面白い記事の書き方徹底講座|基本から応用までを解説

コンテンツマーケティング

  • 投稿日
  • 編集日
​面白い記事の書き方徹底講座
grooo編集部

「自社ブログで面白い記事を書いて集客を増やしたい」
「オウンドメディアで記事を書いているが、読者が満足しているか不安だ」

マーケティングやブログ運営の担当をしている人は、このような悩みに直面した経験も多いのではないでしょうか。読者が面白いと思う記事を発信することで、検索順位を上げて集客を増やしたり、読者の満足度を向上したりする効果があります。

そこで今回は、面白い記事の書き方を基本編から応用編まで徹底解説しますので、この記事をぜひ参考にして、面白い記事を作成しましょう。

この記事の目次

<コンテンツマーケティング領域で実績があるgroooの無料資料とは?>

株式会社groooでは、SEO対策に特化したチェックで記事の上位表示を実現する「SEOライティングチェックリスト50」と進捗管理や記事の企画構成が効率的に行える「企画構成シート」の2つを無料でご提供しています。

この機会にぜひダウンロードしていただき、自社のコンテンツ制作にお役立てください!

面白い記事に共通している2つの特徴

そもそも「面白い記事」とは、どのような記事を指すのでしょうか。読者が面白いと感じる記事には、以下2つの共通点があります。

情報を網羅していて検索欲求を満たす【特徴1】

読者は知りたいと思う情報を網羅していて検索欲求を満たしてくれる記事を「面白い」と感じます。

読者は検索エンジンで何かキーワードを検索するとき「この方法について知りたい」「ここに行きたい」などの意図(インテント)をもって検索します。そして検索エンジンからたどり着いた記事には、知りたい内容が書かれているかどうか、この記事で悩みは解決できるのかどうかを求めているのです。

そのため、面白い記事は、知りたい情報が充実しており検索欲求を満たしている点が共通しています。さらに、記事に書かれている内容が専門的であるほど内容に信ぴょう性が増し、読者の欲求をさらに満たすことができます。

まだ知らない情報が書かれていて知的欲求を満たす【特徴2】

読者が知らない情報が書かれていて知的欲求を満たしてくれる記事も、読者は「面白い」と感じます。
その会社にしか書けない内容の記事やオリジナリティが高い記事は、今まで読者が知らなかった情報を得ることができ、気づきや発見を与えてくれます。

たとえば、会社独自の調査、個人の体験談、インタビュー・取材記事などの一次情報を発信している記事が該当します。このような読者の知的欲求を満たす記事は、面白い記事と捉えてもらえるのです。

面白い=「笑える」ではない

ここで注意が必要なのは、読者にとって面白い記事とは必ずしも「笑える」「ユーモアがある」という意味ではないという点です。

もちろん笑える記事も面白いですが、あくまでビジネスとして読者と良好な関係を築く目的で記事を書く場合は、検索欲求または知的欲求を満たして「面白い」と思ってもらう必要があります。

【基本】面白い記事の書き方6ステップ

面白い記事の書き方6ステップ

まずは、面白い記事を書くための基本の6ステップを解説します。

ペルソナを設定する

読者に面白いと感じてもらいたいのであれば、どのような読者に面白いと思ってもらいたいのかを明確にする必要があります。

記事のターゲットとなる読者像を具体化できていなければ、記事の方向性や軸がぶれてしまい、誰にも面白いと思ってもらえないからです。

具体的な読者像を思い描いて執筆するには、事前にペルソナを設定することが有効です。ペルソナとは典型的な読者像(顧客像)のため、読者のリアルな悩みやニーズを想定しながら執筆できます。

関連記事:

キーワードと検索意図を分析する

ペルソナが設定できたら「どのようなことで悩んでいるのか」「何を知りたいのか」を分析しましょう。

分析にはラッコツールをはじめとした無料で分析できるツールをはじめ、有料の高性能な分析ツールが挙げられます。

具体的な悩みやニーズを想定できれば、検索エンジンでどのようなキーワードを検索するのかが想定して記事制作が行えます。

自社にしか書けない情報を分析する

面白い記事にはオリジナリティも大切です。インターネットが発達している現代では、インターネット上に情報があふれていて、テーマや切り口でオリジナリティを出すことが難しくなっています。

しかし、他社と似通ったテーマの記事であっても、自社独自の情報や体験談などが盛り込まれていることで差別化でき、オリジナリティが生まれます。

オリジナリティのある記事になるよう、テーマやキーワードに沿った自社にしか書けない情報を分析しておきましょう。

E-A-Tを意識する

Googleが記事の品質を評価する基準としてE-A-Tという3本柱があります。E-A-Tとは以下の単語の頭文字をとった言葉です。

  • E(Expertise)=専門性
  • A(Authoritativeness)=権威性
  • T(TrustWorthiness)=信頼性

E-A-Tが高い記事はGoogleが高く評価しますが、その理由はE-A-Tを満たした記事は読者にとっての有益性が高いためです。

つまり、E-A-Tを満たす記事を作成することによって、読者の検索欲求や知的欲求を満たせる記事になり「面白い」と感じてもらえるのです。

関連記事:

読みやすい構成を考える

たとえ情報が網羅されていて興味深い内容が書かれていたとしても、記事の構成が整理されていなければ「情報が乱雑した記事」としか思ってもらえないでしょう。

読者の離脱を招いてしまうだけでなく、読者にとって利便性が低い記事だと判断されて検索結果での順位にも影響しかねません。

記事に書かれていること自体の面白さだけでなく、読みやすさも読者の感情に影響します。中見出し・小見出しを効果的に活用し、情報をまとめて読みやすい記事構成を考えましょう。

読者を意識して文章を書く

読者に面白いと思ってほしい記事を書きたいのであれば、パソコン画面の向こうにいる読者を意識して執筆するのが必須です。

読者の悩みや問題に対して寄り添うように説明するような執筆を意識すると、自然と読者の興味を引くことができる記事になります。

【応用】記事を面白くする5つの工夫

記事を面白くする5つの工夫

面白い記事を書く基本的な方法を理解していただけたと思うので、次は応用編としてさらに面白くする一工夫を紹介します。基本編ができている人はぜひチャレンジしてみてください。

タイトルとリード文で心をつかむ

記事の本文に書かれている内容が最も重要だと思っている人も多いかもしれませんが、タイトルとリード文(序文)も読者の興味を引くためには重要な要素です。

特に検索エンジンから流入してくる読者は、検索結果で最初に目にするタイトル次第でクリックするかどうかが決まると言っても過言ではありません。

また、記事をクリックしたとしても、リード文で読者の心をつかめなければ離脱を招いてしまうでしょう。タイトルとリード文で心をつかんで本文へとつなげる導線作りも、面白い記事を作るためのテクニックです。

関連記事:

具体例を入れる

文章中に具体例を入れることも、記事を面白くする一工夫です。

文章だけは説明が難しいテーマでも、具体例を一つでも入れることで読者がイメージしやすくなる効果があります。たとえば、以下の2つの例文を読んでみると、分かりやすさの違いを実感できるでしょう。

【例1】私はさまざまなSNSを利用して情報を収集しています。

【例2】私はSNSから情報を収集しています。Twitterでは流行について、Instagramではファッションやグルメについて、Facebookでは友人・知人の近況についての情報を得ています。

とても簡単な例ではありますが、このように具体例を入れるだけでも分かりやすさが大きく異なるのです。

エピソードや体験談を入れる

エピソードや体験談を入れると、記事の信頼性が高められます。信頼できる記事だと思ってもらえると、読者の満足度も向上するでしょう。

また、エピソードや体験談があると、読者に親近感を持ってもらえる効果もあります。

関連記事:

インフォグラフィックス、画像、動画などを活用する

記事は必ずしも文章だけで構成する必要はありません。文章以外のコンテンツを効果的に活用して、読者に興味を持ってもらう工夫を施しましょう。

たとえば、文章だけで説明が難しいテーマは、インフォグラフィックス(データをはじめとした情報を視覚的にわかりやすくしたもの)を活用すると読者に伝わりやすくなります。ほかにも、画像や動画などで説明を付け足すと、さらに分かりやすい記事になるでしょう。

モバイルフレンドリーを意識する

いくら面白い内容でも、読みやすさに欠けている文章だと離脱を招きかねません。特にスマホユーザーに対する配慮は重要です。

パソコン用ページをスマホで閲覧すると、文字や画像が小さくなり読みにくくなります。スマホで記事を閲覧する読者も増えているため、WEBサイトをスマホユーザーにとって利便性の高い、モバイルフレンドリー対応にして閲覧しやすいよう整えましょう。

Googleもモバイルフレンドリーを重要視しているため、スマホ対応にすることで検索順位を上げる効果も期待できます。

面白い記事を書く4つのメリット・効果

面白い記事を書く4つのメリット・効果

ここまで面白い記事の書き方について解説してきましたが、面白い記事を発信することでどのようなメリットや効果を得られるのでしょうか。4つのメリットを紹介します。

検索順位が上がり集客が増える

面白い記事は読者にとって価値の高い記事となるため、必然的に検索エンジンからの評価も高くなり順位が向上する可能性が高くなります。

検索順位が上がればアクセス数も増えるため、ブログからの集客が増加し、それだけコンバージョンにつながる確率も高くなるのです。

シェアされやすくなり新規アプローチにつながる

面白い記事は、読者にシェアされやすくなります。SNSなどでシェアされることで今までつながりのなかったターゲットにもリーチできるようになり、新規の読者を獲得できる効果があります。

既存顧客のエンゲージメントを向上させる

面白い記事は、検索エンジンやSNSシェアなどで新規アプローチできるだけでなく、既存顧客に対する効果もあります。

価値のある情報が盛り込まれた面白い記事を書き続けると顧客は「この会社は有益な情報を発信してくれる」と認識してファンになってくれます。

面白い記事によって顧客エンゲージメントを高めることで、リピーターを増やして売上増加につなげられるのです。

関連記事:

ブログが収益化する

集客の多いブログは収益化も可能です。企業ブログでの収益化は、アフィリエイト広告やコンテンツ販売などの方法があります。

いずれも運用リソースはかかるものの、軌道に乗れば一つの収益源を確保できるため、実際に取り組んでいる企業が多いのも事実です。

面白い記事を書くときの2つの注意点

最後に、面白い記事を執筆するときに注意したい2つのポイントをお伝えします。

意識しすぎない

1つ目が「面白い記事を書く」と意識しすぎないことです。

たとえば、「検索欲求を満たす面白い記事を書きたい」と意識しすぎると、情報が網羅されるどころか情報が多すぎて読者が迷ってしまう原因となります。

必ずしも「面白い記事を書こう」と思って書けるわけではありません。意識しすぎずに、記事執筆の基本的なポイントを守って書いていけば自然と質の高い記事が生まれるのです。

正確ではない情報は書かない

正確ではない情報を記載してしまうのもNGです。

面白い記事を書きたいと思うばかりに、根拠があいまいなデータを用いたり表現を誇張したりしてしまうことは避けるべきです。

根拠に欠ける情報は、読者に不信感を与えてしまい検索エンジンからの低評価につながる恐れがあります。それだけでなく、最悪の場合は誇大広告と判断されて景品表示法違反になる可能性もあるのです。

面白い記事の書き方まとめ

面白い記事の発信は、集客を増やしたり顧客のエンゲージメントを高めたりする効果があります。今回紹介した内容を参考に、読者の検索欲求・知的欲求を満たす面白い記事の執筆にチャレンジしてみましょう。

しかしライティングに慣れていない人は、記事執筆の際に面白さを意識する余裕がない企業も多いのではないのでしょうか。また、そもそもライティング体制が整っておらず、記事執筆の運用がうまくいっていない組織もあるかもしれません。

そのような場合は、記事執筆の外注をおすすめします。ライティングのプロが記事執筆を代行してくれるため、クオリティが高い記事を発信し続けることが可能です。

弊社、株式会社groooでは記事制作代行サービスを提供しています。groooの記事は面白さやストーリー性にこだわっており、読者の「知りたい」を満たす記事執筆が得意です。

さまざまなフィールドで活躍してきたライターが所属しており、幅広いジャンルに対応可能。専門性や信頼性の高い文章で、面白い記事を提供いたします。

「面白い記事を発信したい」「既存の記事を面白くリライトしてほしい」このような人は、ぜひ一度groooまでお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

<コンテンツマーケティング領域で実績があるgroooの無料資料とは?>

株式会社groooでは、SEO対策に特化したチェックで記事の上位表示を実現する「SEOライティングチェックリスト50」と進捗管理や記事の企画構成が効率的に行える「企画構成シート」の2つを無料でご提供しています。

この機会にぜひダウンロードしていただき、自社のコンテンツ制作にお役立てください!

記事検索

カテゴリー

Contact お問い合せ

弊社にご関心をお持ちいただきまして、誠にありがとうございます。案件のご相談や料金のお見積もりなど、お気軽にお問い合せください。
担当者よりご連絡させていただきます。

お電話でのお問い合せも承っております。

03-6823-1334

営業時間:10時〜18時(土日祝休み)

Download お役立ち資料ダウンロード

コンテンツマーケティングの実務に使える「お役立ち資料」を、無料でダウンロードいただけます。
ぜひご活用ください。

TOP

CONTACT