【中小企業におすすめ】EC記事コンテンツ制作の代行会社7選!

コンテンツマーケティング

  • 投稿日
  • 編集日
EC記事コンテンツ代行会社
grooo編集部

コロナによる影響で、オフラインからオンラインへの移行をする企業が増加傾向にあります。オンラインでの集客・販売でメジャーな方法は「EC(オンラインストア)」の展開が挙げられます。

MakeShopやBASE、Shopifyなど多くのプラットフォームがありますが、ブランドが確立していなければ、商品登録および公開をしても商品への成約(コンバージョン)は見込めません。

また、ECにおける集客の方法もさまざまで、ECでもSEOを中心としたコンテンツマーケティングを活かすことができます。しかし、どんなコンテンツを展開していけば良いのかわからないというWEB担当者の方も多いのではないでしょうか。

自社内に集客のためのリソースがない、ノウハウがない場合には記事制作会社に代行してもらうのが1番の近道です。そこで今回は、「おすすめなEC記事の制作代行会社」を7選ご紹介しますので、

・EC記事を制作したいがさまざまなリソースがない
・EC記事制作を代行してくれる企業を探している

という担当者の方はぜひこの記事を参考にして、スムーズなEC運用を実現しましょう。

この記事の目次

<コンテンツマーケティング領域で実績があるgroooの無料資料とは?>

株式会社groooでは、SEO対策に特化したチェックで記事の上位表示を実現する「SEOライティングチェックリスト50」と進捗管理や記事の企画構成が効率的に行える「企画構成シート」の2つを無料でご提供しています。

この機会にぜひダウンロードしていただき、自社のコンテンツ制作にお役立てください!

EC記事の制作会社の選定ポイント4選

記事コンテンツ制作の代行会社の選定時には、以下でご紹介する3つのポイントを押さえておく必要があります。

どんなコンテンツを制作するかを明確にする

最初に「どのような内容のコンテンツか」「どんな目的を達成したいか」を明確にしておく必要があります。

ECサイトの記事は、コラム記事やコンバージョンを狙った記事、商品紹介ページの訴求やターゲットによっても内容が変わります。このように、記事の種類が多岐にわたるので、どんな記事制作をするのかをあらかじめ決めておくとスムーズに外注ができます。

例えば、商品詳細ページの商品紹介では、SEOは意識しつつもコンテンツ量は適切な量に抑える必要があります。量として数千文字になってしまうようなコンテンツはページが縦に長くなってしまい、商品を購入しようとしているユーザーが離脱する原因になりかねません。

そのため「とにかく商品の成約に結びつくような記事が欲しい」というようなざっくりとした指示だけでは、認識齟齬が起こってしまう可能性があります。

したがって、どんなページに掲載するのか、ボリュームはどれくらいで何記事発注するのかを決めておきましょう。代行会社とのヒアリングで相談しながら決めるのも良い手段です。内容や目的を明確にしておくと、納品記事の品質向上にも繋がります。

費用は適切か

EC記事制作の外注にどこまで費用をかけられるのかを定めておくことも重要です。

記事制作の内容にも種類があります。例えば、キーワード出しや方向性の策定をする上流設計から、決まったキーワードでの記事制作のみなど、サービス内容も会社ごとで異なります。

特に、中小企業の場合は外注に割ける金額も限られているはずですので、事前に料金は総合してどれくらいになるのか、見積もりと併せて確認が必要です。

外注費用をあらかじめ設定しておくと、代行会社にとって予算の範囲内でできることが明確になります。そして、自社にとっても予算上限が決まっているので安心して依頼ができます。

実績があるかどうか

EC記事制作に関する実績が豊富かどうかも、代行会社の重要な選定ポイントのひとつです。

「EC記事の制作代行の実績がある」という内容だけでなく「どんなジャンルでEC記事の制作実績があるのか」などもわかると良いでしょう。

さまざまな代行会社を比較検討するなかで、自社の業界でのサポート経験や知見を持っているかも、お問い合わせしてみるのがおすすめです。

どんなライターが執筆するのか

また、実績チェックの際に、どんなライターが記事制作を担当したのかも重要です。記事の質にはこだわらず、大量の記事が欲しいという場合は、クラウドソーシングで募集をした方がすぐに集まります。

しかし、記事を執筆するライターは初心者が多く、依頼の方法によっては発注側で意図していた記事が集まらないケースが大半です。

一方、代行会社の料金はクラウドソーシングより高いケースが多いです。しかし、代行会社で保有しているライターは業界や職種に知見があったり、SEO対策に関する実績を持っていたり、実績があるライターが適切にアサインされます。

加えて、記事の修正コストや将来的なリターンを総合的に考慮すると、代行会社に依頼した方が費用対効果の点で優れていると言えます。

おすすめのEC記事制作代行会社7選

以下では、おすすめのEC記事制作代行会社を7つご紹介します。第二フェーズ以降の記事発注も考慮し、中長期的な目線で関係性が構築できる代行会社を選定しましょう。

株式会社grooo

株式会社grooo

ITソリューションとコンテンツマーケティングの株式会社grooo(グロー)

株式会社groooはWEBシステム開発や、SEOを中心としたWEBコンテンツ制作に強みのある開発・制作会社です。両者とも企業の規模を問わず、多数の実績を保有しています。

記事制作ではさまざまな業界で実際に従事していた、専門的な資格のあるライターを保有しており、金融や保険、健康分野といった専門性の高い分野でも対応が可能です。

また、作業範囲も企画構成から改善提案、その後の運用まで発注時に柔軟に対応、かつSEO対策を万全にして上位表示を実現します。他にも、上流工程からライティングまで一貫したサポートや、取材記事まで対応でき、お客様に寄り添った2人3脚型のサポートが可能です。

EC記事制作に関するサポート実績も複数あります。一例をあげると、雑貨やファッションアイテムを集めたショッピングモールの商品やコラムの記事制作などの実績や、併せてSNS運用(インスタ代行)も行っています。

株式会社センターグローブ

株式会社センターグローブ

出典:株式会社センターグローブ

株式会社センターグローブは「記事作成代行屋」を運営する、WEB記事制作代行を事業のひとつとする記事制作代行会社です。

実際に社内チームがアフィリエイターランキングで全国2位となった実績を誇り、記事も高品質、かつ作業範囲も柔軟に対応可能です。料金に関しては文字単価6.5円となっています。

株式会社アナザーパス

株式会社アナザーパス

出典:アナザーパス | ライティング特化型クラウドソーシング

株式会社アナザーパスは、WEBライター専門のクラウドソーシングサービスを展開する記事制作代行会社です。

社内審査に合格したライターによる記事制作が可能であり、サービス自体はライターと直接やりとりができる、マッチングサービスのような使い方ができます。

料金に関して文字単価1.5円からの発注となっています。1記事からの発注でも可能です。

株式会社シンク

株式会社シンク

出典:コンテンツSEOに強い「まとめて記事作成・更新代行」

株式会社シンクは「オウンドメディア.com」を運営する記事制作代行会社です。同サービスでは、SEO対策と専門性を意識した記事執筆はもちろん、オウンドメディア全体を分析し、どのような記事を展開していけば良いのかの提案も可能です。

料金に関しては文字単価4円からの発注が可能であり、競合分析やキーワード提案に関しては0円で承っています。

株式会社ファングリー(All Write!)

All Write!

出典:Webライティング&コンテンツマーケティング支援サービス「ALL Write!」| 株式会社ファングリー

株式会社ファングリーは「All Write!」という品質重視型コンテンツ制作サービスを展開し、コンテンツマーケティングやメディア運営などの事業を展開する会社です。

業種や媒体、数量を問わずに記事発注ができるので、もちろんEC記事の制作も承っています。

料金に関してはオーダーメイドとなっており、ヒアリング・打ち合わせ後の見積もりで確認できます。

株式会社WEB TATE

株式会社WEB TATE

出典:BUZZ COMMIT | 記事作成代行のバズコミット

株式会社WEB TATEは記事作成代行サービスの「BUZZ COMMIT」を展開する代行会社です。

同サービスでは、ディレクター・キーワードプランナー・ライターのチーム制で記事作成にあたり、高品質な記事の作成が可能です。また、累計100,000記事以上の納品実績を誇ります。

料金に関して、文字単価5.5円から発注が可能です。

株式会社WACUL

株式会社WACUL

出典:CV獲得に特化した記事コンテンツを提供 | AIanalyst SEO

株式会社WACULは「AIアナリスト」という、高品質なSEO記事提供サービスを展開しています。34,000サイト以上の分析結果から得たノウハウを活かし、上位表示の実現だけでなくCV数まで伸ばせる記事の提供が可能です。

料金に関してはお問い合わせをする必要があります。

ECサイトで売上を向上させるSEO対策とは

ECサイトの記事制作を外注する目的は、綺麗な記事を自社ECに展開することではなく、売上の増加がほとんどです。以下では、売上増加に繋がるECサイトのSEO対策についてご紹介します。

サイト全体で上位表示を目指すイメージをする

ECは記事コンテンツだけでなく、商品名の固有名詞で検索された場合などは商品詳細ページも上位表示される可能性があります。

そのため、商品詳細ページのタイトルには狙っているキーワード、記事コンテンツには共起語を含めるなどの施策が必要です。

他にも、toC向けの場合はリピーターに対してアップセルやクロスセルなどの施策も実施できます。ニーズと合致すれば購入体験を通して、更なる価値提供が行えるでしょう。したがって、サイト全体でユーザーニーズを捉える必要があります。

E-A-Tを意識する

ECサイトは実店舗が無いので、商品はどのような素材で作られ、運営者は誰なのかを明確にする必要があります。記事コンテンツ内での訴求はもちろん、今日のSEO対策では信頼性を上げるためにこれらの記載は必須です。

他にも、送料や決済方法、手数料、返品情報など、ユーザーが商品を購入しようと思った段階から購入後の不安まで、網羅的にユーザーニーズに応える必要があります。

関連記事

ブランディングを意識したコンテンツ制作

既にブランドが確立されている商品やサイトを除いて、一からECを立ち上げる場合はブランディングの意識も重要です。

記事コンテンツでの集客に加えて、商品のブランディングに関しても考慮する必要があります。

実績や評判・レビューなども掲載することでユーザー間で商品認知がなされる、バイラルマーケティングの考え方を取り入れることも有効です。

関連記事

おすすめのEC記事代行会社まとめ

これまでEC記事制作の代行会社の選定ポイントや、各会社の特徴などをご紹介してきました。

ECであっても、コンテンツマーケティングを取り入れることで、ユーザーの集客から価値提供までを網羅できます。

一方、記事コンテンツで集客し、成果を出すにはさまざまなテクニックが必要です。そのため、自社に記事制作に関する知見がなく対応できない場合は、プロへ依頼するのが1番の近道です。

株式会社groooはコンテンツマーケティングにおけるあらゆるジャンルのサポートを展開しているので、お客様ひとりひとりに合わせたオーダーメイド型の提案が可能です。

EC記事制作に関するお問い合わせは随時承っておりますので、ぜひ以下のフォームに必要事項をご入力いただき、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせフォーム

<コンテンツマーケティング領域で実績があるgroooの無料資料とは?>

株式会社groooでは、SEO対策に特化したチェックで記事の上位表示を実現する「SEOライティングチェックリスト50」と進捗管理や記事の企画構成が効率的に行える「企画構成シート」の2つを無料でご提供しています。

この機会にぜひダウンロードしていただき、自社のコンテンツ制作にお役立てください!

記事検索

カテゴリー

Contact お問い合せ

弊社にご関心をお持ちいただきまして、誠にありがとうございます。案件のご相談や料金のお見積もりなど、お気軽にお問い合せください。
担当者よりご連絡させていただきます。

お電話でのお問い合せも承っております。

03-6823-1334

営業時間:10時〜18時(土日祝休み)

Download お役立ち資料ダウンロード

コンテンツマーケティングの実務に使える「お役立ち資料」を、無料でダウンロードいただけます。
ぜひご活用ください。

TOP

CONTACT