専門家による記事監修の重要性とは?メリットや代行会社も紹介

コンテンツマーケティング

  • 投稿日
  • 編集日
専門家による記事監修
grooo編集部

ブログやSNSなどで気軽に情報が発信できる世の中になり、読者はインターネットを使えばすぐに情報を入手できるようになりました。

しかしながら、情報発信の敷居が低くなったことにより、情報の信頼性が問われる記事コンテンツも多く見受けられるようになっています。それに伴い、読者の見る目も肥えてきており、情報の量よりも質を重視する傾向にあります。

企業のオウンドメディアでも同様に、信頼性・信ぴょう性のある質の高い情報発信が求められています。企業の名前を背負っているからこそ、情報の信頼性には手を抜いてはいけません。

「信頼できる情報」の裏付けとなるのが、記事コンテンツの専門家による「監修」です。

今回は、監修記事の必要性やメリットをふまえ、監修記事の依頼方法や監修記事を代行してくれるサービスを紹介します。本記事を参考にして記事監修を導入し、信頼性の高い情報を発信して読者の満足度を高めましょう。

この記事の目次

記事制作代行

専門家による記事監修の必要性

専門家による記事監修はなぜ必要になったのでしょうか。その背景を紐解き、いま求められている記事監修について知りましょう。

読者は信頼できる情報を求めている

記事監修が必要になった大きな要因として、読者が信頼できる情報を求めている点が挙げられます。

オウンドメディア内で記事コンテンツによる集客するためには一定の記事数が必要となるため、記事の量ばかりを重視しているブログも少なくありません。このようなブログでは、とにかく記事数を増やすために専門知識のないライターが執筆を行う傾向があります。

その結果、情報が不確実な記事が増えていき、そのような信ぴょう性が低い記事を参考にして、さらに記事が量産されるという悪循環が起きてしまうのです。

そして、オウンドメディアが発信している情報が間違っているとしたら会社の信頼性は失われるうえ、インターネット特有の「炎上」も懸念されます。さらに、間違った情報をもとにして実行した読者が思わぬ事故やトラブルを引き起こしかねません。

実際、過去には、不正確な医療情報で問題となった「WELQ問題」などインターネット上の記事コンテンツが原因の事故も起こっています。このような背景から、読者は情報の信頼性を重視する傾向が強まりました。そのため、専門家が監修した記事は「信頼できる」と判断するようになっているのです。

Googleも質の高い記事を評価している

記事監修による専門性や信頼性の高さは、質の高い記事だと判断されて検索順位にも影響します。

最大手の検索エンジンであるGoogleでは、検索順位を決める際には記事の質の高さを評価しています。

この「質」を判断する基準として、Googleは「E-A-T」という三本柱を掲げています。意味は以下の通りです。

  • E:Expertise(専門性)
  • A:Authoritativeness(権威性)
  • T:Trustworthiness(信頼性)

Googleは記事における専門性・権威性・信頼性を重視しています。

そして監修記事は、権威のある専門家が監修した信頼性のある情報のみを発信します。つまり専門家による記事監修は、まさにE-A-Tすべてを満たしているのです。

関連記事:

特に記事監修が必要な分野

それでは、どのような分野の記事は監修が必要なのでしょうか。特に記事監修しなければいけない分野が「YMYL記事」と言われるジャンルです。

YMYLとは「Your Money or Your Life」の略であり、お金や人生にまつわる分野を指します。具体的には金融・健康・将来の幸福などに関わる分野です。Googleの「検索品質評価ガイドライン」の10ページ目には以下の7トピックが記載されています。

  • ニュースや時事問題のページ
  • 公的情報や法律情報のページ
  • 金融情報のページ
  • 金銭取引やショッピングのページ
  • 健康や安全に関するページ
  • 人種や宗教など個人・グループに関わるページ
  • その他YMYLに関わるページ

このようにYMYL記事と言っても、種類は多岐にわたります。これらのYMYL記事で扱う情報は特に専門性や信頼性が求められるため、記事監修が必要となるのです。

記事監修による4つのメリット・効果

記事監修を導入することで期待できるメリットや効果を4つ紹介します。

正確な情報を発信して読者の信頼度を高める

専門家によって監修された記事は、内容の正確性が高くなります。信頼性の高い情報を発信していることで、メディアに対する読者の信頼度も向上します。

読者満足度向上も期待でき、優良顧客を増やすことにもつながるでしょう。

ブランディングや差別化につながる

信頼できる情報を求めている読者にとって、情報の正確性が担保されている記事は非常に価値の高いもの。多くの読者に「このメディアの情報は信頼できる」と認知されれば、メディアを運営している企業のブランディングになります。

さらに、同じ業界や業種の競合メディアとの差別化にもつながります。同じような内容の記事でも専門家の監修があるかどうかで信頼性は大きく異なるため、読者がどちらの記事を読みたいと思うかは明白です。

関連記事:

リスクを回避する

出典が明確ではない情報や誤った情報を発信し続けていると、メディアを運営している企業に対する信頼度にも大きく影響します。SNSなどでの炎上も懸念されるでしょう。

さらに医学的根拠のない情報は薬機法に抵触してしまうリスクもあります。また、誤った内容を参考にすることで思わぬ事故やトラブルを引き起こす可能性も考えられます。

しかし、専門的な視点で記事の内容を監修することで、正確な情報を掲載して法律違反や事故などのリスクを回避できるのです。

SEO効果が期待できる

GoogleがE-A-Tを重視している以上、検索順位を上げるためには記事の専門性や信頼性は避けては通れません。しかし始めたばかりのオウンドメディアやスタートアップ企業では、E-A-Tすべてを満たすのはなかなか容易ではなく、苦戦している企業も多く目にします。

ただし、専門家による記事監修は、専門性・権威性・信頼性の満たす方法として最適です。そのため、Googleから記事を高く評価されることにもつながり、SEO効果が期待できます。

記事監修の依頼方法

記事監修の必要性やメリットを理解し、自社にも記事監修が必要だと感じている人も少なくないでしょう。

ここでは、実際に記事監修を依頼する際の方法について解説します。それぞれのメリット・デメリットについても紹介します。

専門家に直接依頼する

一つ目の方法が、記事監修を引き受けてくれる専門家を探して直接依頼する方法です。詳細な依頼内容を直接相談できるため、自社の希望に沿った記事に仕上がるメリットがあります。

一方、専門家を探したり交渉したりする手間がかかるのは避けられません。なかなか依頼相手が見つからない事態になる可能性も考えられます。

また、専門家には記事の監修のみを依頼するため、記事のライティングは別途考えなければいけません。自社で書いたりライターに依頼したりする必要があるため、リソースがかかるでしょう。

ライティング専門会社を通して依頼する

もう一つが、ライティング専門会社を通して依頼する方法です。

ライティングの代行を専門としている会社であれば、記事監修の人脈をもっているためスムーズに依頼できます。また記事のライティングも一緒に依頼できるため、自社の負担はほとんどなくクオリティの高い監修記事が仕上がります。

しかし、ライティング専門会社を通しているため仲介手数料や記事執筆などのコストがかかります。直接依頼より手間はかかりませんが、コスト面では多少負担が増えるでしょう。

記事監修を依頼できるライティング代行会社7選

自社の負担を減らしてクオリティの高い監修記事を発信したいのであれば、ライティング代行会社に依頼する方法をおすすめします。

以下では、記事監修を依頼できるライティング代行サービスを7社紹介します。

grooo

記事制作代行

groooの記事制作代行サービスでは、記事執筆の代行に加えて記事監修の依頼も可能です。医薬・医学や法律、保険などの専門家の監修を依頼いただけます。

専門家へのインタビューをもとにした取材記事も執筆可能。専門性の高い取材記事は、より読者に安心感を与えます。

また、grooo所属のライター陣はさまざまなバックグラウンドで活躍してきた人材ばかり。専門性の高いニッチなジャンルに精通しているライターもいます。クライアントの記事テーマに合わせた最適なライターをアサインするので、記事そのものの質も高いことが特徴です。

DALIコーポレーション

DALIコーポレーション

出典:記事作成代行・高品質な記事外注 | 【ダリコーポレーション】

医薬・医学分野の記事を得意としているDALIコーポレーション。薬機法遵守の記事や薬事チェックではトップクラスの実績を誇っています。

医師や弁護士などの人脈をもっているため、専門性の高い記事制作の代行が可能です。薬機法のほか、景品表示法や健康増進法などにも対応しています

ライトアップ

ライトアップ

出典:コンテンツ制作会社がwebマーケティングを支援 – 株式会社ライトアップ

コーポレートサイト・オウンドメディア・LPなどの制作代行実績が豊富なライトアップでも、記事監修の依頼ができます。医薬・法律・FPなどの専門家と連携し、信頼性の高い記事制作に対応しています。

SEOライティングやリライトなどの実績も多数あるため、記事監修とともにオウンドメディアの検索順位工場の相談も可能です。

YOSKA

YOSKA

出典:記事作成代行サービス/Webライティング

7,000名以上のライターが登録しているYOSKAでは、高い専門性と読み応えのある記事制作が特徴です。

さらにオプションにて専門家による記事監修も可能。過去には医師、保育士、スポーツトレーナー、美容ライターなどの監修実績があります。

専門性のあるライターによって書かれた記事に監修が加わることで、さらなる信頼性向上が期待できるでしょう。

CROCO

CROCO

出典:CROCO株式会社|記事作成・メディア運営・SEOコンサル・解析ツールなどお任せください

CROCOは数百万記事の制作代行実績のある記事作成代行サービス。

記事監修の依頼も可能で、最適な専門家を選定してアサインします。コネクションのある専門家は、なんと130職種の計20,000名。医療関係者や士業従事者をはじめとする有資格者の監修が可能です。幅広いジャンルに対応しているため、ニッチなジャンルでも一度相談してみると良いでしょう。

Buildup

Buildup

出典:記事作成代行サービス【SEOコンサル監修】-コンテンツマーケティングに特化

Buildup はSEO効果の高い記事制作が強みです。経験豊富なディレクターと厳選したライターにより、質の高い記事が期待できます。

オプションにて記事監修も可能で、監修者のリストアップからアサイン、監修者とのやり取りまで代行してくれます。記事監修におけるさまざまな作業を代行してくれるため、自社は本業に専念できます。

サグーワークス

サグーワークス

出典:記事作成代行サービス・記事外注なら【サグーワークス】

サグーワークスでは執筆と監修を代行してもらうだけでなく、既存記事の監修も可能。すでに自社のオウンドメディアに掲載している記事を監修してもらい、専門性を高められます。

また専門家自身の執筆も依頼できるため、専門家ならではの視点からの記事制作が実現します。連携できる専門家は130職種1,500名以上。記事には専門家の実名・顔写真・簡易プロフィールといったクレジットがつくため、信頼度が向上します。

5 記事監修のメリットと代行会社まとめ
専門性を高める記事監修は、読者の満足度を向上してファン獲得やブランディングに効果があります。またGoogleが重視しているE-A-Tを満たすためSEOにも有効です。

オンラインでの情報収集が一般的になっている現代では、専門家による記事監修は必要不可欠と言えます。特に企業の信頼性にも関わるオウンドメディアでは、早急に記事監修を取り入れる必要があるでしょう。

しかし記事監修を依頼するにあたり、専門家を探したり交渉したりする手間や記事執筆のリソースが必要になります。

これらの手間を削減し、質の高い記事監修を実現するにはライティング代行会社に依頼しましょう。

株式会社groooの記事監修サービス

groooでは、専門性の高い記事執筆と複数の専門家との連携により、質の高い記事監修が可能です。貴社でお持ちの記事の監修も可能なので、既存記事にさらなる専門性・権威性を加えたい人もぜひご相談ください。

また、記事制作だけでなくオウンドメディアの運用代行も承っております。効果測定をもとにリライトをして記事をブラッシュアップしていくので、より成果につながる記事ができあがります。

ご相談は下記フォームから受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

<コンテンツマーケティング領域で実績があるgroooのオリジナル資料プレゼント>

株式会社groooでは、SEO対策に特化したチェックで記事の上位表示を実現する「SEOライティングチェックリスト50」と進捗管理や記事の企画構成が効率的に行える「企画構成シート」の2つをプレゼントしています。

この機会にぜひダウンロードしていただき、自社のコンテンツ制作にお役立てください!

記事検索

カテゴリー

Contact お問い合せ

弊社にご関心をお持ちいただきまして、誠にありがとうございます。案件のご相談や料金のお見積もりなど、お気軽にお問い合せください。
担当者よりご連絡させていただきます。

お電話でのお問い合せも承っております。

03-6823-1334

営業時間:10時〜18時(土日祝休み)

Download お役立ち資料ダウンロード

コンテンツマーケティングの実務に使える「お役立ち資料」を、無料でダウンロードいただけます。
ぜひご活用ください。

TOP

CONTACT