ライティング代行サービスの活用方法|選び方、依頼できる内容、メリットをご紹介

コンテンツマーケティング

  • 投稿日
  • 編集日
ライティング代行サービスの活用方法
grooo編集部

この記事の目次

自社でサイトやブログなどのオウンドメディアを運用する企業が増えてきました。オウンドメディア運用で欠かせない作業が「ライティング(記事制作)」です。
しかし、社内リソースが足りなかったり経験が不足していたりすると、記事制作が大きな負担となってしまう可能性があります。せっかくオウンドメディアを始めても更新できなくなってしまわないよう、対策を取っておくことが重要です。
そこで活用したいのが、ライティングや記事制作の代行サービス。自社の負担を減らしてクオリティの高い記事を量産することが可能です。それでは、数あるライティング代行サービスの中から自社に合ったサービスをどのように選び、どのような業務を依頼すると良いのでしょうか?また、自社にとってどのようなメリットをもたらしてくれるのでしょうか。
本記事では、ライティングを外注する際のポイントやサービス活用方法をご紹介します。ライティング代行サービスの利用を検討している企業様は是非参考にしてみてください。

 

ライティング代行サービスとは

どちらにしようか迷う人
ライティング代行サービス(記事制作代行サービス)とは、企業のサイトやブログなどのオウンドメディアに掲載するための記事コンテンツの制作を代行するサービスのことです。
ライティング代行サービスが生まれた背景には、インターネットの広がりがあります。インターネットの利用が当たり前になった現代では、商品購入やサービス契約の際にもインターネット検索やSNSなどを活用して情報収集をして比較・検討するようになっています。購買活動においてインターネット活用が大きな役割を担うようになったことで、各企業が自社の商材をアピールする方法もオンライン化してきました。
特に、有益な情報を発信できるオウンドメディアは、従来のような多額の広告費をかけずに集客をすることができる手段として急速に広がっています。しかし一つの記事を書くためには関連するさまざまな業務が必要となり、継続的に新規記事を更新することが難しいという課題を抱える企業も少なくありません。
そこで記事の制作を外注できるライティング代行サービスを活用することで、自社のリソース不足を補い、継続的にクオリティの高いコンテンツ発信が可能になる点に着目してみましょう。

 

ライティング代行サービスの選び方

いざ「ライティング代行サービス(記事制作代行サービス)に依頼しよう」と思っても、さまざまなサービスがあるため迷ってしまうかもしれません。
ここでは、ライティング代行サービスの選び方をご紹介します。数あるサービスの中から自社に合ったサービスを選択することで、オウンドメディア運用の成功にもつながります。

ライティング代行専門会社か?クラウドソーシングか?

記事制作代行を検討したとき、まずはライティング代行専門会社にするのか、クラウドソーシングにするのかを決めるところから始めましょう。
ライティング代行専門会社は、会社で保有しているライターリソースを活用して記事の執筆を代行してくれます。ライターとして所属するためには試験などをクリアする必要があるため、総じて、ライターのライティングスキルは高く、それゆえに良質なコンテンツが期待できます。ただし、ライティングに特化したサービスを提供しているため、費用は高めの傾向にあります。
一方のクラウドソーシングサービスでは、ライターのスキルや実績を直接確認して発注を決められます。単価が低くても引き受けてくれるライターを探すことができるので、コストを押さえて記事制作を依頼したい場合には最適です。しかし活動を始めたばかりのライターが経験を積むために登録しているケースもあるため、クオリティにはバラつきがあります。

スキルや実績

ライティング代行を依頼するうえで必ず確認しておくべきなのは、実績やライターのライティングスキルです。
オウンドメディアの運用が初めての場合は、豊富な実績があるサービスを基準に選ぶと良いでしょう。また、SEOについての知識がなかったり記事執筆が初めてだったりする場合は、キーワード選定や競合分析などの上流から記事制作までワンストップで依頼できる制作会社をパートナーにを選ぶことをおすすめします。
クラウドソーシングでライターを探す場合は、個人のスキルや実績のほか、今までの評価などを参考にするのも一案です。

自社コンテンツとの親和性

ライティング代行制作会社によって、得意としているジャンルは異なります。自社の業界やターゲット層、商材などと親和性の高いサービスを選びましょう。医療や法律、テクノロジーなどの分野に特化したライティング代行サービスもあるので、専門的な内容の記事は特に、安心して依頼することができる自社向けの会社を見つけることが先決です。
ただし、どのライティング代行サービスもジャンルに特化しているわけではありません。さまざまなライターを抱えているライティング代行サービスではさまざまな知見のあるライターが在籍し、複数のジャンルに対応できる場合もあります。

コスト

オウンドメディアは一度始めたら長期間継続した運用になるので、長期的な視点で予算との兼ね合いを考えなければいけません。
ライティング代行専門会社に依頼するとコストは高めになってしまいますが、SEOに強くクオリティの高い記事を量産することができるため、検索上位を取りユーザーとの接点が増えることで、比較的早めにオウンドメディアでの集客が実現します。
予算が限られている場合は、クラウドソーシングの利用でコストを押さえつつ、自社リソースで編集やリライトをすると良いでしょう。
また専門性が高い記事を依頼する場合は、どうしても相場よりも高くなってしまいます。しかし専門的な記事は継続的に需要がありますし、事実とは違う内容の情報を発信してしまうと企業の信頼にも関わります。専門知識が必要な記事の場合はコストを惜しまずプロの制作会社に依頼することで、専門性・クオリティともに高いコンテンツを揃えることを優先しましょう。

 

ライティング代行で依頼できる内容

実は、記事制作代行サービスで依頼できるものは記事コンテンツの執筆だけではありません。自社のオウンドメディアに合わせてさまざまな業務を依頼することができます。

オウンドメディアの記事コンテンツ制作

自社で運営しているサイトやブログに掲載する記事コンテンツの執筆以外の制作工程をも、ライティング代行サービスに依頼することができます。
一本の記事を執筆するためには、キーワード選定から構成作り、本文の執筆まで多くの労力がかかります。また読み手の心に響くタイトルをつけたり、コンバージョンにつながる本文の流れを作ったりすることは、高いライティングスキルがなければ難しいと言えます。
そこでライティング代行サービスを活用することで、クオリティが高くコンバージョンにつながる記事を継続的に公開していくことができます。

SEOノウハウを活かしたリライト

自社リソースのみでオウンドメディアを運営していると、PV数やセッション数がなかなか増えないということもあるでしょう。それは、SEOの対策ができていないことが原因かもしれません。
ライティング代行サービスは、既存の記事コンテンツを書き直す「リライト」という作業を依頼することも可能です。各種ツールより、記事の持つ数値や立ち位置を確認した上で、SEOの専門的な知見から弱い箇所をリライトをしてくれるので、今あるコンテンツを成果に結びつけることができます。。

メルマガ配信やSNS更新

情報発信の一つとして活用されるメルマガの文面制作も代行サービスにお願いすることができます。メールは読み流されてしまいがちなので、いかに魅力的なタイトルや本文を書いて開封率を高めるかがポイントになります。プロの手を借りると効果的です。
メルマガ配信は初心者にはハードルが高めですが、ライティング代行サービスに依頼することで専門的な視点から成果に結びつくメルマガ配信をすることができます。
また、お客様とのコミュニケーション手段としてSNSアカウントを所有しているがうまく運用できていないポイントを押さえて定期的に更新していく作業は労力がかかるという企業は、運営を任せてしまうのも一案です。
ライティング代行サービスに依頼することによって自社のリソースを割かずに継続した情報発信が可能になります。もちろん各SNSの特徴を押さえた配信をしてくれます。

ホワイトペーパーの制作

マーケティング施策の一環としてホワイトペーパーを活用する企業も増えてきました。ホワイトペーパーをダウンロードする際にリード情報を得ることができ、同時に自社の商材の魅力も伝えることができます。
ところが成果につながるホワイトペーパーを作りあげるためには、人的リソースがかかるだけでなくスキルも必要になります。
コンバージョンにつながる効果的なホワイトペーパーを制作したい場合は、セールスライターが在籍しているライティング代行サービスに外注してみましょう。クオリティの高いホワイトペーパーは営業資料としても活用することができるので、ぜひ一つは作っておくことをおすすめします。

LPの制作

LP(ランディングページ)とは、最終的に資料請求やお問い合わせなどのコンバージョンにつなげるためのWEBページのことです。1ページに必要な情報を網羅している必要があり、ライティングスキルだけでなくデザイン性や自然な誘導の道筋なども考慮しなければなりません。
LPの制作もスキルがなければ難しいので、プロに依頼することをおすすめします。その場合は、ライターリソースだけでなくデザイナーやWEBディレクターが在籍している記事制作代行会社が適任です。プロの制作物を見ることで、魅力を訴求するノウハウやコツをキャッチアップできるといったメリットもあります。

 

ライティング代行のメリット

メリットtips

具体的にどのような業務を代行してくれるかを理解したところで、次にライティング代行サービスを利用するメリットを確認してみましょう。

記事コンテンツを効率よく増やすことができる

記事制作代行を利用することの最大のメリットは、記事コンテンツを効率よく増やすことができる点です。
検索エンジンで上位表示されるためには、その記事がしっかりとSEO対策されているかというポイントのほかに、メディア自体の信頼性や独自性などGoogleから総合的に判断されます。Googleは、ユーザーにとって有益なコンテンツかどうかの視点を大事にしており、ユーザーニーズを満たすコンテンツが充実していれば評価され上位表示されやすくなります。結果集客が見込めるのです。
しかし記事を完成させるためには多くの時間と労力がかかるので、記事を量産することは難しいのが実情です。
そこでライティングを専門の会社に代行してもらうことで、短期間でも良質なコンテンツを増やすことができます。早くコンテンツを増やして自社サイトを充実させたい場合に、記事制作代行サービスは非常に役に立つと言えるでしょう。

社内リソース不足を補う

社内にライティング専任の人材がいない場合、他の業務をしながら記事執筆も並行して進めなければいけないといったなんとも悩ましい状況になります。本来すべし業務がおろそかになりパフォーマンスも下がってしまうリスクと隣り合わせです。
このように社内にリソースが不足している場合は、ライティング代行サービスを上手に活用しましょう。サービスによっては、記事執筆のみの代行を選べたり、キーワード選定から公開後の分析までをワンストップで代行できたりなど依頼範囲を選べるので、自社に不足している工程のみをサポートしてもらえる自由度は魅力の一つです。

検索での上位表示による集客増加

ライティング代行サービスで記事コンテンツを増やしたりリライトしてもらったりすることで、検索エンジンでの上位表示も早期に実現することができます。SEOに特化したサービスもあるので、早く成果を出したい場合はそのようなサービスを活用すると良いでしょう。
上位表示されることで記事への流入が増え、自社サービスや商品を知ってもらうための集客効果が高まります。他の記事を読んでもらったり、お問い合わせなどのコンバージョンに誘導したりすることで、さらなる効果を実感できるでしょう。

 

ライティング代行のデメリット・注意点

ライティング代行サービスを活用すると多くのメリットを得られる一方で、デメリットともなりえる注意点があります。サービスを利用する前に把握しておきましょう。

費用がかかる

まずは、記事制作代行の利用は費用がかかるという点です。サービスによって費用感はさまざまですが、専門性やクオリティを求めると高くなる傾向にあります。
またスポットではなく継続的に利用すると、長期的にランニングコストがかかります。オウンドメディアの予算との兼ね合いを計算し、自社に合ったサービスと利用期間を検討しておくことを忘れないようにしましょう。

クオリティのバラつきがあることも

クラウドソーシングなどで複数のライターに依頼すると、期待していたクオリティには届かない記事が納品されることも多々あります。経歴や実績などのほか、テストライティングなどの試験を実施してライティングスキルを確認したうえで依頼しましょう。
一方、ライティング専門会社ではライターが書いた記事を編集者がチェックしてから納品されるため、一定のクオリティが期待できます。安定したクオリティの記事を求めている場合は、専門会社に依頼する方がおすすめです。

 

groooのライティング代行

弊社、株式会社groooでは記事制作代行サービスを提供しています。
「オウンドメディアを始めてみたい」という方から「すでに運用しているがなかなか効果が出ない」という方まで、記事制作に関するさまざまな課題を解決する支援をしています。最後に、弊社サービスの特徴をいくつかご紹介させていただきます。

コンバージョンにつながるコンテンツ制作

弊社の記事制作のモットーは「読了率の高いコンテンツこそがコンバージョンする」。この考えを基に、SEOテクニックだけでない読み応えのあるコンテンツ作りを得意としています。
一つの記事の中で読み手の気持ちを高めていき、読み終わる頃には「買いたい」「話を聞いてみたい」というコンバージョンへとつなげる読んでいて納得感のある記事制作を心がけています。

幅広いジャンルのプロライター集団

弊社のパートナーには、多数のプロライターが在籍しています。今まで雑誌などの紙媒体で活躍してきた人材もいれば、ファイナンシャルプランナーなどの有資格者もいます。
グルメ・健康・ビジネス・金融・保険・ライフスタイルなど幅広いジャンルのライターをアサインすることが可能なため、多様なテーマに柔軟に対応することができます。他社に断られたニッチなジャンルでの制作実績もありますので、ぜひお問い合わせください。

設計から改善まで

弊社が代行できる業務は記事制作だけではありません。オウンドメディアの目的設定やKPI設定から、ペルソナ設定・キーワード選定・構成などの執筆前のフェーズ、特に、狙いたいテーマにおけるニーズを徹底的にリサーチし、競合を知った上で選定するキーワードには定評があります。
また、実際の記事執筆、公開後の分析や改善までトータルにサポートできます。
オウンドメディア運用に関わる全ての業務をサポートすることで、一つひとつのコンテンツだけでなくメディア自体のクオリティも高めていくことができます。

 

ライティング代行のご依頼はgroooまで

記事の制作を代行してくれるだけでなく、上手に活用することで集客効果や売上アップも期待できる点が魅力と言えるライティング代行。
ライティング代行サービスは多数ありますが、読み手に響くコンテンツで成果を出したい方はぜひ弊社にご相談ください。
お問い合わせはお電話・メールどちらでも受け付けております。
オウンドメディア運用や記事制作に悩んでいる方のお力になります。

 

お問い合わせフォーム

記事検索

カテゴリー

Contact お問い合せ

弊社にご関心をお持ちいただきまして、誠にありがとうございます。案件のご相談や料金のお見積もりなど、お気軽にお問い合せください。
担当者よりご連絡させていただきます。

お電話でのお問い合せも承っております。

03-6823-1334

営業時間:10時〜18時(土日祝休み)

Download お役立ち資料ダウンロード

コンテンツマーケティングの実務に使える「お役立ち資料」を、無料でダウンロードいただけます。
ぜひご活用ください。

TOP

CONTACT