検索キーワードとの関連性が低いと判断されてしまいます。一方で、ユーザーの欲しい情報が少なすぎてもいけません。
狙っているキーワードで上位表示されている記事にあって、該当記事には内容は何か?ニーズは網羅されているか?共起語などの効果的なワードを活用できているか?の視点で確認しリライトしましょう。

 

掲載順位が30位以下の記事のリライトポイントは?

記事によりますが、30位以下の記事については文字数が少なかったり、情報が不足していることによりGoogleから高品質ではないと判断されている可能性が高いので、リライトよりも加筆修正が中心になります。

 

リライト記事の選定(着手の優先度付け)【ステップ2】

リライトする価値のある記事は、以下の通り

  • 公開して1ヶ月が経過
  • 平均検索順位が50位以内
  • 上位表示するメリットがある記事

着手の優先度は、【11〜20位の記事>6位〜10位>30位〜50位】です。
検索順位を改善するほうが、CV率はあがりやすいためです。
上位表示するメリットがある記事とは、CVに近いテーマをとりあげた記事です。自社の商品やサービスに関わるもの、購入やお申し込みに繋がりやすい記事からテコ入れしていくと効果的です。

 

該当記事の共起語・サジェストワードや関連するキーワードの確認【ステップ3】

リライトする記事が決まったら、共起語やサジェストワード、関連キーワードを見直してみましょう。共起語とは、狙っているキーワードと関連性が高く、キーワードと共に使われる単語を指します。

サジェストワードとは、検索エンジン上であるキーワードを入力すると、表示される検索候補を指します。

一方で、関連キーワードとは、検索結果の一番下に表示される検索キーワードとは別に関係のあるキーワード群になります。

 

共起語・サジェストワードや関連キーワードが使われているか?

Googleも記事内の共起語やサジェストキーワード、関連キーワードからその記事の内容を精査し、順位付けを行うので、これらは記事コンテンツ制作において重要な役割を担っていると言えます。
そのため、タイトルや見出しに狙っているキーワードが含まれているか、そのキーワードに関連する共起語、サジェストキーワード、関連キーワードが使われているかの確認は必須です。
共起語は「共起語検索ツール」にキーワードを入力することで抽出が可能です。

例えば、「共起語」と入力すると「共起(380)  SEO(205)  検索(203)  キーワード(182)  コンテンツ(156)…」などと表示され、検索したキーワードに対し、30位以内の記事内で使われている共起語を把握することができます。

一方、サジェストキーワードはGoogleの「キーワードプランナー」など、関連キーワードは「ラッコキーワード」など無料のツールを用いて調査が可能です。
リライトの際にはこの指標を参考に、足りない共起語、サジェストキーワード、関連キーワードを入れていくとタイトルとの関連性も強化されるのでぜひ入れることをおすすめします。

 

競合調査【ステップ4】

リライトの際にも競合調査は欠かせません。特に、狙っているキーワードで検索をかけた場合の検索結果で「どんな記事が上位表示されているか」の確認は必須です。

上位記事の本文内容はもちろん、どのような検索ニーズで検索されている傾向があるかの確認(マイクロモーメント 調査)や、文字数、画像などのテキスト以外の情報、どのような構成で記事が執筆されているかを総合的にチェックします。記事が上位表示されているということはつまり、Googleに評価されている、ユーザーの希望を満たす記事であると言い換えることができます。

そのため、競合調査によってどのような記事を執筆すればいいのかのイメージもしやすくなるうえ、他の記事にはないオリジナルコンテンツを埋め込んだり、競合よりも画像やグラフ、表を用いてユーザーが視覚的にわかりやすいようにする、といった戦略も立てることができます。

4つのマイクロモーメントを活かしたコンテンツ制作で効果的な集客をする方法とは?

 

実際にリライトをする【ステップ5】

現状把握、キーワードや共起語などの見直し、競合調査が終わったら実際にリライトをしていきます。リライトは「てにをは」を変更したり、文中の単語や接続詞を変えるだけではリライトとはみなされません。

また、今までキーワードに対してニーズを想像しながら記事執筆していたのであれば、さまざまな調査から抽出したデータを基に記事執筆ができるので、何の情報が必要で、どの情報が不要であるかはおのずと見えてくるはずです。

また、リライト後は複数人で記事をチェックできる体制があると安心です。執筆者自身では気づかなかったミスや不備などが浮き彫りになるので、より高品質な記事へと近づけることができます。

 

リライトした内容を記録として残す【ステップ6】

リライトした内容はスプレッドシートなどで記録に残していくことが重要です。どこをどのように変更・修正・削除したことで、その記事がどのように順位変動していったかを追うことができるからです。

また、記録として残すことで、リライトして記事の順位変動が起こった際に「どの部分をリライトしたから順位が変わったのか」を確認できるため、Googleの評価ポイントも把握できるうえ、その後の記事執筆やリライトに活かすことができるでしょう。

 

やってはいけないリライトの失敗例3つ

やってはいけない記事執筆方法

ここまでリライトの具体的な方法をご紹介してきましたが、リライトの注意点や、やってはいけないリライト方法もあります。例えば、以下3つの内容が挙げられます。

  • 本文テーマにそぐわない内容の追加
  • 無駄に冗長な文章となってしまう
  • 重複コンテンツとなってしまう

一例をご紹介しますので、こちらも併せてリライト前及び、リライト後に確認してみましょう。

 

本文テーマにそぐわない内容の追加

既に投稿した記事を読み返してみると、キーワードに対して直接関係のない文章を執筆してしまうことは良くあります。
このような事態を防ぐためには、事前に構成を練っておくことが重要になるのですが、リライトの段階で本文に関係ない箇所に気づいた場合は、早急にリライトしましょう。

リライト時にも「テーマと関係ない文章を執筆してしまう」という点に注意しましょう。

 

無駄に冗長な文章となってしまう

掲載順位が上位の記事は文字数が多いことが多いですが、文字数だけに着目してしまい、無駄に冗長な文章になってしまうのはNGです。

リライトは追記ではないので、文字を追加する場合は競合調査をした結果、自社コンテンツの文字数が競合記事と比較して少ないときに行うべきと言えるでしょう。

適切な文字数を算出するために、ご紹介した競合調査で上位サイト(検索結果の1ページ目に表示されている記事群)が平均何文字で執筆されているかを見てみましょう。

例えば、上位表示されている記事の平均文字数が4,000文字であった場合は、4,000文字以上での執筆がGoogleに評価される傾向があると言えます。

記事コンテンツにおけるSEOと文字数の関連性は?ブログは長文が最適?

 

重複コンテンツとなってしまう

既に自社内で執筆している記事内容と重複してしまう場合には、文章内容を再考・変更する必要があります。

理由として、自社内コンテンツであっても同じ内容のコンテンツが多い場合には重複コンテンツとしてみなされてしまい、後ほどご紹介するカニバリゼーションとなってしまう危険性があるからです。

コンテンツ制作の企画段階で、重複コンテンツを投稿してしまうような体制は避けるべきですが、公開記事数が増えていくにつれ、記事のテーマや内容が似通ってしまうことは多々あります。もし重複コンテンツの危険性がある記事が存在する場合は、記事を統合するか、重複コンテンツに該当する記事を削除することも必要です。

 

リライト後に行うべき分析方法

リライトは一度行えば良い、というものではありません。分析結果によっては複数回行う必要があり、記事の掲載順位が上がるまで継続的に改善していくことが重要です。

そのため、リライトした記事は、定期的にチェックすることが必要です。
リライト後、順位が上がったり下がったり安定しません。順位の定着には1ヶ月くらいはかかると思っておきましょう。
リライトの結果(Googleの評価)はすぐに反映されるわけではありませんが、既にアクセスがあり、トップページ(1位〜10位)や2ページ目(11位〜20位)に位置している記事の場合は、リライトをすることで記事内で訴求している商品やサービスのCVRが上がる可能性があります。

SEO対策を強化することで掲載順位をあげていくことも重要ですが、リライトの際にはコンバージョンについても考慮するようにしましょう。

 

カニバリゼーション及びコピペについて

重複コンテンツにも関係している内容になりますが、キーワードのカニバリゼーションやコピペについても注意が必要です。

カニバリゼーションとは、自社サイト内の記事が同じようなキーワードで掲載順位を争っている状況を指します。特に、多くのコンテンツを保有している大規模サイトにその傾向があります。

例えば「マーケティング 手法」と「マーケティング 手法 種類」というような、同じキーワードで記事を執筆した場合に、キーワードへのアプローチ方法は異なっても記事の内容は重複することが予想されます。

カニバリゼーションが発生してしまうと、Googleがどちらの記事を評価すれば良いのか混乱し、自社サイトの記事同士で評価を争ってしまった結果、評価が分散されて掲載順位が上がらないという事態になる可能性もあります。

カニバリゼーションにならないためにも、重複コンテンツは統合、もしくはカニバリゼーションが発生している記事を削除するという施策が必要になります。

また、コピペに関しては絶対に気をつけなければなりません。Googleの評価が下がるのはもちろん、最悪の場合引用元から訴えられてしまう可能性もありますので、オリジナルコンテンツとなるように常に心がけ、投稿前にコピペチェックを行うことも重要です。

無料コピペチェックツール CopyContentDetector

もし、参考サイトにユーザーにとって必要な情報が記載されており、引用したい場合は参照元の掲載と、引用した本文に引用タグをつけることが必須です。

 

効果的なリライトのメリット・手順のまとめ

ここまで、リライトのメリットや順序、注意点などをご紹介してきました。以下が今回のまとめになります。

  • リライトは、記事の掲載順位の上昇やCVRを向上させるだけではなく、ノウハウが溜まることにより効果的な外注・新規記事制作につながる。
  • リライト前に、記事の現状把握から効果が高い記事の選定、ニーズの見直し、競合調査を行うことで、より成果発生や掲載順位の上昇に繋がる、効果的で効率的なリライトの方法が見えてくる。
  • リライトの際には、記事テーマに沿った内容、かつ重複コンテンツやコピペに注意して行うこと。

リライトは記事を通した集客や、商品・サービスの成約において必須のスキルになります。しかし、他業務もある中でリライトに時間を割くことがなかなか難しいと考えるWEB担当者もいるのではないでしょうか?

時間がなく、リライトまで手が回らないという場合には「リライト業務だけでも外注する」という方法があります。

株式会社groooでは、リライト依頼の受注実績が豊富です。例えば、他社(クラウドソーシング)に依頼した記事のリライトを受け持ち、SEOに考慮した高品質な記事として納品することができます。

また、納品した記事の効果測定をし、リライト記事の選定からリライト実施まで、一貫してメンテナンスサポートすることも可能です。

弊社のリライト実績を含む、コンテンツ制作においてお客様満足度が高い理由も併せてご紹介します。

 

専門性の高いジャンルも対応可能

弊社では紙媒体出身の執筆・構成校閲のプロが在籍しているため、読んで面白い、ためになる記事にリライトして納品いたします。

もちろん、金融や保険などの専門知識が必要な分野から、医療・健康系といったYMYLの分野まで、E-A-Tの概念を押さえた専門記事の監修・納品も可能です。最新情報を交えたリライトは、高評価を得て継続的にご発注いただいております。

これまでの実績やノウハウ、最新のWEB業界の知見を交えながら、お客様ひとりひとりに合わせたご提案をさせていただきます。

 

独自の企画構成シート

「企画構成シート」でロジカルな分析

弊社の記事制作サービスは、キーワードごとに調査分析した上で企画し記事執筆をサポートするオリジナルの「企画構成シート」を使っています。
このシートを使うことで、外注先のライターとお客様の意図・認識のズレを防ぎ、完璧なSEO対策を施した記事構成に仕上げ、クライアント様と制作者、双方の円滑な意思疎通をサポートします。

新規記事では、必要な工程を網羅、見える化したうえで、工程ごとにポイントを押さえたコンテンツ制作が可能です。そのため「誰がどのテーマ」で構成しても一定の効果が得られるしくみとなっています。
また、記事ごとにキーワードの調査情報、制作の過程を管理できるため、リライトの際に振り返ることができます。
情報確認やリライトした内容の記録にも使えるため、記事コンテンツがどんなリライトをして上位表示されたのかの確認もできます。
リライト案件の場合は、こちらのシートを使って、上位記事と比較し足りない要素やワードを把握することが可能となります。
リライト記事のテコ入れ前に修正改善するポイントをご提示することができますので、クライアント様が納得感のあるリライトを実施することができております。

簡易版の「企画構成シート」は、現在無料でプレゼントしております。以下より、企画構成シートのダウンロードができますのでご活用ください。

また、リライトを含むコンテンツ制作支援に関するご質問やご要望も、以下のフォームから受け付けていますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム


<コンテンツマーケティング領域で実績があるgroooのオリジナル資料プレゼント>

株式会社groooでは、SEO対策に特化したチェックで記事の上位表示を実現する「SEOライティングチェックリスト50」と進捗管理や記事の企画構成が効率的に行える「企画構成シート」の2つをプレゼントしています。

この機会にぜひダウンロードしていただき、自社のコンテンツ制作にお役立てください!

記事検索

カテゴリー

Contact お問い合せ

弊社にご関心をお持ちいただきまして、誠にありがとうございます。案件のご相談や料金のお見積もりなど、お気軽にお問い合せください。
担当者よりご連絡させていただきます。

お電話でのお問い合せも承っております。

03-6823-1334

営業時間:10時〜18時(土日祝休み)

Download お役立ち資料ダウンロード

コンテンツマーケティングの実務に使える「お役立ち資料」を、無料でダウンロードいただけます。
ぜひご活用ください。

TOP

CONTACT