おすすめのリライト代行会社7選と3つの選定ポイント|特徴や料金まとめ

コンテンツマーケティング

  • 投稿日
  • 編集日
おすすめリライト代行会社
grooo編集部

記事コンテンツはSEO対策のためにタイトルや構成、記事本文を意識したとしても、投稿しただけでは成果に繋がるような効果はあまり期待ができません。
成果を生み出し、収益化を実現するためには、その後のリライトや加筆修正が必要になります。

リライトや加筆修正は継続的に行う必要があり、さまざまなツールを通して得られた分析結果を基に、繰り返し改善していくことが重要です。

しかし、リライトや加筆修正は新規記事コンテンツを制作するのと同等の労力を必要としますので、本格的に取り組む場合はリソースを確保する必要があります。

一方で、リソースが足りない場合はリライトだけであっても外注してしまうのがおすすめ
であり、実際に「リライトだけ」「加筆修正だけ」でも対応可能な代行会社は複数存在します。

そこで今回は、リライト代行会社を選ぶ際のポイントやおすすめのリライト代行会社まとめについて解説していきますので、

  • リライトに割けるリソースがなく困っている
  • 現状の記事コンテンツの質が低いので、プロにリライトをおまかせしたい
  • さまざまなリライト代行会社を比較検討したい

という方は、ぜひこの記事を参考にリライト会社を選定し、効率的なオウンドメディアの運用を実現してみましょう。

この記事の目次

<コンテンツマーケティング領域で実績があるgroooの無料資料とは?>

株式会社groooでは、SEO対策に特化したチェックで記事の上位表示を実現する「SEOライティングチェックリスト50」と進捗管理や記事の企画構成が効率的に行える「企画構成シート」の2つを無料でご提供しています。

この機会にぜひダウンロードしていただき、自社のコンテンツ制作にお役立てください!

リライト代行会社を選ぶ際のポイント3選

たとえリライトのみの外注であっても会社ごとに特徴が異なるので、事前に選び方のポイントを押さえておく必要があります。以下で、その3つの選定ポイントについてご紹介していきます。

作業範囲を明確にする

リライトや加筆修正を外注する際に、その作業範囲を事前に明確にしておかなければ必要以上に費用がかかってしまったり、思っていた作業内容と違ったりする可能性があります。

例えば、リライトだけでも以下のような作業範囲が挙げられます。

  • 記事の統合および削除
  • タイトルや見出しだけの変更
  • 訴求の導線など一部だけの修正
  • 記事を丸ごと書き換え
  • 画像選定や表などの挿入

作業範囲を明確にして代行会社と認識を一致させておくと、発注後のトラブルを防止でき、代行会社もスムーズな作業ができるので双方にメリットがあります。

また、問い合わせる際はその後の運用や、サポート期間などについても併せて確認しておくと、継続発注の際にスムーズなやりとりが可能です。

費用は適切か

自社がリライトの外注費用をどこまでかけられるのかもあらかじめ定めておく必要があります。

上記の通り作業範囲はさまざまであり、各作業ごとに費用が変わります。さらに、金融や保険、医療や健康など専門的知識が必要な分野になると費用が高くなる傾向があります。

他にも、リライトをするだけなのか、リライトに加えてアドバイスをするなどのコンサルティングもして欲しいかによっても費用は変わります。そのため、外注費用にかけられる予算を設定しておけば、想定していた金額を大幅に超えてしまうといったリスクを避けることができます。

実績があるかどうか

リライトに関する実績があるかどうかも代行会社の重要な選定ポイントのひとつです。

「リライトをした実績がある」という内容だけでなく「リライトをしてどのように結果が変わったのか」が開示されていれば発注側にとっても安心です。

また、自社の業界に関するサポート実績があればなお良いでしょう。既にその業界のサポートに知見があるので、ノウハウを活かした施策が実行できます。また、発注側にとっても発注後のイメージがつきやすくなります。

一方さまざまな代行会社を比較検討するなかで、自社の業界でのサポート経験や知見を持っているかも、お問い合わせしてみるのがおすすめです。

おすすめのリライト代行会社7選

以下ではおすすめのリライト代行会社7選をご紹介します。リライトはもちろんですが、コンテンツマーケティング全般、例えば新規記事制作に関しても受け付けている会社がほとんどです。

第二フェーズ以降の新規記事の発注も考慮し、中長期的な目線で関係性が構築できる代行会社を比較検討しましょう。

株式会社grooo

株式会社grooo

ITソリューションとコンテンツマーケティングの株式会社grooo(グロー)

株式会社groooはWEBシステム開発や、SEOを中心としたWEBコンテンツ制作に強みのある開発・制作会社です。両者とも企業の規模を問わず、多数の実績を保有しています。

リライトの分野ではさまざまな業界で実際に従事していた、専門的な資格のあるライターを保有しており、金融や保険、健康分野といった専門性の高い分野でも対応が可能です。

また、リライト時の作業範囲も企画構成から改善提案、その後の運用まで発注時に柔軟に対応、かつSEO対策を万全にしてリライト後の上位表示を実現します。

他にも上流工程からライティング、取材記事まで対応でき、お客様に寄り添った2人3脚型のサポートが可能です。

株式会社ライトアップ

ライトアップ

出典:(株)ライトアップ 創業20期目、社員100名の渋谷にあるIT・ネット企業です。全国、全ての中小企業を黒字にする事が目標です。

株式会社ライトアップはITツールの共同開発・共同仕入れの「JDネットワーク」、助成金自動診断ツール「Jシステム」などの事業を展開する会社です。他にも、WEBマーケティング支援を行っており、そのなかのひとつにコンテンツマーケティングの支援も行っています。

コンテンツマーケティングの分野では、ライトアップのディレクターと外部の専門家が連携し、薬事や法律、FPなどの専門性の高いコンテンツ制作も可能です。リライトに関してもSEOの情報を交えた改善提案を行っています。

株式会社デザイン(ZETTON)

ZETTON

出典:記事作成代行・WEBライティングのzetton(ゼットン)

ZETTONは株式会社デザインが運営する記事外注サービスです。1記事からの納品、文字単価0.7円〜、翌日納品が可能である点が特長であり「とにかくすぐにでも安価で記事が欲しい」と考える発注者にとってぴったりのサービスになります。

リライトに関してもWEBサイト記事のリライトはもちろん、書籍やPDF資料のリライトも受け付けています。

株式会社ウィルゲート(サグーワークス)

サグーワークス

出典:記事作成外注・代行/在宅ワークでwebライティング |【サグーワークス】

株式会社ウィルゲートは記事作成代行サービスの「サグーワークス」を運営する、メディア事業やコンサルティング事業を展開している会社です。

「オンライン発注プラン」と「オーダーメイドプラン」の2種類があり、リライトに関しては後者のプランで対応可能です。既存の記事分析後に希望や目的に合わせたリライト案の提案を受けることができます。

また、リライトの料金は担当ライターによって以下のように料金が変わります。

  • レギュラー 1.2円〜
  • ゴールド 2.3円〜
  • プラチナ 4.5円〜

金額に合わせて事前に発注側で予算を把握できるのがメリットと言えるでしょう。

株式会社YOSCA

株式会社YOSCA

出典:記事外注、コンテンツ制作代行なら株式会社YOSCA

株式会社YOSCAは創業よりライター育成に力を入れてきたコンテンツ制作会社です。

同社のWEBライティングサービスでは、高い専門性が必要な記事からスピードとクオリティを意識した記事までさまざまなジャンルの記事作成に強みを持っています。

リライトに関する具体的な料金に関しては同社の見積もり依頼のフォームにて問い合わせができます。

株式会社BRIDGEA

株式会社BRIDGEA

出典:記事作成代行・WEBライティングならBRIDGEA

株式会社BRIDGEAは「記事作成代行Pro」という価格・スピード・質の3つにこだわった記事作成代行・WEBライティング事業を展開する会社です。

記事作成代行Proでは記事制作に関する5つのプランが存在し、リライトに関しては「ゴールドプラン(文字単価6.5円)」で発注が可能です。

株式会社ファングリー(All Write!)

All Write!

出典:Webライティング&コンテンツマーケティング支援サービス「ALL Write!」| 株式会社ファングリー

株式会社ファングリーは「All Write!」という品質重視型コンテンツ制作サービスを展開し、コンテンツマーケティングやメディア運営などの事業を展開する会社です。

リライトに関して、依頼内容ごとに専門性のあるライターをアサインし、既存記事におけるリライト案や企画・構成の再考案なども受け付けています。料金に関してはオーダーメイドとなっており、ヒアリング・打ち合わせ後の見積もりで確認できます。

リライトの重要性とは?

記事コンテンツの投稿において、リライトをしないように完成度が100%に近い記事を投稿していくという意識は重要です。

しかし、質にこだわりすぎてしまい投稿スピードが遅くなってしまったり、記事制作を外注している場合は修正に応じて費用が増加してしまったりする可能性もあります。

そのため、記事コンテンツは継続的な投稿が必要であることから、最低限のレギュレーションをクリアしている70%ほどの完成度を目指しての投稿がおすすめです。その後Googleにインデックスされ、以下のように投稿した記事の動きが見えてきます。

  • 上位表示されていない、圏外の記事
  • 検索順位が10位から30位であり、アクセス数が少ない記事
  • 上位表示されており、アクセスがあるものの成約しない記事

これらの記事の種類によってリライトの手法も異なり、さらに記事内容やジャンルによって施策内容も変わります。リライトがあるかないかで記事コンテンツの成約率に大きく関わりますので、リライトは記事コンテンツの収益化において非常に重要なプロセスと言えるでしょう。

リライトの料金相場とは?

リライトの料金は企業ごとによって異なりますが、ある程度の相場があります。以下でリライトを外注した場合の料金相場についてまとめてみました。

※料金の幅に関して、記事ボリュームや記事数、納品期間によっても異なりますので詳しくは代行会社に問い合わせる必要があります。

施策内容 1記事あたりの料金
見出し追加+加筆修正 情報調査:3,000〜15,000円
文字数(専門性の高さによっても異なる)
:5円〜
記事を丸ごと書き換え 構成:5,000〜20,000円
執筆:20,000〜80,000円
一部分だけの修正 情報調査(ジャンルによっては専門家の対応あり):1,000〜30,000円
執筆:3,000〜15,000円
ページの統合 統合先の記事、統合される記事の分析と選定:50,000〜300,000円
ページの統合:50,000円〜
イラストや図、表、動画などの挿入 画像の追加:1,000〜5,000円
図や表の追加:1,000〜10,000円
動画の挿入:1,000〜5,000円
※別途画像デザインや制作費がかかる場合もあり

参考:https://cakutama.com/p/rewrite-fee/

おすすめのリライト代行会社まとめ

これまでリライト代行会社の選定ポイントや、各会社の特徴や外注費用の相場をご紹介してきました。

リライトは、アクセス数などの分析結果を基に、リライトすべき記事をあらかじめ選定するので、新規記事制作よりも費用対効果が高いです。そのため、リライトは収益化に必要不可欠なプロセスと言えます。

一方で、リライトはただ文字を修正したり追加したりすれば結果が出るわけではなく、ユーザビリティの高い記事にするためのテクニックが必要です。そのため、自社にリライトに関する知見がなく対応できない場合は、プロへ依頼するのが1番の近道です。

株式会社groooはコンテンツマーケティングにおけるあらゆるジャンルのサポートを展開しているので、リライトの依頼ももちろん可能であり、お客様ひとりひとりに合わせたオーダーメイド型の提案が可能です。

リライトに関するお問い合わせは随時承っておりますので、ぜひ以下のフォームに必要事項をご入力いただき、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

<コンテンツマーケティング領域で実績があるgroooの無料資料とは?>

株式会社groooでは、SEO対策に特化したチェックで記事の上位表示を実現する「SEOライティングチェックリスト50」と進捗管理や記事の企画構成が効率的に行える「企画構成シート」の2つを無料でご提供しています。

この機会にぜひダウンロードしていただき、自社のコンテンツ制作にお役立てください!

記事検索

カテゴリー

Contact お問い合せ

弊社にご関心をお持ちいただきまして、誠にありがとうございます。案件のご相談や料金のお見積もりなど、お気軽にお問い合せください。
担当者よりご連絡させていただきます。

お電話でのお問い合せも承っております。

03-6823-1334

営業時間:10時〜18時(土日祝休み)

Download お役立ち資料ダウンロード

コンテンツマーケティングの実務に使える「お役立ち資料」を、無料でダウンロードいただけます。
ぜひご活用ください。

TOP

CONTACT